陳腐な旅人日記


駱駝に乗ったチチとハハ

e0095194_11122581.jpg

ピーナッツバターをたっぷり塗ったトースト、
牛乳たっぷりのカフェオレ、レタスサラダ、
大好物のカットパインを載せたお盆と、
本日発売の週刊誌を風呂場に持ち込み、
ひさびさに優雅に(だらだら?) 2時間も朝風呂に浸かる。

沖縄から連れてきた筋肉痛ももう消えて、
終わった旅と次なる旅の狭間のこんな時間も大好きだ。
旅よりも日常生活のほうが好きなのかも、じつは。

風呂から出ようとしたら、ドアをノックする音。
「盗られちゃうといけないから」という郵便屋さんを風呂場から説得し、
玄関前に荷物を置いていってもらった。
いま見たら、私が沖縄行ってる頃、
2泊3日で山陰を旅していたチチとハハからのお土産があった。
「松葉がにせんべい」と「しょうがしじみ佃煮」。うまそうだなぁ。
短い手紙と一緒に入っていた写真のふたりがとても楽しそうに笑っている。
バカ娘が自転車に乗って旅してる頃、
チチとハハは駱駝かぁ…!と思ったら、なんかおかしかった。
窓をあければ、まぶしい光。
そんな平和な朝。
# by tinpunatabibito | 2006-11-16 11:12 | Comments(1)


那覇発最終便

e0095194_2041762.jpg

筋肉痛とともに目覚めた今朝の朝ごはんは、知人の知人の海人がゆうべとってきてくれた伊勢エビ汁。とてもおいしくいただきました。サバニに夢中なおじさんたちに会ってから、那覇のツネくんハウスの庭で自転車を輪行袋に入れ、シャワーを借りる。ゆうべは疲れてシャワーも浴びずに寝てしまったのだ。十年以上前に会ったきり以来のステキなツネママ、堀田さんと昼ごはんを食べ、自転車を宅急便で送ったあと、私は那覇の直美ちゃんと再会。那覇のダイビングショップは辞め、今月から与那国島に行き、そのまま永住するつもりだという。ヨナグニでまた一緒に潜ろう、チンプさんのパニックになった顔見たいしといわれる。南の海以前に、これから乗る飛行機で再びエコノミー症候群が起きてパニックにならないか今はどきどき。さすがに今日はビールはやめときます。CAさんに迷惑かけないように。
# by tinpunatabibito | 2006-11-13 20:41 | Comments(0)


アフターツールドおきなわ

e0095194_2133563.jpg

夕方、4時半、無事ゴール! オリオンビールで乾杯後、なぜか名護の山の上で焚き火の宴。眠いけど盛り上がってます。
# by tinpunatabibito | 2006-11-12 21:33 | Comments(0)


一日目完走!

朝7時の出走を待つ間にどんどんテンションが上がり、走りたくて仕方なくなる。やんばるの坂は確かにきつかったけど、最後まで183キロ、無事楽しく走りきりました! 今日は一度も自転車を降りず、とにかく楽しくて楽しくて、沖縄の風と海を満喫。遠い遠い昔、ロードバイクという乗り物を発明した人に感謝。自転車に乗り続けていてよかったなぁとしみじみ思いました。明日の筋肉痛が怖いけど、ここまで来たら最後まで完走します。いろいろ心配かけた皆さん、すみません。みんなのおかげで走れたよ。ツールドおきなわサイコー。今度は一緒に走ろうぜぃ!
# by tinpunatabibito | 2006-11-11 21:30 | Comments(0)


沖縄で昼寝

e0095194_16101590.jpg

したらだいぶ調子が戻ってきた。自転車を組み立て、美ら海水族館にいきたいなぁと思いつつ、ツールドおきなわの受付会場へ。沖縄はやっぱ暑い。明日の課題はまたもや熱中症対策だな。
# by tinpunatabibito | 2006-11-10 16:10 | Comments(5)


徹夜+鯖寿司+ロング缶=…

沖縄に向かう空のうえ、顔面蒼白の脂汗で息も苦しくなり、CAさんに助けてもらう。急遽トイレ前の床に敷かれた毛布の上で横になり、お腹が痛くてトイレにこもった後は、3席ぶん空いた席にベッドを作ってくれていた。いやはや、一時はこのまま空の上で逝くのかと思いました…。早朝便に寝坊しないで乗れる自信がなかったので朝まで起きていて、機内で爆睡しようと、羽田空港で大好きな鯖寿司の空弁を食べながらビールを一気飲み。しばらくは狭い座席で寝てたんだけど、目覚めたら脂汗。半分はエコノミー症候群だった気もする。でも、おかげで那覇に着くころには、CAさんに「お顔の色もすっかり戻られて…」といわれるまで回復し、やれやれ。いま、名護行きの高速バスの中。3か月ぶりの沖縄、今日はのんびり休んで、明日からに備えます。いやしかし、息苦しいとき、窓のあかない飛行機って怖いと、今回はじめて思いました。なんだか波瀾万丈な幕開けでした。
# by tinpunatabibito | 2006-11-10 10:01 | Comments(0)


ツール・ド・おきなわ 夜明け前

いよいよ、この日がやってきた。
2006年最大のメインイベント。
もう今日は、
夕方からソワソワ落ち着かない。

あと5時間後には、
「なんくるないさ~」の世界。

いったい、どこまで走れるのだろう。
沖縄本島をたった1泊2日で1周できるなんて、
(あ、もちろん、自転車で!)
1年前は考えたこともなかった。

できる? 走れる? 

あきらめたりしないで。

笑える出来事、困ったハプニング、ステキな出会い・・・?

何が起きるか、まったく予測不能だから
わくわくするんだね、人は。

何が起きても、
自己責任。

たとえ、沖縄の地で走り倒れても、
わたしは幸せでしたから、お母さん。

・・・・な~んて縁起でもない。しかも大げさ。
ま、とにかく、

楽しんで走ってきまっす!
# by tinpunatabibito | 2006-11-10 04:34 | Comments(1)


ラヂオの時間。

今夜の「OH MY RADIO」は、
お休み中の木村カエラちゃんに代わって、
リリメグが出ます。

夜なべ仕事をしている人は
それを励みにがんばりまっしょ。

以上、J-WAVEの回し者からの伝言でした。
書き出したらまた長くなりそうだから、
今日はそれだけにしときますわ。
# by tinpunatabibito | 2006-11-07 23:33 | Comments(0)


オジーッ!

ついさっき、
俳優の古田新太さんに会ってきた。

『テレパルエフ』という雑誌で地味に続いている
「fantastic Radio Days」という小さなコラム連載で、
古田さんが、TBSラジオでやってる「ふるチン」って番組を
取材してきたのだ。

この連載、モノクロ1/2ページで
(いったい読んでるヒトはいるんだろうか?)
と疑問を持つくらい地味だけど、
これまでかなりいいラインナップで
取材が続いている。
森山直太朗にクドカンにFLOW、スカパラの欣ちゃんにROCKETMAN・・・
で、今回が古田さん。

世に出るべくして出た人は
会って話を聞くと大抵面白いけれど。

古田さんは、ほんとうに面白いなぁ。
上っ面な面白さじゃなくて、
なんかあったかいし、深い。
下ネタをしてても文化を感じちゃうくらい。
学生の頃はむちゃくちゃモテたらしい・・・というのも納得。
いや、たぶん、今もモテてるに違いない。

「木更津キャッツアイ」のオジーみたいに
裸で泥酔してる姿を見たら
また違う印象なのかな。

でも、今回気づいてしまったのだ。

声も、顔も、体つきも、話し方も、性格も、

すーーーーごい好きかも・・・・と。

これってひとめ惚れ?
いや、テレビや映画で見てるから、ふため惚れ?

・・・・ま、そんな古田さんの言葉を
これから原稿にまとめます。
会ったヒトを好きになっちゃうと、
原稿は、陳腐なラブレターっぽくなっちゃうから要注意っす。
# by tinpunatabibito | 2006-11-06 22:22 | Comments(0)


蒼井優と自転車人

もう先月末の話で、ちょいと遅れてしまったけど、
1か月遅れで『自転車人』(山と渓谷社)が出てます。
つーか、今回は送ってもらえなかったので、
私もまだ本屋で立ち読みしかしてないんだけど・・・(買えよっ!)。

連載3回めの「小さな自転車で、小さな村へ。」は、
8月の夏休みのときに訪れた沖縄・渡嘉敷島の話を書いています。
たった1泊しただけのママチャリ旅で、
「2回めの芦川村のときの原稿のほうがよかったねぇ」
とY編集長。
うん、まぁそうかなぁ・・・今回はすっごく書くのに時間かかったし・・・と反省しつつも、
じっさいに「小さな旅」をした本人的には、
真夏の沖縄のクラクラするような日差しのなか、
自転車ごとヒッチハイクできる軽トラ1台ともすれ違わない林道を、
「これは、ひとりツール・ド・おきなわだから」
と、ひたすら海を眺めながら走っていた夏の午後が

adumixさんのステキな写真とともに(爆)

一瞬で蘇る自己マン記事となってます。
雑誌を私物化しちゃいけません。

あと、今回からはじまった新連載「自転車美女カタログ」では
トーキョーバイクの看板娘・長島あづささんの紹介記事を、

特集では、
イラストレーターのアユミちゃんとともに、
京都~大原~三千院+高雄、を走った話を綴っています。
京都旅の原稿は校了入稿でいっぱいいっぱいの頭で書いてるので
文章はさらっと流して、楽しいイラストをメインに眺めてください。

自転車旅、大好きだけど、
自転車旅を面白く書くのってムズカシイ・・・・と改めて思った。


あの町へ行ったら、この道やこの坂がああだったこうだった・・・・

という単なるツーリング・レポートはつまらない。
ぶっちゃけていうと、
雑誌に載っているそういうレポート、ジブンはめったに読みません。
「世界ウルルン滞在記」をはじめ、テレビの旅ものやドキュメンタリーもまず観ない。

だって、はじめて行く土地は
誰かから植えつけられた先入観なしに
自分自身の体験で知りたいと思うから。

私が読みたいのは、
路面状況よりも、
その道やその坂を自転車でこいでいたとき、
その人の頭ん中をぐるぐる駆け巡っていた妄想とか歌とか
わけわかんない(自転車そのものとはあんまり関係ないこと)・・・・・

なのかも。。。と思うわけです。

で、こっからがモンダイなわけで。

ジブンがいま20代の青春ど真ん中の若造だったら、
そういう青臭いこともガンガン面白く書ける自信がある。

でも、好むと好まざるを関わらず
わたしはただのしがない四十路オンナであり。
そういう奴の「もやもや」とか「おろおろ」とか「うきうき」を
読みたいと思うキトクな読者さんがいるんだろうか・・・・と、
書いていていつも迷ってしまうのです。

こういうブログなら好き勝手に書けるけど、
1冊いくらの雑誌のカラーページを使って、
こんな話書いていていいのかなぁと、
とくに10月は、ジブンにまったく絶望していた今年最大のウツ期で
「あんたのどうでもいい話なんか、誰も読みたくないっ!」
と自分自身に突っ込んでしまって。

だから内面よりも実用情報を書いたほうがいいのでは・・・・
と中途ハンパに「旅データ」を入れてしまい、
どっちつかずの原稿になってしまった。
読者さん、ごめんなさい。次号ではもっとはじけますから!

いま大切なことは、
自転車でどれだけ速く・長く走れるかということではなく、
もっとジブンに自信を持てるよう生きること。

人は1秒ごとに老いている。
若いときは気づかないけど。
5秒後、5分後、5か月後、5年後・・・
いつだって、未来より、いまこの一瞬がいちばん若いのだから、
もっと日々の暮らしを大切にしよう。


と、雑誌掲載記事告知だけのつもりだったのに
予想外に長い・しかもわけわかんない話に落ち着いてしまった。
なんか、相田みつをっぽいオチだし(笑)。

ニンゲンだもの。


ぜんぜんジャンルは違いますが、
いま発売中の「テレパルエフ」の特集では、
蒼井優ちゃんのプチ・インタビューと、
与那国島の「Dr.コトーロケ地」情報をカラー2ページで紹介してます。

蒼井優ちゃんは、ほんとうにかわいかったです。
同じ生き物、性別で分けたら同じ♀とは思えなかったくらい、
ぼーぜんと見とれてしまいました。
「あの長くきれいな脚だけでもいいから、生まれ変わりたい!」といったら、
「いや、絶対ムリですから!」
と担当編集者に笑われました。

ウツウツな10月が終わり、
これから、ぶっ飛ばすぞいっ!
# by tinpunatabibito | 2006-11-02 10:44 | Comments(2)

    

いつかどこか「陳腐な食堂」開店予定の、52歳キッチン見習いの雑記。
by tinpunatabibito
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧