陳腐な旅人日記


<   2016年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧



ライター→農業(見習い)→ビストロ(見習い)。

私の中では職業がなんだとしてもどうでもいいんだ。
ぶっちゃけていっちゃうとね。


いちばん大切なのは
その仕事に対して
どれだけ本気で向き合えるか、
ギラギラ☆わくわく☆
熱いエネルギーを放出できる(したい)場所なのか。

(※できる、できないという能力の問題も大事だけど、
まずは「情熱」を長期維持できるくらい
その仕事に夢中になれるか、
がいちばんじゃないかと、、、)


ただ、それだけなんです。

そういう、
世間的には面倒くさいこだわりを
わかっていてくれる、
というか、
たぶん彼も世間的には面倒くさい輩、
な人と、
時給900円(から1か月で950円にアップ♪)な店で
深夜のまかないをいただきながら、
熱く語り合ってしまって、午前3時。

私が
「泣きたくなりました。。。。」と話したら、
「泣きたいのは僕のほうですよ!」とシェフ。

ライター業界にうん十年いて
熱い(暑苦しい?)ヒトはたくさん見てきたけれど。。。

どの業界もおんなじなんです。

言葉が通じるヒト、
何時間話していても話したりないヒト。
そのヒトが必死で闘っているから
私も「今の自分」にできることすべて
全力で出し切ろう、、、

そういうキモチにさせてくれるヒトはいるわけで。


私のスタンスはいつも変わらない。

熱いパッションを持った
(というか、直球でぶつけてくれる)ヒトには
同じ熱量でボールを返したい。

ただ、それだけ。

いま会いたい懐かしいトモ
(いろんな顔が浮かびます。。。)に
訪れてほしい店はひとつだけ。
ほ~んと、不器用だけど熱いシェフがいる
「ビストロB」、
そこで懐かしいトモとシェフが
どんな会話をするのかなぁ、、、って
妄想してる土曜(いや日曜か)の夜明け前。


「昔」、、、
それが「ライター時代」なのか、
「農業(見習い)時代」なのか、
もう正直どうでもいいんですけど、、、

「昔の私」を好ましく思ってくれたヒトたちを
がっかりさせないくらい、
けっこう熱い日々を楽しんでいる陳腐なのです。


このエネルギーを、、、

どうやって放出するべきか、

そこが今の考えどころ。



《何より大切なのは、
人生を楽しむこと。
幸せを感じること。
それだけです》


by オードリー・ヘップバーン
[PR]
by tinpunatabibito | 2016-05-29 03:31 | Comments(0)


お坊さんとビストロ

海の日に旅立ったチチの月命日は20日。
ずっと無宗教で、
子供のお宮参りとか七五三とかもスルーしていたのに
「一周忌が終わるまではやっぱり・・・」と、
ハハは毎月、お坊さんに来てもらって
チチへのお経を唱えてもらっている。

今月20日は私もバイトが午後からだったので
午前中はうちにいた。
ちょうどこのブログを更新した直後、

ピンポーーーーン☆

お坊さんがやって来た。


チチのお葬式、四十九日も
同じお坊さんだったし、
何度か月命日で会っているので、
すっかり顔見知りのお坊さん。

お坊さんという存在は
ジブンよりもずーーーーっと年上、、、
って意識があったけど、
そのお坊さんはたぶん私と同年代、
もしかしたら私よりも若い?
ってなカンジの人でして。

このお坊さん、
とっても低音ビブラートな美声で、
お経を聴いていてもなかなか心地いい。
ハハといつも、
「おばあさん(ハハのハハ、私の祖母)ちのお坊さんは
ダミ声でへったくそなお経だったけど、
あのお坊さんはホント、いい声だよね~~~」
と話している。


その日も低音ビブラートなお経を堪能(?)したあと、
ハハはお坊さんに出すお茶の用意に台所へ行った。

お坊さんとふたり、
間が持たないので、
「お忙しいですか?」
陳腐な質問をしてお茶を濁す。

「ぼちぼち、ですね~」

お坊さんも間を持たせるために
「お忙しいですか?」
陳腐な質問返しをされるわけでして。


「いまバイト、掛け持ち始めたからけっこう忙しいです」

「ひとつはあのビルのあそこでしょ?」

「はい、そうです」

「で、もうひとつは?」

「○○区のビストロなんですけど、、、」

「え~、○○区のなんていうビストロ?」

「ビストロ△□☆です」

「えーーー!? □△☆ーーー!?」


ななななんと!

お坊さんは私が毎週金土日に通っている
ビストロBの常連さんでした!

「今年に入ってからだけで3回は行ってますよ~。
あそこの鴨がおいしくて」

「ワインも飲んだりするんですか~?」

「ああもう、ガンガン飲んでますよ~!」


ううむ、、、
いまどきのお坊さんは
ビストロでワインをガンガン飲むのですねぇ、、、


さっそく、その日のバイトでシェフに報告したら。

「これは経験上思うんですが。
お坊さんは酒の席で見ないほうがいいですよ。
お坊さんって大抵、酒好きの女好きで、、、
ほんと、すごいですから」


あと2か月でチチの一周忌なんですけど、、、

それまで私の勤務日には
なるべくお坊さんが来ないことを南無阿弥陀仏。

チーン!
[PR]
by tinpunatabibito | 2016-05-23 20:47 | Comments(0)


今朝の言葉。

宝は足もとにある、
掘り続けろ



「人間には向上心があるから、
今よりももっとすごいことを探してしまいがち。
でも、新しいことは
“普通”のことを突き詰めた先に生まれる」

by 中道 博
[PR]
by tinpunatabibito | 2016-05-20 10:01 | Comments(0)


2065年夏の新聞より☆

《100歳のお婆ちゃんシェフ、
今日も笑顔でビストロ開店!》


そのビストロの名前、所在地はあえて触れない。
わずか2坪、
カウンター8席だけの小さなお店で
女性がひとりで切り盛りしているため、
口コミで来たお客さんしか対応できないからだ。

シェフのちんぷさん(仮名)は今年8月で100歳になる女性。
前歯は4本も入れ歯(編集注:これは40代の自転車事故が原因で、
老齢のためではないとか)で、顔もシワクチャのお婆ちゃんだが、
いまだ現役バリバリ、
昨年はお店を通常営業するかたわらで
某鍋メーカーの「新メニュー開発コンクール」に応募し、見事優勝した。

毎朝6時には起きて、近所をのんびり1時間散歩。
買い出しや仕込み、ランチ営業を終えたあと、
録画した朝ドラを見ながら、ひとりまかないを食べ、
ときにはこっそり昼酒も楽しむ。
2階の自宅で昼寝してスッキリしてから、
ディナーの準備に取り掛かる。

「こんな小さなビストロですから、
仕込みの量もしれてるんですけど(笑)。
店の裏で小さな畑もやっているから、
そこでハーブや野菜を摘んで、
今日はこれでどんなおいしいものをつくろうか
あれこれ考えている時間も楽しいんですよ」

ちんぷさんはこの道80年のベテランシェフ・・・・・
かと思いきや、
「いえいえ、とんでもない!
私は料理修業を始めたのが50歳と遅かったので、
まだまだ50年ぽっちしか経験がなくて。
若い頃からとっても不器用で
おまけに粗忽者なので、
いまだに包丁で手を切ったり、
スープを焦がしちゃったりなんてしょっちゅうですよ(笑)」

掃除も大の苦手らしいが、
ちんぷさんのビストロは、
開店から45年を経た今も、
「このお店、最近オープンしたんですか?」と
聞かれることが多い。
楢の一枚板のカウンターはいつもつやつや、
グラスもお皿も鍋もカトラリーも
漫画のキラキラ星を描きたいくらい輝いている。

「それは師匠がそういう人でしたから、、、
私がそのお店でアルバイトを始めた当初、
厨房で教わったんです。
『ちんぷさん、おいしい料理を作る基本はですね、
ひとつの料理を作ったら、その場ですぐ後片付けすること。
次の料理を速く作りたいときは
後でまとめてやればいいか、なんて思いがちだけど、
それだと結局、いろんな道具や食材が散乱して、
結果、料理の味にだって影響するんです』って・・・・・。

あの頃は教わることだらけで、
バイトしていても、
10代に戻って学校に通っている気分で
ほんと楽しかったですねぇ」




ーーーーーーうう~ん、こういう話なら、
エンドレスで書けますね。

夢は語らないけど、
小説(もどき)ならいいかと。

ちんぷな夢物語におつきあい、
ありがとうございました♪

「つづきを読みたい!!!」というコメントが殺到したら、
続編書きます。
さいきん、このブログ、
一日数人しかお客さん来ないっすけどねw
[PR]
by tinpunatabibito | 2016-05-10 12:10 | Comments(2)

    

いつかどこかで「陳腐な食堂」開店予定の、51歳キッチン見習いの雑記。
by tinpunatabibito
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧