陳腐な旅人日記


着いた!

e0095194_1203348.jpg

雨の屋久島に先ほど到着。明日からは晴れそうです。
# by tinpunatabibito | 2007-11-06 12:00 | Comments(2)


停滞

やはり欠航になりました。国分という駅近くのビジネスホテルに到着。階下には居酒屋真心。窓から鹿児島銀行が見えます。いま灰色の空に飛行機が飛んでいった。明朝8時20分の屋久島行きは飛んでくれるんだろうか。
# by tinpunatabibito | 2007-11-05 16:27 | Comments(0)


桜島?

e0095194_13452868.jpg

久しぶりに携帯から更新です。ぶじ屋久島に着きました!…と言いたいとこですが、まだ鹿児島空港で暇つぶし中です。朝6時に笹塚を出たのにおかしいなぁ。おまけに私たちが乗る予定の2時台の飛行機はもしかすると雨で欠航かもしれず、その場合は急遽、空港近くのビジネスホテルに泊まることになりそうです。雨の鹿児島、写真はGLAYな空に浮かぶ桜島。というのは嘘で、空港にある天然温泉の足湯。あんまり気持ちいいんで、腰まで浸かりたい感じですわ。あとは熱々の薩摩揚げと芋焼酎があれば、今夜はここで野宿でもいいくらい。今のところチームで行動しているので、暴走は控えめに。やれやれ、屋久島は遠いね~。
# by tinpunatabibito | 2007-11-05 13:45 | Comments(0)


歌う花嫁

昨日は、いつもお世話になっている
イラストレーターAちゃんの結婚パーティ。

いつもすっぴんのAちゃん、
初めてお化粧した姿を見ました。
ウエディングドレスが
とても似合っていました。
家具デザイナーのだんなさんもとってもいい感じ。
いい夫婦だな~。
どうぞずっとずっとお幸せに!

フジロックデートもしているふたり。
パーティでも、
だんなさんの弾くギターに合わせて、
花嫁がハナレグミを歌っていた。
とてもリラックスした雰囲気でよかった。

(よし、私もこういう晴れ舞台があったら歌おう・・・・!)
と秘かに心に誓ったりして。むふふ。
永遠に希望は捨てない夢見るヨソジでいいじゃんか。
今の希望の星は、50代初婚の夏木マリ様さ~。


私がもしもしもし、結婚パーティをするとしたら、
全員がジーパン着用というドレスコードにしたい。
どんなにゆったりしたパーティでも、
やっぱ、着慣れない服着ていくと、どっか落ち着かないですね。
みんなが生ビールとか焼酎とかがぶがぶ飲んで、
いいたい放題、できれば焚き火なんかもできちゃうパーティがいいなぁ!


歌う花嫁、とってもステキ。

明日から、この花嫁さんも一緒に、
屋久島へ取材にいってきます。
常日頃から旅が好きだ好きだと騒いでいると、
ほんとにそういう仕事が舞い込んでくるからありがたい。
私は5泊6日の旅、
日本縦断中、走ったのは宮之浦から時計回りに永田まで。
土砂降りの雨に泣いて未完に終わった「自転車で島一周」を完結してきます。
キャノン君、頼んだよ!

e0095194_12252318.jpg
e0095194_12253399.jpg
e0095194_12254290.jpg

# by tinpunatabibito | 2007-11-04 12:41 | Comments(0)


名古屋人の証明

「セリーグって、巨人が優勝したんじゃなかったっけ?」

先週まではそんなことをほざいているくらい、
野球にはなんの興味もなかったのに、
名古屋の母からのメールがやたら熱いので、
つい、見てしまいました。

日本シリーズ、最終戦。
見ていると、「中日がんばれーーー!」と、
名古屋人の血が騒いでくる。
非国民・・・ならぬ非名古屋人にならなくてヨカッタ。

8回までノーヒットの完全試合をしたピッチャーを
9回で交替させる落合監督の
「個人の偉業より、チームの勝利」へのぶれのなさに
にわか野球ファンは感動しました。


24歳までどっぷり名古屋に浸かっていた私は、
新聞といえば、中日新聞、
野球といえば、中日ドラゴンズ。
お稽古ごとは、中日ビル。
テレビといえば、中部日本放送(CBC)でした。

高校生のときは、中日球場(今の名古屋ドームに移る前)で
メガホンやらサインボールを売るバイトをしていた。
ヒマな日(主にヤクルト戦)は
焼きそば売りのお兄さんに焼きそばもらったり、
生ビール売りのお兄さんにもらった生ビールを
相棒のよりこと外野席の上のほうに座ってこっそり飲んだり。
いま思うと、すごくおいしいバイトでした。
まだ現役だった江川や王監督にも会ったし、
当時大大大好きだった広島カープの大野豊選手に
ゆーみんのカセットテープとか手渡して、「きゅん!」とかしてた
のんきな高校生でありました。(中日ファンじゃないじゃん!)

その後、働いていた会社は「月刊なごや」という
名古屋の老舗料理屋などに置いてもらう雑誌をつくっていて、
私は、分室の千種区本山にあるぼろい民家で
「ぱれっと」という若者向けのシティコミュニティペーパーというものを
つくっていた。

その民家のすぐ近所に、
落合監督の一家が引っ越してきた。

あるとき、いつものように軽自動車のミラに乗って取材に行こうとしたら、
前方に、ベビーカーを押して散歩中のテレビで見慣れた熟女が・・・。

落合信子夫人だーー!

目が合った途端、私たちが何も言ってないのに
「いつも応援ありがとうございます」と
会釈された。

今日の中継では、その信子夫人もばっちり映っていました。
あれから20年近く経っているのに、
あんまりイメージが変わらないのは、ある意味すごい。


何はともかく、
中日ドラゴンズ、日本一。おめでとう。
うちの母からは、絵文字入りの「万歳」メールが来てました(笑)。
# by tinpunatabibito | 2007-11-02 03:38 | Comments(2)


温泉大好き!

長野県の奥山田温泉に行ってきた。
e0095194_23483757.jpg


泊まった宿は、「満山荘」。
B誌の温泉特集のリサーチ中に見つけ、
結局、私は四国担当になったんだけど、
オンナ友達とのんびり行くにはいいだろ~なぁと思って、
校了明けに行くぞ~と、1か月も前から予約していたのだ。

ちんぷツーリストは、
日頃の貧乏旅がとことん身に染み付いているので、
長野までは、新宿から高速バスを利用。
往復7200円、新幹線の半額で行ける。

「だいぶ痩せたね~」
バスに乗る前、友人Mに言われ、得意げにふふん、と鼻を鳴らしたら、
「でも、顔がやつれたね~!」といきなりの直球トーク。
私の周りには、どうしてこう、本音の人しかいないんでしょう(涙)。

長野電鉄とバスを乗り継いで、山田温泉に到着。
奥山田温泉は、ここからさらに車で20分ほど上った標高1500mの山の上にある。
送迎途中、教えてもらった源泉。なんと96度もあるらしい。
e0095194_2261033.jpg


私たちの部屋は「鹿島槍」、窓から北アルプス連峰を一望できる。
e0095194_2218418.jpg


夕飯前にさっそく温泉、温泉。
e0095194_22192577.jpg

e0095194_22193969.jpg

私はこの世で乳白色の露天風呂がいちばん好き。
景色のいい露天風呂だと、
1時間でも2時間でも浸かっていたくなる(実際浸かっていた・・・)。

程よくお腹がすいたところで、食事処で夕食。
e0095194_22264959.jpg

まずは、地ビールで乾杯!
e0095194_22274127.jpg

料理がおいしいと評判の宿、
さぁ、何を食べさせてくれるのか・・・(わくわく)。
e0095194_22285368.jpg


e0095194_22291829.jpg

「地の山菜や川魚、信州牛、馬刺しなど、
旬の食材をふんだんに使った創作料理」(パンフレット引用)は、
舞茸の胡麻和えも、牛乳豆腐も、長芋そうめんも
どれもこれも、うま~い!
テーブルに並んでない料理も、
熱い物は熱いまま、冷たい物は冷たいまま、
若旦那の説明付きで出てくる。

天ぷらは、若奥さんが揚げたてを一品一品大皿に入れてってくれる。
マコモダケ、エリンギダケ、アワビタケ、万願寺甘唐、
どれもサクサク。
変わりどころで、「信州りんご」の天ぷらも・・・。
e0095194_223832.jpg


チーズの茶碗蒸し。
なんとトマトものってます。
e0095194_2239753.jpg


牛ヒレと冬瓜のお吸い物。
e0095194_22395650.jpg


岩魚の塩焼き。
いろんな土地で食べたけど、
ここで食べた岩魚がいちばんうまかった。
e0095194_22412071.jpg


こんな料理を出されたら、
地ビールだけで満足できるはずもなく・・・・。
食事処に並んだ地酒を物色。
e0095194_2242368.jpg


名前忘れちゃった。大吟醸とにごり酒。
e0095194_2246548.jpg

なんだか、温泉宿にいるというより、
小料理屋で飲んでる気分になってきた。
気がつけば、ほろ酔い・・・。
e0095194_22462814.jpg


いや、泥酔・・・・?
e0095194_2247353.jpg


部屋に戻ってから、まったりテレビを見ながら、
食べたぶんを解消しようと、
部屋にあった段差でいきなり「踏み台昇降」をはじめる。
ダイエットのライバルである友人Mも、
つられて並んで、イチニ、サンシ・・・、
踏み台昇降って、けっこう消化できそうだね~と、どんどんヒートアップしていたら。

「トントン・・・、トントン・・・・」
控えめなノックの音に、ぎくり。

ふたりではっと目を合わせ、そのまま無視したいところを
「はい・・・・?」と答えると、

「お客様、お部屋から何か大きな音がするのですが・・・」
若旦那さんだった。

「すすす、すいません! ちょっと運動していました!」

私たちの部屋の真下が厨房で、
踏み台昇降のドタドタ音に「こんな夜に何事!?」と思ったらしい。
静かな温泉宿で、踏み台昇降はいけません。
温泉旅行中は、ダイエットのことは潔く忘れるべし・・・と反省した。

反省したふたりは、
そそくさと、再び深夜の露天風呂へ。
飲んで湯に浸かると、私はすぐ歌を歌いたくなる。
気がつけば、湯船の中で百恵ちゃんやピンクレディーの懐メロ熱唱
・・・・って、
ぜんぜん反省しとらんやんけ!

e0095194_2363885.jpg

風呂上りに、持参した赤ワインも空けちゃいました。


e0095194_2373843.jpg

翌朝、露天風呂から見た飛行機雲。
「×」って、何かの暗示だろうか。
こんな私じゃ「バツ」? シアワセが「クロス」?

e0095194_23123653.jpg

朝食バイキングをもりもり食べて。

e0095194_23131023.jpg

宿のデッキで記念写真も撮りまして。


帰りは、山田温泉のバス停の手前、「松川渓谷温泉」まで送ってもらった。
ここの露天風呂がまた最高なんだけど、
混浴のため、あいにく湯船にはカメラ持ち込み禁止。
HPは、こちら
紅葉を見ながら、またまた1時間ぐらい浸かっていた。

そのあと、立ち寄った「雷滝」。
なんと、滝の裏側を歩けるのです!
温泉も大好きだけど、滝も大好き。
紅葉の山を勢いよく流れ落ちる滝を見ながら、
マイナスイオンをたっぷり吸い込む。
e0095194_2320594.jpg

e0095194_23211843.jpg


そこからさらに下ったところにあった「八滝」もよかった。
りんごジュース飲みながら、展望台から滝見。
e0095194_23231794.jpg

e0095194_23233413.jpg



「こんなに紅葉を満喫したのは生まれてはじめて!」
友人Mの言葉に、来てよかったなぁ~と思った。

りんご畑を眺めながら、帰ってきました。
体重は再び1キロ増。
じゅうぶん秋旅を楽しんだところで、
明日からまた、質素な食生活の「働きマン」に戻ります。ピース!
e0095194_23314011.jpg

# by tinpunatabibito | 2007-10-31 23:33 | Comments(3)


秋の高野山ツアー

高野山に行ってきた。
e0095194_0525188.jpg


テレビ誌の編集をしていたSさんが
「南海電鉄」という会社に再就職。
「こんなプレスツアーがあって私は行かないんですが、いきますか~?」
と誘ってくれたので、
「いきます、いきます!」と二つ返事。
取材して記事を書くアテは全くないのにええんかな~と思いつつ、
高野山に行けるんならいっちゃうよ~と、
なんだか久しぶりの団体ツアーに参加してきたのだ。

いつもひとりでマイペースな旅をしてるうえ、
スーツを着たり、パンプスを履いている社会人が周りにいないから、
空港で集合したとき、ちょっと緊張。
女性の参加者はほとんど旅行会社のこぎれいな社員の人で、
右を見ても、左を見ても、なんだか浮いている(沈んでいる?)ワタシ。

高校1年のとき、
はじめて教室に入って、
「あ~、どの子と仲良くなればいいんだか?」
「私から誰かに話しかけたほうがいいのかな。でも誰に!?」
な~んて内心オロオロしていた「出会いの瞬間」を思い出した。
あぁいうときって、
「べつに1泊だけなんだから、ムリに誰かと仲良くなる必要ないじゃん」
と思いつつも、ひとりだけロンリーに取り残されるのはなんかヤだなぁとも思うわけで、
旅先で、偶然に一対一の旅人同士が出会うのとは、まったく違うんだよね。

でも、心配は無用でした。
飛行機降りて、かっちょいい電車に乗り換えた途端、
いきなりハイテンションで激写しまくる鉄子がふたり。
e0095194_034829.jpg

e0095194_041146.jpg


そして、真昼間から
新世界のジャンジャン横丁で「串かつ」&ビール。
e0095194_023540.jpg

e0095194_0125596.jpg

e0095194_0131240.jpg

e0095194_0201015.jpg


すっかり、大阪の熱気に浮かれるヨッパライ娘がふたり。
e0095194_054330.jpg

e0095194_0614.jpg

高校のクラス替えとおんなじで、
結局、似たようなノリのニンゲンがつるむようになってるんですね、世の中は。
某旅行会社勤務のA子ちゃん(25歳)、
アナタのお陰で、けっこう楽しい旅になりそうだ。


高野山に向かうケーブルカーでも、
もちろん鉄子ふたりは、一番前のガラスにかぶりつきだった。
e0095194_0143097.jpg

e0095194_0145938.jpg



高野山は、紅葉もはじまっていた。
奥の院をのんびり散策、
最近、すっかりお寺づいているなぁ。
これも、お大師さまのお導き・・・なのかしら?
e0095194_0173418.jpg

e0095194_0175060.jpg

e0095194_018185.jpg

e0095194_0184370.jpg



この夜は、「天徳院」というお寺の宿坊に泊まった。
e0095194_0193738.jpg


宿坊・・・といったら、やはりこれ。
ダイエット中にもうれしい精進料理。
ここのお料理はどれもおいしくて、特にごま豆腐が絶品だった。
e0095194_0215775.jpg

e0095194_0221571.jpg


同室だったMさん。
某出版社の美人編集者。
熊本から東京に来て間もないそうで、
独特の空気感がいいカンジ。
この人とも、会えてよかったなぁ。
e0095194_0262966.jpg



翌日は、阿字観という密教の瞑想体験をしたり。
金剛峯寺を見学したり。
e0095194_0283620.jpg

e0095194_0304255.jpg

e0095194_0285449.jpg

e0095194_029989.jpg

e0095194_031591.jpg

e0095194_0362354.jpg



昼食も、べつのお寺でやっぱり精進料理。
e0095194_0314363.jpg



すっかり仏教世界のとりこ・・・かと思ったらそうでもなく、
バウ系のおもしろ看板探しに夢中な俗物ひとり。
e0095194_0332642.jpg

e0095194_0342235.jpg

さすが高野山、街の案内板では、
観音様たちがキャンプにスキーにサッカーとはじけまくってます。
e0095194_0355285.jpg

e0095194_036847.jpg



そんな聖地から、いきなり俗世間に戻ると、
やっぱり、これでしょう。551の豚まん。
ダイエット中だから、A子ちゃんと半分っこしたけど、
全部たいらげたかった。やっぱうまいや、551。
e0095194_0374457.jpg


なんばの街を歩くのは、久しぶり。
「大阪って、すごいねぇ、パワーが」
A子ちゃんとすっかりお上りさん。
B級グルメ好きな私は、住めと言われたら、この街なら余裕でやってけそう。
e0095194_0405492.jpg

e0095194_041973.jpg



そして、最後に乗った魅惑ののりもの。
「飛行機が白いという常識。飛行機が黒いという非常識」
がキャッチコピー。
黒い飛行機の中は、「これがエコノミー?」というくらい、
ゆったりゴージャス。
しかも国内線なのにモルツビール飲み放題!
e0095194_0434520.jpg

e0095194_0441292.jpg

e0095194_0442782.jpg



あ~、楽しかった!
ふだんの生活ではまず接点のない人たちと
なんだかわけわかんない状況で旅をするのも、意外と面白い。
自分ひとりががんばってるんじゃなく、
いろんな人たちがそれぞれの場所で、
けっこうマジメに生きてるんだなぁ・・・と、
改めて気付いた1泊2日でした。


明日は、
久しぶりにプライベートで
紅葉まっさかりの山へ温泉旅行にいってきま~す!
# by tinpunatabibito | 2007-10-30 00:49 | Comments(2)


嵐の夜に

豪雨のなか、長靴を履いて、串焼きを食べに行く。
e0095194_1332672.jpg


世田谷線の上町駅近くの「西」。
半年ぶりだけど、
この店の串焼きは相変わらず、何を食べてもうまい。
「行きつけの店」ってやつが全くない私が
唯一、何年も通っている店。

私の大好物は、
つくね。
e0095194_1335680.jpg

この写真だけで、ビールが3杯は飲めそうだ。

うずらの卵もおいしい。
e0095194_134502.jpg

1日1100キロカロリーの修行僧のような食生活の日々、
たまに食べると、レバーも牛肉もしみじみうまいです。


今夜の話題は、
「亀田興毅の記者会見に思いがけず泣いてしまった」問題と、
「好きな野菜BEST3は何か」問題。
飲みながら話すことって、どうでもいい話題ほど盛り上がるよね。

友人Mの好きな野菜は、1位・玉ネギ、2位・茄子、3位・じゃがいも。
友人Tは、1位・長ネギ、2位・春菊、3位が・・・なんだったけ?
ちなみに私は、1位・玉ネギ、2位・ゴーヤ、3位・アスパラガス、であります。

その後、ちょっとディープな話もしつつ、
終電前の1時間だけと、久しぶりにカラオケへ。

いまさらですが、アムロちゃんの「BABY DON’T CRY」、
ほんとうにいい歌だと改めて思う。
音痴な私の歌ではわからないけどサ、
CDで聴くと、すごい奥行きのある作りになってるんですよ。
浜崎とか倖田とかは全然キョーミないのに、
アムロちゃんとヒッキーの歌はずっと好き。
ふたりの歌はいつも元気をくれる。
おまけにカロリー消費量も高くて◎なんです。

30分延長して終電で帰る。
歌を歌ってテンションが上がったので、
ひとつ手前の駅で降り、
ipodに入ってる歌を手当たり次第、大声で歌いながら歩いて帰った。
行きは嵐だったのに、すっかり雨も止んでいた。
雨上がりの夜は、ほろ酔いウォークに最高。
歩きながら歌ってると、どんどんロックな人間になってゆく。
誰も見てない夜道で、思わずJUMP。
あ~、ライブに行きたくなってきたーっ!


深夜1時、笹塚に帰還。
駅前は、壊れたビニール傘や濡れた新聞紙やら。
嵐の余韻が残っていた。
e0095194_27456.jpg

お風呂の湯を入れながら、
今夜じゅうに出さなくっちゃならない宅急便があることを思い出し、
大慌てで、コンビニへ。

レジに、ドラキュラが並んでいて目が点になった。
深夜のコンビニってどうかしてる。
しかし、今夜はやけに外国人率が高いな・・・と思いつつ、店を出ると、
今度は、白雪姫が歩いていた。

そっか~、ハロウィンのパーティ帰りの人たちか~と気付く。

嵐が去った夜の、
どうでもいいブログでした。
たまには、こんな軽いノリでね。
私は一生、俗物でいたいのだ。
ではでは、おやすみ。
# by tinpunatabibito | 2007-10-28 02:20 | Comments(2)


西表島の厚い雲

e0095194_22384131.jpg

『サウスバウンド』という小説がやたら面白かったので、
さっそく映画も観てきた。
公式ページは、こちら

結論からいうと、
小説のほうがうんと面白かった。
豊川悦司も天海祐希も適役だと思うけど、
脚本が悪いのか全体にはしょり過ぎなのか。
もっと丁寧にしつこくつくれば、この人たちの凄みがもっと出たはずなのに。
生意気いってすいません。
でも森田監督の本気感が素人目にもあんまり伝わってこなかった。

だいたい、西表島が舞台の小説なのに、
西表島でロケをしていないのが気にいらない。

やっぱり、リゾート開発に立ち向かう話だけに、
U社の巨大ホテルがすでにできてしまった島では生々しかったのかな。
それとも、空港のない島でロケをするのは、
いざというとき大変だからってことなんだろうか。
そのへんの詳しいことは何もわからないけど、
元過激派の両親を持つ家族が移り住んだ西表島の廃村にしては、
映画全体に「濃さ」が足りなかった気がする。


小説の「サウスバウンド」を読んで私がいちばん唸ったのは、
主人公の二郎と妹の桃子が船の上から初めて西表島を見たときの描写。
(文庫本下巻の31ページです)

ちょっと長くなるけど、引用します。


 行く手には大きな島が見えた。すぐに西表島だとわかった。来る前に地図は見ている。
「ねぇ、なんか怖くない?」 桃子が言った。
「何がだよ」
「建物がないし、森ばっかりだし」
「亜熱帯ジャングルだからな」
 向井が野生の島だと言っていた。イリオモテヤマネコだっているのだ。
 島の半分には黒い雲がかかっていた。八重山地方全体は晴天だというのに。その雲は、
二つある山の片方だけに低く垂れ込めていた。あの下は雨でも降っていそうだ。青空との
対比が、やけに不気味に見える。


 この作者は、けっこう西表島を旅してる人なのかな・・・と興味がわいた。

私も初めて西表島に行ったとき、桃子とおんなじように
「なんか怖い」と思ったから。
それが真夏のどぴーかんの日なら印象は違ったのかもしれないけど、
11月の西表島の空気は最初、私にはすごく重かった。
どんより曇った空の下、森の濃さに押しつぶされそうで、
2週間ぐらいのんびりするつもりで行ったのに、早々に逃げ帰った。
石垣に戻って、からっと晴れた青空を見たとき、
「あぁ、こっちはこんなに明るい!」と心からほっとしたのだ。

その後、いろんな知り合いができて、
西表島の濃さもこれはこれではまるとクセになるんだなぁとわかったけれど、
第一印象のあの不気味な空の気配は、
今でもココロのどこかに根強く残っている。

八重山に移住するとしたら、
西表島か、石垣島か、与那国島か。

いつもそんなことを夢想するたびに、
内地の変わり者が生きやすそうなのは西表だけど、
ジブンはあの空気の重さに耐えられるだろうか・・・と思ってしまうのだ。

小説『サウスバウンド』には、
そんな島の気配がすごく丁寧に描かれていた。


考えてみたら、今年も10月22日。
八重山に初上陸してから、もう3年も経つんだなぁ。
先の見えない不安と、
底なしの自由を抱えて、船を下りたあの日から。


「パイパティローマってあるんだよね」 桃子が聞く。
「ある」 父が迷いなく返事した。
 この瞬間、波照間島の太平洋上に島がひとつポンと現れたのではないか、
そう思いたくなるほどの力強さだった。
(下巻・256ページより)


「パイパティローマはある」と、
迷いなく答えられる大人でいよう。
50歳になろうが、60歳になろうが、
いつだって、「ある」と力強く答えられる大人で。
e0095194_032212.jpg

# by tinpunatabibito | 2007-10-22 23:45 | Comments(0)


人は変わり続ける

わずか705字ながら、うんうんと苦しみながら書き直した原稿が入り、
ほっとして赤ワインの夕べ。

「スバラシイけど、
なんか、ちんぷさんが別の人になっちゃったような気がして」

編集S氏のメールの言葉。

そう、私は別の人になりつつあるのだ。
ただし、それはメンタルな面じゃなくて
フィジカルな面で。
カラダとココロはつながっているから、一緒なのかもしれないけど。


ぜんぜん脈略なく話が飛ぶようだけど、
売れてますね~、オタキング

私がインタビューした「DIME」効果も
ほんのちょっとでもあったらうれしい。
e0095194_19433981.jpg


「ほんとに困ったときはメールください」
帰り際にオタキングが言ってくれた言葉。

今のところは順調だ。
スタートしてから、
昨日は最大のマイナス5キロ。
今朝になってプラス1キロでちょっとへこんだけど、
大丈夫、1キロぐらいすぐ取り(減り?)戻せる。


「ちんぷさんにとって、
ダイエットは永遠のテーマですねぇ」
と言われたことがあるけど、
こんなにもきっちり本気でカロリー制限をしたのは
今まで生きてきて初めて。
ごはんづくりも栄養士さんなみに真剣に計算している。
きっちり基礎代謝量の分だけのカロリーを摂取していれば、
人はほんとうにちゃんと痩せていくんだなぁ。
今までいかに太る努力をしてきたかが改めてよくわかった。

「焼きそば一平ちゃんマヨネーズ味(大盛り)」だけじゃ足りなくて、
ローソンの軟骨つくね棒とか食べていた、ジャンクな私はもういない。
毎日2リットル以上の水を飲み、
たっぷりの野菜や魚を摂っている。
今夜の夕飯は、
白身魚のホイル焼き(エノキとシイタケ添え)と、
ほうれん草(1束)のガーリック炒め。
今まで、自炊の日もチャーハンとかスパゲティで
夜に炭水化物ばっか摂っていたからダメだったのね・・・。

ときどき発狂したくなるほどポテトチップス(1袋ぜんぶ!)が食べたくなるけど、
そういうときは、欲望のままに食べて
そのぶん夕飯を抜いている。

1100キロカロリーの旅。
最終目標は、
高校3年、ハンドボール部(補欠)時代の体重だ。
つまり、自転車で日本縦断した直後の体重。
これで失敗したら、
もう二度とダイエットなんてしない。
# by tinpunatabibito | 2007-10-17 19:53 | Comments(4)

    

いつかどこか「陳腐な食堂」開店予定の、52歳キッチン見習いの雑記。
by tinpunatabibito
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧