陳腐な旅人日記


<   2016年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧



趣味は献血♪

「献血が趣味なんです!!」

この間、バイト先で熱く語ったら笑われた。


これは受け狙いとかじゃなくてね~、

生粋の献血好きなんです。


元来、血の気が多いので、
たまに血を抜いたほうが、
なんとなく落ち着くというか、、、


あと、ちんぷ的には
名古屋で好きな場所BEST5に当確っていうくらい
名古屋駅の「献血ルームタワーズ20」が好きでして。

人だらけの駅で重い荷物持ってグッタリ、
でも喫茶店に入りたいほどじゃない。
そんなとき、
タワーズの20階まで上って、
無料のロッカーに荷物を入れて、
献血カードを出して問診して血圧はかって採血して。

大抵はこの採血をした結果が

「ごめんなさい。今日は献血できる数値に達してないですねぇ」

と、言われてスゴスゴ帰ってくるパターンなんですけど。

前にも書いたように
私は毎日、快眠快食快便、
ほんと、健康そのものなのに、
ヘモグロビンの量が少ない、
つまり、貧血でして。
ハハにも
「そんなに野菜も肉も魚も食べてるのになんで?」
と不思議がられてるけど、
日常生活ではなにも困ってないし、
単純に
「本人はしたいのになかなか献血できない」だけ。
毎回断られると多少へこむので、
最近は意識してほうれん草食べたり、
鉄分補給のジュースを飲んだりして
「いつでも献血できるヒト」を目指している。


今日はバイトが16時で終わったので、
(このまままっすぐ帰らず、どっか寄りたいなぁ、、、
そうだ! 献血行こう♪)
・・・・てな感じで、いそいそとタワーズへ上ったわけで。
まったく、「趣味は献血♪」なんですな~。


今日はなんと♪

今年3月に献血して以来、
たしか3度ばかし「貧血」で断られた末の4回めの挑戦で、
久しぶりに成分献血ができた。

献血中はベッドに寝転がって好きなDVDも観れる。

前に映画館で観たけど、もう一回見直したいから
今日は『駆け込み女と駆け出し男』を観てた。
そしたら、あと少しで
満島ひかりと戸田恵梨香が駆け込むぞ~って場面で献血終了☆
担当の女性スタッフが
「すみませんねぇ、これから駆け込むってときに」
と申し訳なさそうに言ってくれた。


献血をすると、
献血ルームの自販機でしか使えないコインがもらえる。
キットカットとか菓子パンとかいろいろ選べるけど、
私はいつも晩酌のつまみ用に
ミックスナッツをもらう。

献血直後はのんびりしたほうがいいので、
雑誌見ながらコーヒータイム。
名古屋駅でも
こんなに眺望がよくてゆったり広くて
おまけにお茶もお菓子もタダ♪
・・・・・なんて場所はありません。


しばらくしたらジブンの番号が呼ばれて、
男性スタッフが記念品のサランラップを手渡してくれた。

「あと、ちんぷさん、
今日で献血回数10回なので、
こちらもプレゼントです」

なんかステキな箱に入ったものをいただいた。


なにかななにかなはやくみたいな、、、

うちへ帰ってさっそくあけたら、

e0095194_20344597.jpg

e0095194_2035499.jpg


こ~んなステキなグラスでした。
e0095194_2034990.jpg



「作者プロフィール」を見ると、
皇居新宮殿にシャンデリア他、
帝国ホテルロビーに光壁、他
東京都庁舎に彫刻「澪」
東京都現代美術館に彫刻「相」・・・・・・等々、
すごい経歴の造形作家・多田美波さん、
作家もののグラスなんて
最近とんと縁がないもので
こんなステキなものがいただけるんなら、
こんな血でよかったらいくらでもどうぞどうぞ・・・って思っちゃう。
(江戸時代に生まれていたら、
間違いなく、血を売って日銭を稼ぐタイプ)


こういう姿勢が
正しい「社会貢献」なのかはわからないし、
もしかしたら、
「不謹慎だッ!」って炎上しちゃうのかもしれないけど、
私は単純に献血が好きです。


街の雑踏で、プラカード掲げたヒトが
「本日、A型の血液が不足していまーーす」

なんて叫んでいると、
「いかなくちゃっ!」って思うもんね。


あんまり役に立たないワタシでも、
とりあえず、血でよかったらいくらでも、、、って
ほんと、そう思うよ。
[PR]
by tinpunatabibito | 2016-06-29 20:35 | Comments(0)


人に笑われてきた歴史、

「僕は子どもの頃から
人に笑われてきたことを
常に達成してきているという自負はある。

たとえば、小学生のころに毎日野球の練習をして
近所の人から
「あいつ、プロ野球選手にでもなるのか?」って
いつも笑われていた。

悔しい思いもしましたけど、
プロ野球選手にもなった。
そして何年かやって日本で首位打者をとって。

今度アメリカに行くときに、首位打者になってみたい。
そんなときもやっぱり笑われた。
でも、それも2回達成した。

常に人に笑われてきた歴史、悔しい歴史が僕の中にある。

これからもそれをクリアしていきたい
という思いはもちろんあります」



日米通産4257安打を達成したイチローの言葉、
(あえて記者会見そのままで・・・)


シビレます。



50歳でも現役バリバリの野球選手でいたい。

いまイチローがそう言ったとしても
誰ももう笑わないと思いますけど、、、

見ていたいな、

ずっと道を進んでいくイチローを。


昨日はお休みだったので、
「二ツ星の料理人」という映画を観て来ました。

「三ツ星をとって世界一になる」と誓って、
疾走するシェフの物語、
詳しくは・・・・・まぁ観てくださいな。


わたしもこれから
三ツ星の料理人をめざします!!!

な~んてね、
少年イチローみたいに笑われるどころか
ビールぶっかけられそうな宣言は
さすがのわたしもしません。
身の程を知ることも、
夢を見るのとおなじくらい大切なことだから。


でも、、、

「ちんぷ食堂」はいつかどこかで
必ず開店します!


イチローが素振り1万回やるなら、
わたしは玉ねぎ1万個切って
前へ進むだけ、
ただ、それだけ。
[PR]
by tinpunatabibito | 2016-06-17 11:20 | Comments(0)


これからも・・・GRデジタル

かれこれ10年近く
「GRデジタル」を愛用している。


私(=ちっちゃな頃から粗忽者)ほど、
この繊細なカメラに向いていないヤツはいないのに、
見ための重厚感、
写真の撮りやすさ、
撮れた写真のスバラシサ(※テクニックはさておき)
なんか愛着があって
ずっと一緒にいたいモノなんですね。


しか~~~し。

愛着があって
ずっと大切に使いたい気持ちは強くても、、、


砂を噛んだり、
落っことしたり。

しょっちゅう壊してしまうわけで。


知人のGRデジタル愛用者は
最初に買った初代をずっと愛用しているのに、
私ときたら、
今の「GRデジタルⅣ」で3代目? 4代目?

働けど働けどわが暮らしラクにならざる理由は
「ジブンが粗忽者だから。」
・・・・・ほんと、そこに尽きるのです。


数ヶ月前も仕事先で二度も落下☆

以後、ピントがまったく合わなくなって
しばらく放置していたのを
ちょっと前に修理に出した。

今のカメラはトカラでネット購入、
ジブンの粗忽さを重々承知しているから
5年間落下補償にも入っていた(と思う)けど、
引越しのドサクサで書類残ってないし、、、


見積もりを聞いたら9000円くらいだったから、
お願いします! と修理依頼を即答。
で、1週間もしたら元気になって帰ってきた。


おーし!
最近ブログもまったく写真のっけてないし、
これからはおいしくできた料理やケーキも
じゃんじゃん撮ってのっけるぞ~~~
と、思ったつかの間、、、

今度は
カメラが入ったザックごと落っことした(!!!)。


ザックの中だったから大丈夫かな、、、と少し期待したけど、

ぼ・やぁ・・・・・・・・・・

やっぱ、ピント合わなくなっちゃった(涙)。


「修理から帰ってきたばかりのカメラを
また落っことしてしまいました、、、」

手紙を添えてリコーの修理窓口に送ったら、、、


「今度はレンズ交換になるので、
修理代は2万1800円です」

がーーーーん!

今のバイト生活で換算すると、
「4~5日間くらいただ働き」する修理代だぁ!

さすがに少し考えよう、、、と修理依頼を保留☆

「価格ドットコム」かアマゾンさん(中古)で
同機種の掘り出し物があったら
そっちに乗り換えよう・・・・な~んて思っていたけれど、、、

中古でも修理代のほうが微妙に安いことが判明。


そんなわけで、
ただいま、カメラ再修理中です。


「あんたはほんと、
そういう無駄遣いばっかり!」

ハハには呆れられたけど、

どんなに身銭を払っても
修理すれば治るカメラでよかった・・・・って思った。

例えばこれが、

たまたま抱っこさせてもらったトモダチの赤ちゃんだったら、、、
と思うとぞっとする。

何度も落っことしちゃったGRには申し訳ないけれど、
そういう、
「取り返しのつかないことを絶対しないようにする」ための
今回は痛い出費なんだって
前向きに考えることにした。


いま調理場でも
「粗忽者」なうえに
「慌てるとすぐテンぱってしまう」性格ゆえに
包丁で指を切ったり、
鍋をひっくり返したり、
しょっちゅう修羅場を作っていて、
このままじゃいけない、
料理人を目指す以上、
私はもう、
「粗忽者」を卒業しなくちゃいけないんだ、、、

って、骨身にしみてるわけです。
(だって包丁で切ると痛いし☆)


大切なのは
宮本武蔵の「観の目と見の目」。

シェフにいつも言われてます。


生産中止のGRデジタルを
これからもずっと愛用したいから。
そして、
どんなときもクールに調理できる料理人になりたいから。


「粗忽者ですいませ~ん」なんてヘラヘラ笑っていた
陳腐な旅人よ、さようなら。

ワタシハ、カワル。
カワル、ト、オモエバ、カワレルノサw



次回のブログでは
修理から帰ってきた愛機で
最近の日々を撮りまくりの
「復活! GRまつり」といきますぞい♪
[PR]
by tinpunatabibito | 2016-06-16 00:28 | Comments(0)


いつかはプロフェッショナル☆

名古屋のテレビ局やタウン誌から取材依頼が来ても
すべて断っているビストロBのシェフ。

そんなシェフの夢は
NHK「プロフェッショナル~仕事の流儀~」に出ること(笑)。



「じゃあ、出演することになったバアイ、
何を語るんですか」

昨日、後片付けをしながら聞いたら、
シェフは言った。


※ナレーション橋本さとしふうに、、、
「ホンダ(仮名:シェフの苗字)は
今日も店のオープン前の日課、ランニングに出た。」

「シェフ! 今日はどこまで走るんですか!?」 ※NHK取材スタッフの声らしいw

ナレーション・・・「ホンダは振り返らず、走り去った・・・・」


ほんとは、徒歩30秒のコンビニにもクルマで行くのにwww


シェフの妄想は止まらなくなるわけで、、、


「○月△日 ホンダは長野の○○村にいた。
店で使う野菜を取り寄せている生産者の○○さんの畑だ。
ホンダは畑で採れた土だらけの野菜をかじった。
そのとき、ホンダの脳裏に新しいメニューが浮かんだ。。。」

(「ウソばっかじゃないですかー!
近所のスーパーXで毎週買ってるのよく見ます! ってNHKに投書しますよ~!」と私)



シェフも私もいったんハマルと止まらなくなるタチなので、
厨房は
えんえんと「なんちゃってプロフェッショナル」状態。
営業中はビストロっぽくシックな音楽をかけてるけど、
営業後はどっちも好きなブルーハーツが大音量でエンドレス。
さっさと後片付け終えたら、
グラスでお願いします、、、と言われた注文を
私が勘違いしてボトルをあけちゃったために残ったスパークリングワインを飲みながら
シェフ特製のまかない(今夜は極旨ポトフ)をいただきながらゴクゴク、、、

か~な~り酔っ払って、
ゴキゲン千鳥足で帰りました。

いろいろあるけど、
今はこんな感じで
週末は毎晩笑い転げてます。


私が笑う以上に
目の前のヒトにもっと笑っててほしい。
そう思えるヒトたちと働ける今に
心から感謝、です☆


みなさん、食べに来てね♪
[PR]
by tinpunatabibito | 2016-06-12 20:54 | Comments(0)


やのさん。

出会いは西の温泉。

この島に移住しようか決めるために
ひとりで来たんです、って話したら、
風呂上がりに
うちでごはん食べてきなさいって誘ってくれたんだ。
おいしかったなぁ、
あの夜のやのさんの手料理。
トカラの島でできた、はじめてのトモダチ。

島へ移住してからもずっと、
やのさんは私のトモダチだった。

年の差20歳以上、
年齢的にもジンセイ経験的にも大先輩の「えみネエ」を
「トモダチ」というなんて失礼だって、
あるとき誰かに注意されたけれど。

私の中で40歳以上年下のアヤトとおんなじくらい、
やのさんは大切なトモダチ。
ほんの一瞬でも
ほんとうはぜんぜん片思いなのかもしれなくても
楽しいなっていうキモチや
哀しいなっていうキモチを
一緒に分かち合ったヒト。
そして、
どんなときも変わらずにずっと
ダメな私を見守ってくれていた。


「やのさ~~~ん!
大名だけのこ食べたい♪ 待ってるよ~~~♪」

電話で言ったら

「待っててね~~~♪」って。


まだかなまだかなたけのこまだかな。


来ましたたけのこ!

やのさんがあの軽ワゴンで
あっちこっちの山を走り回って採って、
あのきれいな花が咲き乱れる庭でせっせと皮をむいて
でっかい鍋で次から次に水煮して
高尾の開発センターの調理室を1時間300円(・・・だっらかな?)で借りて
売り物とおんなじようにきれいに密閉した
トカラ名物「大名たけのこ」が
ドドーーーーンと7袋も!

あぁ、トモダチに遠慮は禁物と思って
「待ってるよ~~~♪」なんて図々しくいっちゃったせいで
やのさんにムリさせちゃったなぁ、
これだけたくさんのタケノコを
70代のやのさんが
せっせとひとりで採って加工してくれた、
いちおう、島暮らしを2年半経験して
その大変さがよくわかるので、

ありがとう、、、

ほんと、しみじみそう思えました。


ほかにも
島の田芋、とびうお、切干大根、よもぎ団子、、、
島から届いたダンボールには
やのさんが一生懸命手作りした、
トカラのおいしいものがいっぱい詰まっていた。


「早く島へ遊びにきたらいいよ。
お母さんと一緒に」


うん、行きたいよ。

やのさんちでまたごはん食べたいし、
島の夕焼けも見たいよ。


でも、今は「こっちの世界」でがんばりどきだから。

いつもココロに
あの海や空や雲ややのさんを思いながら

道はぐるぐる、
目指した道とぜんぜん違ってるように見えるかもしれないけど、
ほんとはあれもこれもぜんぶおなじ、
まっすぐな一本道をただひたすら歩く(走る)しか
能がないやつだからさ、って思うよ。

自分勝手にぶちっと切ってしまった島との縁を
細々と温かくつなげてくれるやのさん、
いつもありがとう。

たけのこ、おいしかった~。

やっぱ、これを食べないと夏がはじまらないね。
[PR]
by tinpunatabibito | 2016-06-08 20:33 | Comments(0)


みんなが同時に。

ジブンが傷つくのは慣れっこなので
落ち込んでも何日(ときには何十、何百日、、、)か経てば
きっと必ず立ち上がる。

これはもう、
過去に大波では3度ほどボキッ☆(バキバキッ!)っと
心が折れて迷走しまくった経験上、
(そうか、これはもう、こういう性分なんだな、、、)と
「今さらながら。。。」
ようやくジブンを認識したゆえの
悟りの境地といいますか、
前向きなあきらめといいますか、
今は「どんな矢でも刺さってこいやー!」的な
ある意味、習慣的に染み付いたMっ気が
苦行すら「カイカン♪」に感じる部分があるわけで。


しかし、、、

調子に乗ってしまうと、
うっかり落とし穴があるのはいつものことで。

ジブンが傷つくのはほんと、どうでもいいんだけど、
ジブンの言動が
大切な誰かを傷つけるのはいやだな。


きれいごとかもしれない。

嘘はつきたくない。

だから、

あえてメールも手紙も出さないけれど。



タフにクールに、、、

生き延びてね。

4半世紀以上、トモダチだったから、

死ぬのはもっと老いぼれてからでいいじゃん。


私は108歳まで生きるって決めたよ。

一緒に長い旅をしよう。

もっといっぱい歌って笑おうぜ♪
[PR]
by tinpunatabibito | 2016-06-03 01:05 | Comments(1)


今さらながら。。。

聴きたい曲のLIVEが見たいときにすぐ観られる。

youtubeって、、、、、、、、、

ほんとうにいいもんですねぇ、、、








追伸1:

でも、今日見たかったのは
ホントは「さよならビリー・ザ・キッド」なのでした、、、

いま、私の中で「第二次マーシーブーム」爆発中☆




追伸2:

そして今さらながら。。。

「youtube画像をブログに貼り付ける」ことが
できなくなってしまった(涙)、、、

前はしょっちゅうやっていたのになぁ、、、




追伸3:

さらにさらに
今さらながら。。。

「youtubeのライブ音源をウォークマンに転送する」方法も
すっかり忘れてしまった(涙)、、、

あれもこれも転送したいぜ

NO MUSIC NO LIFE!
[PR]
by tinpunatabibito | 2016-06-01 19:52 | Comments(0)

    

いつかどこか「陳腐な食堂」開店予定の、52歳キッチン見習いの雑記。
by tinpunatabibito
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧