陳腐な旅人日記


<   2017年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧



台風の休日はりんごタルトを。

昼休みにお茶してたら、
シェフから電話。

「あ、ちんぷさん。
明日は台風が来るから、
バイトはお休みでいいですよ」


なんと⁉︎

雨の日も風の日も夏の日照りの日も
名古屋ウィメンズマラソンに参加したとき以外は、休みなく通っていた店から、
初の台風休暇。
明日は今月初の丸一日のお休みです。

今日のバイトはめっちゃ忙しかったので、
明日は久しぶりに寝坊しようかな〜。
でも多分、早起き習慣で朝は起きるから。


とりあえず、
りんごのタルトでも焼こうと思います。

ある女性へのプレゼントのタルト。

フランスで暮らしたこともある、
料理の先生に
私なんぞが焼いたタルトは
非常におこがましくて、
並みの神経なら、
とてもプレゼントなんてできないけれど。
そこは無神経な私らしく、
今の力量でできるだけの奮闘をして。
その人が
「たまには、誰かが焼いたお菓子を食べたいって思うよ」
って言ったことを間に受けます。


台風の日曜日。
雨がひどくなる前にりんごを買って。
音楽聴きながらビールでも飲みながら、
美味しいタルトを焼こう。
そして、
色鉛筆で楽しいカードを描こう。


追記☆

たったいま、焼けました♬
ジンセイ2個目のりんごタルト。
なかなか、 
おいしそうだと思うんだけど(笑)。
中にはアーモンドクリームがずっしりの
甘〜いタルトです。
明日、
バイト帰りに
元バイト先に持っていって
居合わせた人とお茶しながら
食べたいな。

台風は三宅島あたりに移動したみたい。

台風が来るたび、
日本って東西に長い島なんだな、
って実感する。

石垣島で台風の日にタルトタタンを
焼いていたなっちゃんと、
その翌日?
名古屋で台風の日にりんごタルトを
焼いていたちんぷ。
明日は北海道あたりで、
誰かが
「台風の休日はりんごの焼き菓子」
リレーに参加してたら、
それはとても愉しい。
e0095194_21033932.jpeg








[PR]
by tinpunatabibito | 2017-10-28 23:31 | Comments(2)


台風の夜に。

数年前の台風の夜にも
似たタイトルのブログを書いた気が。
あの夜は
トカラの部屋で帽子を編んでたっけ。


今日は台風のおかげで
ちょっぴりいいことありました。


その、ちょっぴりいいことを
牛のように反すうしながら、
今夜もハイボール。


この小さな小さなシアワセで
今は充分。
毎日ジブンの足で
行くべき場所へ
スタスタ歩いていけて
しょっちゅう笑ってる、
そんな日々に感謝してるよ。


写真はトリスクラシックのおまけ、
サントリーおじさんのグラス入りハイボール。
リボンまでウイスキーを入れて
帽子までソーダを注ぐんです(笑)。

e0095194_21431467.jpeg




[PR]
by tinpunatabibito | 2017-10-22 21:25 | Comments(0)


ロングスローディスタンス☆

バイト仲間のひとりが念願のお店を出した。

彼女が東京やフランスて修業して得た技術や、
一生懸命働いて蓄えたお金、
そして、美しくておいしいものを提供したいという情熱が詰まった素敵なお店。

家賃を聞いて私はあぜんとする。

すごいなぁ〜、
あの若さでそんな家賃を払いながら
女ひとりでお店が開けちゃうなんて。

ビストロBでまかない食べながら、
私が話したら、
シェフは言った。

「ちんぷさん。
ちんぷさんはすごいなぁ〜、って言うけど、
お店を開くことは誰だってできるんです。
大切なのは、
オープンしてから続けること。
何年もそのお店を続けていくことが、
すごいことなんです」


はい、いつもシェフからこんこんと言われてることですね。


バイトを始めたころは、

2020年夏、
55歳の誕生日に小さな食堂を開きたいんです♪

な〜んて、甘〜い夢を話していたんだけど。


私の調理技術はもちろん、
それ以前の
飲食店をちゃんとやっていく意識の低さに
シェフはあぜんとしたらしい。

3、4年でコイツは店を出せるレベルになるのか?

出した以上、潰してほしくない。

でも、今のままでちんぷさんが店を出したら、
遅かれ早かれ、潰れるだろう………

そう思ったシェフは
「ちんぷさんがお店を開きたいと言うなら、
普通のバイトの子より厳しくしますけど、いいですか?」

人並み以上に修羅場にテンパり、
うっかりミスも連発。
1年半経った今も相変わらずだけど、
過去の「あまりの酷さ」を
笑い話にできるくらいには成長した?
……と、信じたい(笑)。


そんなこんなの技術および意識の成長や、
単純に開店資金を 今のバイト生活で貯めるには、何年かかるんだろう?

と、考えてみました。

若いバイト仲間に刺激されたおかげだね。


昼バイトと夜バイトの合間に
喫茶店でしこしこ見積もりしてみたところ……


ざっと、7年かかります。


うがー、陳腐な旅人59歳の春!


まだまだ先は長い。長すぎるな〜。

でも、とっさに感じたのは、
自転車で日本縦断した39歳から20年。
よくも悪くも、
あの旅で私は生き方を変えたのだから、
20年後の食堂オープン、
それくらいがちょうどいい頃合いじゃないかと、
なんとなく、だけど、確信的にそう思った。


2024年春、
みなさんは何してますか?


ちんぷ食堂に遊びにきてくださいよ、っと。






[PR]
by tinpunatabibito | 2017-10-17 16:20 | Comments(0)


とぎすます

多少の変化はあれど、
相変わらずバイト4軒かけもちで
ほぼ休みなしで働いてる。

どのお店でも、
日々いろんなことが起きる.

どんな職場でも
人間が働いてるわけだから、
ポジティブな感情、
ネガティヴな感情、
一瞬一瞬、交錯してるわけで。

元来血の気が多いたちなもので、
誰かに対して
怒りを感じることもしょっちゅう。

だけど。

敵はいつもジブン。


最近はなるべくそう意識して
他者がどうであれ、
ジブンがいまするべき仕事を
淡々と、
そしてできる限り、
丁寧に、かつ素早くやり抜く。
そこに集中するようにしてる。


だって、ここには書けないような
事件は、現場では日々起きてますし。


ほんと、
いろんな人がいる。

一緒に働いてハッピーな人も
アンハッピーな人も。

いろんな人がいるから
この世界は面白い。


そう思えるくらい
日々、ココロにゆとりを持たないとね(笑)。


明日は
一緒に働いてハッピーな人たちと
楽しい日曜日です☆


たっくさん笑おう。

今日の哀しみを吹き飛ばすくらい。

[PR]
by tinpunatabibito | 2017-10-14 23:15 | Comments(0)


今朝見た窓越しの虫。

毎朝乗る電車で虫を見た。  


すぐそばにいるのに触れない。

だって窓ガラスの向こう側にいるから。

いまこの瞬間、
生きて動く姿をこの目で見てるのに
電車のガラスが突然割れて砕けるような
ありえない奇跡が起きない限り、
本当の意味で接点はない。

うーん、
誰かとの関係性と似てるね。


そんなふうに今朝感じたことも、
遠い昔に思える
バイト帰りの電車にて。

e0095194_23384245.jpeg

[PR]
by tinpunatabibito | 2017-10-11 23:26 | Comments(1)


夢。

野菜がてんこもりのランチ。
「ちんぷ食堂でお昼食べれば、
1日分の野菜がとれるらしいよ」
近所のサラリーマンもOL(死語?)も
ひとり暮らしのじいちゃんばあちゃんも
みんな、口コミでやって来たら、
いつしか常連さんになってるようだ。

この食堂、
やたらと根菜類のおかずが多い。
きんびらは人参、牛蒡、蓮根、
なんでも日替わりで出てくる。
うちでも作れるし、
コンビニなら100何円で買えるけど。
「ちんぷ食堂」のきんびらをつまみながら、
ハイボールとか芋焼酎の水割り飲んでる時間は
残業帰りのちいさな楽しみ……

って話してる常連さんもいた。


そう、この食堂は、
昼間は定食屋さんだけど、
夕方からは居酒屋さん。
おかみ(あづ婆)に言わせると、
「うちは、居酒屋じゃなくて小料理屋!」らしいけど。
カウンター8席と4人がけのテーブルがひとつだけのちいさな店には、
昭和の遺物みたいなラジカセからいつも音楽が流れてる。
レッチリがキター!と思ったら、
キヨシロー(っていうかRC?)かかるし、
百恵ちゃんとかジュリーとかチェッカーズとか、懐メロ特番でしか聴いたことない昔の歌謡曲もしょっちゅう流れてる。
「私はキョンキョンと同い年なんだよ〜♬
キョンキョンは早生まれだけど、
学年は一緒だから」
って、誰っすか〜? キョンキョン?

「ちんぷ食堂」には、
なんかいつもおかしな人がいる。
大体はだらしなくヨレヨレ飲んだくれてるけど、酔っ払ったときに話すことが真実なら、
たまにいいことほざく飲んだくれが多い。
偉人の名言みたいなやつじゃないけど、
その言葉が、
導火線になって、何かじわじわ発火しだすような、
くだらねー! って、
そのときは失笑でおしまい、だったはずなのに、何年、何十年経っても
なんかずっと忘れないでいる言葉、みたいな。


「ちんぷ食堂」の話は、
ちょっとやそっとじゃ伝わらないんだよな。

ま、行けばわかるって。

場所はね……




[PR]
by tinpunatabibito | 2017-10-01 20:19 | Comments(0)

    

いつかどこか「陳腐な食堂」開店予定の、52歳キッチン見習いの雑記。
by tinpunatabibito
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧