陳腐な旅人日記


渋谷 ブックファースト

細々とながらライターを再開している。
今日は、T誌の編集部に次号の打ち合わせにいき、
ちょっと調べ物をしたあとで、
渋谷のブックファーストへ、
資料になりそうな本を探しにいってきた。

渋谷は、1年前まで住んでいたアパートに
最も近いJR駅だったからよく行ってた。
でも、日本縦断の旅から帰ってからははじめて。
最近、バイトも日常生活も
ほとんど浅草にひきこもっていたからな。

渋谷のブックファーストは
アウトドアや地図・旅行ガイドや、料理、ペットなど
主に趣味全般のジャンル本を集めたB1が
すご~く充実していて見やすい。
仕事で使う本だけ探すつもりだったのに、
気がついたら
「カフェ開設」のノウハウ本や沖縄のガイドブックなんかを
眺めていたりして。

沢木耕太郎さんが
クライマーの山野井さんのことを書いた本が出ていた。
沢木さんの最近の本はあまり興味なかったけど、
山野井さんのことは以前テレビで見てから
気になる人だったので、即行で買ってしまった。
早速、今夜から読むつもり。

しかし、
長い間、都会の本屋に行ってなかったから
1時間以上いたらなんか疲れたなぁ。
本がたくさんある場所にいると
それだけで自分が一歩進んだ人間になったような気がするけど、
今日は、
「今のわたしはひょっとして世の中からすご~く遅れてる?」
・・・なんて思ってしまった。
最新の情報をどんどん受信することも、
自分にいらない情報はシャットアウトすることも、
わたしにはおんなじくらい大切なことなんだな、と。

最近、朝も夜もだらけ気味。
明日は朝からしゃきっと起きて
外に出ていこうと思います。





 
[PR]
# by tinpunatabibito | 2005-10-18 23:30 | Comments(0)


新米ともぐらみかん

日本縦断中にお世話になった川上さんちから
秋に収穫した新米と「もぐらみかん」が届いた。
すごくうれしい。

川上さんちは福岡県宗像市の大穂という集落にある。
車で2~3分の所には大型スーパーもコンビニもファミレスも
何でもひと通り揃っている町だけど、
その集落に入ったとたん、
「古きよき日本」というに感じの風景になって、
はじめてでも懐かしい気分になる場所だ。・・・・陳腐な表現ですが。

わたしがはじめて川上さんちを訪ねたとき、
川上さんちとはまったく面識がなかった。

「いま博多ですか! だったら宗像でぼくがお世話になってる川上さんの家を
ぜひ訪ねてみてください。おじさんは旅人が好きだし、
ぼくと同い年のしのぶちゃんって娘さんもいますから!」
 紹介してくれたのは、知り合いのライターの藤原くん。ヒッチハイクの旅の最中に泊めてもらって以来、親戚みたいにつきあっているお宅なんだそうだ。
私はそれまで7か月ものほほ~んと過ごした沖縄をついに離れ、
鹿児島から自転車を漕ぎはじめたばかり。
まだ本州になじんでない・・・南の楽園からいきなり現実的な場所に
戻ってきてちょっと落ち着かない気分だった。だから、
図々しいのは承知で、
逢ったこともない人の家に泊めてもらいに行ったのだ。

川上さんちはとってもあったかかった。
ついてすぐお昼ごはんをごちそうになったあと、
「私たちはこれから昼寝するから、あとは適当にね」
という言葉で私はまず、ノックダウン。
昼寝を大切にする人のことが私は大好きだし、
そんなふうに自然に接してもらえるのがすごくありがたかった。
だってこっちは、
キャンプ道具積んだ自転車でよれよれやってきた
得体の知れない(しかも結構年増な・・・)旅人でしかなかったのにね。

 おじさん、おばさん、しのぶちゃんと一緒に
みかん農園に行って、立派なみかんが育つように
増えすぎた蕾を獲る作業を手伝ったり。

 家族の一員のさくら(ワンちゃん)を連れて大穂の集落を一周したり。

みんなで焼き鳥食べにいったり。

 ほかにもいっぱい忘れられない思い出ができた。

 川上家で過ごした数日間があったから、
わたしは本州でも、元気に旅が続けられたんだと思う。

 そんな川上さんちから届いた「もぐらみかん」。
農薬をほとんど使わず、昆虫の宝庫の果樹園でできた
みためは素朴、味はとびきりうまいみかんで
ビタミンをたっぷりとって、
またがんばろっと!

おじさ~ん、しのぶちゃ~ん、ありがとうね!
[PR]
# by tinpunatabibito | 2005-10-16 15:16 | Comments(0)


パワー!

ゆうべは、編集者のMさんとカメラマンMさんと
ひさしぶりに銀座で飲みました。女3人で。

最近、編集長になって部数も急増。
ますますパワフルになっているMさん。
もうひとりのMさんも、
結婚・出産でカメラマンを一時辞めたものの、
7年前に離婚して現場復帰。
マイペースだけど着実に仕事を続けている。

もう10年近くつきあっているふたりだけど、
40すぎても
ほ~んと元気。
いろいろ叱咤激励されて、
私もがんばんなくっちゃ・・・とパワーをもらって帰ってきた。

「忙しくなったらまた日々の仕事に追われてしまうから
今のうちに自分がやりたい企画をちゃんとまとめなさいよ」
と編集者のMさん。
ハイ、がんばります。口だけじゃなく本気で。

勇気を出して一歩踏み込んでいかないと、何も
始まらないのだ。
休暇はとっくに終わっているんだもんね。
[PR]
# by tinpunatabibito | 2005-10-13 11:22 | Comments(0)


八重山で決めたこと

は~、今夜のバイト先は3連休の翌日だからヒマだと思ってたのに
すご~く忙しかった。

いま本業のライターのほうは開店休業状態で
深く考えだすと不安はそりゃぁいっぱいだけど、
そういう時期は
これまでのライター人生で何度か経験済み。
そういう「自分は忙しい世間からまったく必要とされてないかも?」
と、まるで透明人間になっちゃったように感じる時こそ、
神様が「もっとちゃんと今後の人生の方針を考えろ~」
とくれた時間。
あわてなくてもいい。あせんなくていい。
淡々と過ぎていくこの時期こそ
自分がほんとうに好きなこと、学びたいことに
とことん充てればいいんだと思う。

沖縄・八重山で半年ほど暮らして感じたこと。
「こんなキレイな海にこの先も毎日素足を浸して生きていけたらな~」ってこと。
海がない東京で、私はあの海や夕日をいつも思い出している。
[PR]
# by tinpunatabibito | 2005-10-12 01:12 | Comments(0)


10月10日は銭湯の日(つづき)

しかし、ここ浅草はさすが江戸っ子の町、
昔ながらの銭湯がけっこうあるんですね。

で、今日はじめて浸かってきたのが「鶴の湯」。
小さいけど、露天風呂もサウナもジャグジーもあって、
ダイエットによさそうなマッサージ風呂まであり。
たった400円の贅沢。
今の私は、こういうのに弱いみたいです。

行ってみてはじめて知ったのですが、
10月10日って「銭湯の日」なんだって!
で、今日は都内のすべての銭湯で一斉に
「ラベンダー湯まつり」というのを実施していたのです。
入場者にはラベンダーのイラスト入りタオルが配られたそうなんだけど、
残念ながら私が行った4時すぎには
タオル配布はもう終了。代わりにヤクルトを1本もらってきました。
ついこの間行ったばかりの北海道・中富良野産のラベンダーを
入れたお風呂に、
たまたま「よし、今日こそは銭湯だ!」と思って
引越し以来はじめて出かけたその日に浸かれるなんて
つくづく自分は風呂運がいいんだなぁ~、なんてね。

いま沖縄料理の居酒屋でバイトしていて
1日4時間だけなんだけど、立ちっぱなしだから足がむくんじゃって。
シャワーではとれなかったそのむくみがすっかりとれて満足、満足。
自転車旅をしているときも
お風呂にさえ「入れば1日100キロ走った疲れもすぐ吹っ飛んでたワタシ。
やっぱ、日本人はお風呂です!
まだ歩いて15分くらいの所に
2~3軒あるようなので、
これから、どんどん銭湯トリップしていこうと思います。
[PR]
# by tinpunatabibito | 2005-10-11 00:36 | Comments(0)


10月10日は銭湯の日

今日は、このブログを開設した直後に
浅草の銭湯「鶴の湯」に行ってきました。

いま私が住んでいるのは、
最近、東京に急増しているゲストハウス。
礼金・敷金なし、
部屋はベッド、簡易テーブルと椅子、テレビ、ロッカー付き。
トイレとシャワー(15分100円)、キッチンは共同で
リビングルームには24時間自由に使えるパソコン設置。
約10か月におよぶ長旅で
貯金を使い果たした私は、
「こりゃ、いいや~」と思って9月7日から住人になったわけです。

ひとり暮らしの狭いキッチンより
広いキッチンで料理もちゃんと作れるし、
週に1回、プロの掃除人が入るので
自分の部屋さえきれいにしておけばいいから
掃除が嫌いな私には、
けっこう快適なんですね、これが。

唯一の欠点は、
お風呂がないこと。
[PR]
# by tinpunatabibito | 2005-10-11 00:16 | Comments(1)


第一回

はじめまして、陳腐な旅人です。
生まれてはじめて、自分のブログを開設しました!

一年前、2004年10月10日。
わたしは、それまで住んでいた東京のアパートを引き払い、
日本縦断の旅に出ました。

日本最西端の与那国島から、
日本最北端の島・礼文島まで、
なんと自転車で走ってしまいました。

その陳腐な旅の話はおいおい話すとして、
この記念すべき日に、何か新しいことを始めたくて、
「陳腐な旅人日記」を開いたというわけです。

307日間の旅から帰って
いま浅草の某ゲストハウスで暮らしているんだけど、
旅の間、フリーライターという書く仕事からすっかり遠ざかっていて。
帰ったばかりで仕事もヒマなので
「書く」リハビリも兼ねています。
陳腐な旅人ですんで、
文章上、陳腐な表現があってもご勘弁を。

あと、
東京に戻ったとたん、
旅に出る前とまったくおなじように
ダラダラ生活に戻ってしまったので、
わが身を引き締めるためにも
毎日ブログを更新しようかな~と。

今はとても平凡で静かな毎日だけど、
日々のこと、これからのこと、
のんびり綴っていきますね。

陳腐な旅人
[PR]
# by tinpunatabibito | 2005-10-10 15:31 | Comments(3)

    

いつかどこかで「陳腐な食堂」開店予定の、51歳キッチン見習いの雑記。
by tinpunatabibito
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧