陳腐な旅人日記


<   2017年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧



てんてんの記録。19日更新♪

名古屋は土着性の強い土地で
生まれてから名古屋以外に住んだことがないという人が多い。

私だって、24歳まではどっぷり名古屋。
24歳のある午後、
一冊の雑誌と出会って
東京の編集プロダクションに履歴書を書くまでは、東京に憧れを抱いたことすらなかった。

東京にもナンダカンダで22年間もいて、
編集者とライター、
雑誌づくりをまじめに続けていたので、
私はあっちこっち
さすらう人間じゃないと思ってた。


しか〜し。

気がつけば、日本各地、
人並み以上にてんてんと
いろんな土地で暮らしている。

ほんの1〜2週間程度の借り暮らしから
3ヶ月、半年くらいの住み込みバイト、
そして、もちろん、
本気で永住するつもりだった島暮らし。


今は名古屋で淡々と暮らしているけれど、
ふとした拍子に蘇る。
あの日あの時、
あんな状況で暮らした場所。
たぶん、
もう会うことはないかもしれない、
だけど、一時期、
とても濃密に毎日顔合わせていた懐かしい人たち。


その記憶自体は何年経っても薄れない。
だけど、
あまりにてんてんとしすぎたから、
自分でも、
あれはいつだったっけ?
県名はわかるけど、地名忘れた〜、
な〜んて感じで。


なんか、ここらでまとめてみようかと。
自分でも、
あれは2010年夏のこと、
なんてすぐわかる記録が欲しくてね。
だから、
分散しないで、ひとつの記事に
なるべく詳細にまとめたい。


空いた時間にスマホでカチカチ、
ちょこっとずつ書いて更新。
つづきは
編集して再更新。
そうして、
陳腐な旅人日記最長の
「てんてんの記録。」を綴ります。
やれやれ、
夏が終わるまでに完結するかな〜?



さ〜て。
長い文章を書くには
まずは見出しが重要です。
だって、自分でも
整理しないと、なにがなんだか(笑)。
とりあえず今夜は、
ネタバレありきの見出しを書こうっと。
年数はけっこう適当です。
だいたいこのトシだろ〜ってなもんで。
私の死後、
熱心な陳腐研究家が徹底取材の末に
ボーロボロと事実確認をする、かもしれません。

前書き長い!
とっとと見出し書け!
はい、書きます〜!


1085夏 長野県・川上村

1889夏 埼玉県・朝霞市

1994夏 東京都世田谷区上用賀

2004秋 日本縦断旅出発!

2004冬 沖縄県・与那国島

2005春 日本縦断旅再開!

2005夏 北海道・礼文島

2005夏 日本縦断旅再開!

2005秋 東京都台東区浅草

2005冬 東京都渋谷区笹塚

2011夏 山形県上山市

2011夏 愛知県・篠島

2011夏 岐阜県・奥飛騨

2011夏 三重県

2011秋 熊本県・小国村
熊本県合志市
鹿児島県蒲生町

2012冬 トカラ中之島お試し移住

2012春 静岡県箱根市

2012夏 三重県

2013夏 トカラ中之島移住

2015冬 名古屋
2015夏 静岡県熱海市

2016冬 名古屋

ふ〜、
見出しだけで疲れました!
明日もスペシャルな水曜日を




[PR]
by tinpunatabibito | 2017-07-17 08:48 | Comments(1)


どんな食堂を開くのか

自分がどんな食堂を開くのか。
いつもいつも考えています。

ひょっとしたら、
いま私に出来ること、やりたいことが
飲食店でのバイトなだけで、
ひと回り以上年下の正社員に
ボロクソ言われてる日々も
うん、これは未来のための修行なんだから〜、
っと、
ある意味、現実逃避みたいに
「いつか小さな食堂をオープンする」
を呪文のごとく唱えてるんじゃなかろうか。
ときどき、
自分にツッコミ入れてます。

いま、毎朝のお楽しみの「ひよっこ」で
ヒロインたちがたまに行くバー、
その名も「月時計」が、
私のやりたいお店の感じに近い。
カウンター8席くらいの小さなお店。

「月時計」のママは
日本各地の方言を勉強してて、
地方から東京で働いてるお客さんが、
故郷の言葉を聞いて
ほっ、っとできるようにと
お客さんの国の言葉で話しかける。


「こういうのいいな!
私もやろ〜♪」

ハハと朝ごはん食べながら見てて
思わず呟いてた。

ハハにはまだ食堂開店の夢を話してないから、きょとんとしてた。


まだまだ料理もひよっこ、
接客もひよっこ、
開店資金もひよっこ。


だけどさ。

夢を見ないと、
前に走っていけないんです。


写真は、
名古屋のとある観覧車。
e0095194_15040994.jpeg

[PR]
by tinpunatabibito | 2017-07-15 22:39 | Comments(1)


管理人

ビストロBのシェフは
ウェブよりも目の前のお客さんを見る。
ホームページも
開店から7年経っても作らない。
でも最近、
いまの時代、それじゃ発展しないと思ったみたいで。


「シェフ! ホームページ作るのは大変だけど、
とりあえずフェイスブックでいいんじゃないですか?
それなら私がスマホで
チャチャッと開きますよ♪」


実際にはチャチャッ、どころか、
結構、苦戦したんだけど、、、


7月の満月の日に
なんとか開設できました。
新しいことを始めるなら
新月まで待ったほうがいいかな、と
少し迷ったけど、
長〜く愛されるお店、
の、7月9日、だから
ま、いいかって。


お店のページを作るために
島を出たときに辞めたフェイスブックを復活した。


なぜ3年前にいきなりフェイスブックを辞めたのか問題について語り出すと、
あっという間に朝になるからやめときます。
陳腐なりに、地味に葛藤がありまして。


久しぶりにメッセージをやり取りした友達。
いろいろな人生が
私の知らないところで動いてた。


フェイスブックはあくまでバイト先のページ作って、
今より2倍、お客さんを増やすことが目的で。


だから、個人的な投稿は、
あまりたくさんの人が見てないから
気軽に書けるブログだけにします。
シェフには見られたくないから
絶対にリンクもしません(笑)。


だから本日、
フェイスブックでいきなり
いいね! のリクエストに
応えてくれた「友達」にありがとう。
いろいろ説明不足ですみません。
少しでも訪問者を増やしたくて必死だったから、速攻いいね! うれしかったです。

なんだなんだ、
陳腐が怪しい動きをしてるな〜、
間違えて同じ投稿を何度もしてるし!

いろいろ「?」はあると思います。

あと、フェイスブック復活で
久しぶりにやりとりしたライター仲間から

「ちんぷブログ、今も見てますよ〜。
元ライターとは思えない文章ですが(笑)」


‥‥‥と、毒舌ツッコミいただきました!


バリバリライター時代から今も
陳腐な旅人の書くブログは
あまり変化してないと思うんだけどね〜。
なんか落ちてます?
文章力とか構成力とか。
うーん、
そんなこと考えて毎回投稿してたら疲れちゃうサ〜(笑)。
ブログはブログ。
あまり訪問者がいないから、
なんでも自由にのびのび書けるからいいんです。

リア充報告のフェイスブックより、
いかに
リアルに不満足か?
を追求するブログでありたい(笑)。


写真はまたまた意味なく
本日のまかない。
レンズ豆のカレー♪
e0095194_22344613.jpeg





[PR]
by tinpunatabibito | 2017-07-14 21:58 | Comments(0)


新たな調理場へ♪

先日、稀勢の里に会った直後に受けた面接が
受かりました♪
時給もスハラシイ新規開店のお店、
「30人くらい応募が殺到してますが、
キッチン希望は少なかったから
前向きにお返事できるかと、、、」

面接では好感触だったけど、
結果を知るまでは
結構ドキドキしました。

新しいバイトは
カジュアル割烹の調理場。


「履歴書にうちの名前も出したんですか?」

先週、面接に行ったことを話したら、
ビストロBのシェフが言いました。

「頼みますよ!
一年以上うちでバイトしてるのにこの程度か〜なんて言われないように。
看板背負ってるつもりで」


はい、頑張ります♪


新しくオープンするお店の調理場で、
51歳ほぼ未経験の私が
働けることに感謝♪

未来のお店のために
学べることは
真夏のサハラ砂漠で飲む水のように
ごくごく吸収しますぞい♪

写真はまったく関係なく
今週のクロちゃん。
e0095194_05010176.jpeg

[PR]
by tinpunatabibito | 2017-07-13 04:42 | Comments(2)


赤じそ2倍‼︎

はじめての梅干しづくり。

安売りスーパーで
赤じそが1袋300g100円!
1袋で足りるかなと思ったけど、
安いから思いきりよく2袋
購入して、
塩もみしてたっぷりアク抜き。
たったいま、漬け込んだよ。
赤じそ入りの自家製梅干しのおにぎり、
どっか気持ちいい山の上で
秋に食べようっと。
e0095194_12272721.jpeg

[PR]
by tinpunatabibito | 2017-07-08 12:18 | Comments(0)


ルバーブタルトとジーマミー豆腐

金曜は朝からひとり料理教室。

先日、軽井沢で買ったルバーブは
「ルバーブタルト」に変身!
e0095194_12511266.jpeg

タルト生地が
ちょいと焦げすぎ。
なかなか完璧なタルトが焼けません。
人生は長い。
ばあちゃんになる頃にはきっと。


春の花見ツアーの高遠で買った
落花生は
ずっと作りたかった「ジーマミー豆腐」に。
なに〜、
どえらい簡単だがね〜〜(名古屋弁〕。
e0095194_12514026.jpeg


どちらも冷蔵庫でキンキンに冷やして
のちほど、まかないでいただきます♪
のんびり旅土産のまかない。
おいしいはずサ〜〜〜♪


後記

はじめてのジーマミー豆腐、
大失敗の残念な味でした(涙〕。
敗戦の反省会は
夜バイト帰りに改めて。





[PR]
by tinpunatabibito | 2017-07-07 12:32 | Comments(0)


ひとめ惚れ⁈

新しいバイトの面接に向かっていた
ほんの二時間前の出来事。

若くて小柄なお相撲さんが
新幹線の改札から出てきて、

あ、お相撲さんだ♪
名古屋場所はじまるからな〜〜、

そのお相撲さんに続いて
もうひとり、
今度はでっかいお相撲さん。


街でお相撲さん見かけると、
なんとなく得した気分で
つい顔を見ちゃうじゃないですか。
今日も無意識に見上げたら、、、


なんと‼︎

相撲女子じゃない私でも知っている
稀勢の里でしたーー‼︎


もうすぐ三回忌のチチが大ファンだったと
最近知ったのと、
横綱昇進をかけた場所で優勝したときの
涙にぐっときてたから。

追っかけて
一緒に写真を撮って欲しかったけど(笑)。
さすがにそこまで図々しくなれない。
すれ違ったのは一瞬だけど、
あの顔は間違いなく、稀勢の里だったと思う。


なんかねぇ、、、

むちゃくちゃカッコよかったんですよ。

もろタイプ♪


興奮してハハに電話したら、
「いいな〜!」と羨ましがってた。
へへへ♪
名古屋場所、
一生懸命に応援します!


横綱パワーでバイトの面接も
かなりの好感触☆
今は唐揚げ定食を食べて
(ひじきごはんと味噌汁はお代わりした)
ごっつぁんです!
窓から見える青空と観覧車です。
e0095194_15040994.jpeg

[PR]
by tinpunatabibito | 2017-07-06 14:38 | Comments(0)


碧のひとみ

小布施の山野草のお店で
何かひとつ、小さな鉢を買いたくて。
「名古屋でも育つ山野草はありますか」
「アジサイなら大丈夫ですよ」
我が家に連れ帰ったのは、
「常山アジサイ 碧のひとみ」。
水色の小さな花が咲くんだって。
来年になったら、
もっとたくさんの花が咲きますよ、って
いかにも山野草の店員さんらしいおじさまが
写真を見せながら説明してくれた。
蕾からして可愛いし、名前もステキ☆

帰宅してすぐお水をあげたら、
翌朝さっそく小さな碧が開いてた。
台風が去った朝、
さあさあ、今日のしし座は
最悪の運勢だけれどね、
碧のひとみパワーで乗り切ろう♪
e0095194_09125821.jpeg



[PR]
by tinpunatabibito | 2017-07-05 08:45 | Comments(0)


ウォークマンに転送♪

ビストロAでもBでも
開店前の仕込み中は
自分のウォークマンに入ってる音楽を
全曲シャッフルで聴いている。

いったい何曲入ってるかわからない。
シャッフルにして流してると、
えっ、これ誰?
って、初めて聴くような曲もある。
いつもおなじみの歌も
絶妙なタイミングで流れると、
ラジオから好きな歌が流れた瞬間みたいに
新鮮なときめきがあるから楽しい。

この間はRCサクセションの「スローバラード」が流れてるとき、
フロアの掃除してたNちゃんが
「この曲、好きです」と言ったから、
「素晴らしい! Nちゃんは若いのに
なかなかいい耳を持ってる!」と大喜び。
横で私のリアクションを見ていたシェフが
「うれしそうですね〜!」とやや呆れてた。
だっ
キヨシローを知らないハタチのお嬢さんが、
私がウォークマンに入れた古今東西の曲のなかから、
単純に「この曲、好きです」と言ってくれたことが、なんかうれしくて。
時代を超えて聴き継がれていく曲って
そういうことだよね。

パンクロックでもジャズでも昭和歌謡曲でも
好きなものは好き.。
いま聴きたい曲を手当たり次第入れてる。

おととい、10枚1000円でレンタルしたなかの
いまどきな一枚がこちら。
内山田洋とクールファイブ!

e0095194_22580220.jpeg

ある作家が
日本でいちばん歌が上手い、
そんなこと書いていたのは
前川清。
私もオートバイで北海道を旅していた
まだ20代のころ。
道東あたりの寂れたラーメン屋の有線から
ふいに前川清の歌声が流れてきて。
しみるな〜〜〜と思ったことがある。
いま、二度目の読書中の
「蜜蜂と遠雷」のなかに
「東京砂漠」を歌えるイギリス人が登場するのを読んで、
無性に聴きたくなって。

改めて聴くと
やっぱりいい。

日本のブルースが歌える前川さんには
もっともっと
いろんなジャンルの歌を歌ってほしい。
そう思うのは
私だけ、なんでしょうか?

[PR]
by tinpunatabibito | 2017-07-03 21:38 | Comments(2)


小布施の野菜で。

草津温泉バスツアーの2日目に立ち寄った、
地元の農作物が並んだお店。
小布施は前に鉄道輪子の取材で
さんざんぐるぐる走ってるから
観光はどっちでもよくて、
ハハと別行動の1時間。
そうだ、明日のまかないの食材を
ここで買っちゃおうと、
スマホの電卓片手に物色。

いちばん最初に飛び込んできたのが
くらかけ豆.。
馬に鞍が掛かったみたいな豆模様から
こんな名前になったようで、
別名はパンダ豆らしい。
ひと袋300円!
安いねー♪
e0095194_22005423.jpeg
他にも、
花ズッキーニとか、あれこれ買いまして
しめて1050円!
地元の中学生男子が
たまたま社会体験で店番してて、
何度も電卓叩いてました(笑)。

旅から帰って金曜のまかないは、

くらかけ豆の炊き込みごはん
花ズッキーニのベニエ
丸ごとズッキーニのグラタン
しめじのナムル
桃太郎トマトと紫キャベツのマリネ
しめじの味噌汁

ひとりあたり250円と少しで、
まんぷくごはんできました♪

メニューありき、より、
素材ありきで
とんなおいしいものを作ろうか?
それを模索するのが
楽しいな、と
改めて気づいた旅の醍醐味。

くらかけ豆、
長野でしか手に入らないけど。
この豆はいやはや凄い.。
「重量感ハンパないですね!」
と、元給食番長も降参の、
ひと袋300円とは思えない
まんぷく感をいただきました。
旅先で買った食材を
おいしくすべて使い切ること。
新たな課題をみつけました。
e0095194_22204796.jpeg

[PR]
by tinpunatabibito | 2017-07-02 21:51 | Comments(0)

    

いつかどこかで「陳腐な食堂」開店予定の、51歳キッチン見習いの雑記。
by tinpunatabibito
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧