陳腐な旅人日記


<   2009年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧



泣かなかったよ。お疲れさま。

仕事仲間の訃報を聞いた。

電話で伝えてくれた人は泣いていた。
つい先週、彼女とたまたま、一緒の電車で帰り、
彼の病状について話をしたばかりだった。
亡くなったのはその数日前だったそうだ。
寂しがり屋の彼のことだから、
「オレのこと話題にしてくれないか?」と
空の上で大騒ぎしていたに違いない。


私は電話を切っても泣かなかった。

この世界で生きることがあまりにもしんどいなら
ラクになりたい人はなったほうがいいと思うから。
生きていることも
死んでしまうことも
実はそんなに大差はなくて。
そこで動く姿・かたちが肉眼で見えるか見えないかの
違いでしかないんじゃないか。
死んでからのほうが
よりつながれるヒトもいるんじゃないの、って。

こう思うのは、
泣かない、冷たいジブンをやましいと思うからなんだろう。


かつて、いっぱいいい時間を共有した彼に
私は最近、冷たかった。
やさしくしきれてなかった。
キヨシローのお葬式のときも
「一緒に行こう」とメールもらったのに
「友達と行くから」とむげに断ってしまった。


8月、最後にもらったメールを読み返す。

退院できるそうでよかったよ!
心配したよ。
ひとまず安心だね!
養生してくださいませ。
人生は長い!
ゆっくりね!
お互いに!


・・・・・嘘つきじゃないか!
何が人生は長い! だよーーー。


一緒に連載の仕事をしていたころは
毎月、彼のクルマで某所へ取材に出かけた。
最寄りのサービスエリアで朝ごはんを食べるんだけど、
そこに「味噌かつ定食」があって、
私はいつもそれを食べた。
だって、胃がとことんタフで、味噌かつ好きな名古屋人だから。

「朝っぱらからよく味噌かつなんて食えるな~、あづみちゃん!」
と言いながら、ときどき彼も真似して食べていた。

私のことを「ちゃん」づけで呼んでくれる、
貴重な人がいなくなって寂しいよ。

もう一度、あのサービスエリアで
一緒に味噌かつ定食食べたいね。
食後はクルマ走らせながら里山の景色見て
キヨシローの「高齢化社会」とかをさんざん聴いたよね。


泣かなかったし、たぶん、この先も泣かない。
バッキャーロー、嘘つき! ってずっと腹立ててるよ。
空の上でキヨシローに会ったぜ~って
ハイテンションで電話してこなくっていいからね・・・・

いつか、向こうで飲もう。
とりあえず、お疲れさま!
[PR]
by tinpunatabibito | 2009-09-30 02:03 | Comments(2)


輪子のヒミツ

前回は病室で受け取った「BICYCLE NAVI」。
今度は、ちんぷ荘の郵便ポストから、
しっかとジブンの手で受け取りました♪
e0095194_0104679.jpg


表紙の岡田くん、美しすぎます。
前号の表紙のあの方とギャップありすぎ(笑)。
中のページにも
「これでもかっ!」というくらい、
岡田くんグラビアがあってびっくり。
自転車雑誌のコア読者は
圧倒的に男子だと思っていたら
いまどき大間違いなのかな・・・?
(それとも、男子たちよ、岡田くんみたいに
なりなさい・・・ということ・・・・?)

前にテレビ誌のカコミ取材で会った岡田くんは
吸い込まれそうな瞳をしていて(・・・あぁ、陳腐!)
ラジオでも聞き慣れたうるわしの低音ボイス。
クライミングジムに行くのが好きだと話してくれて、
この人はアウトドアもはまるタイプだな~、
一度じっくりインタビューできたらなぁ~、と思った。

しかし、信号待ちしてるときに
岡田くんみたいな自転車乗りを見たら、
ちゃりストーカーになっちゃいそう。
自転車乗る男子は、チュートの福ちゃんぐらいが
なんとなく居心地いい気がします。
いえ、深い意味はまったくないんだけどね。


146~147ページを開くと・・・
お~! 生きてたか、鉄道輪子ちゃん♪
e0095194_0101891.jpg



っていうか、もう、
サイクリング復帰!?

・・・・いえいえ、
私はまだ自転車には乗ってないです。
(ラジオ体操で両手を振り上げることはもうできます・・・)

この連載の第1回のとき、青春18きっぷで旅をして。
その残りがあと2回分残っていて、
使わないのはモッタイナイなぁ、と4月に旅をした。

そう、あのときの旅 なんです。
(他の人にはナイショだよぉ~♪)

ちなみに、このとき泊まった民宿のおかみさんが
ブログ に私のことを書いてくれてます。
なかなか楽しい旅だったので
「べつに仕事にならなくてもいっか~」と思っていたんだけど。
あんなこんなの状況下で
岡田くんと同じ雑誌に載ることができました。

退院後、はじめて入稿して
はじめて印刷物になった文章です。
新入りライターの頃みたいに
「お~! 載ってる載ってる! 名前入りだ!」と思いましたよ。
そして、きれいな海の前に停めた「空」の写真に
「この頃に帰りたいな・・・」とちょっと思った。


カンケーないけど、
自転車乗りならみんな知っている、
自転車好きなあのヒトが総裁になりましたね。
ヤビツ峠を走ったとき、宿のおじさんが、
「自転車で来て泊まっていったよ」と話していた。
ちょっと前だったら、
「これでニッポンの道も走りやすくなるか?」
な~んて思ったかもしれないけれど。
総裁になっても野党・・・・ってなんか切ないね~。

「自転車好きな政治家 自民党×民主党」いう
記事をつくれるか前に話したことがあるんだけど、
いろいろリサーチしてみたら、
現総裁に匹敵するような自転車乗りが
民主党にはいなかったためにボツになった。
誰か乗りませんかね~、友愛の精神で。
[PR]
by tinpunatabibito | 2009-09-29 00:50 | Comments(2)


女子4人の「お気楽キャンプ」

連休最後の2日間、
「女子ふたりのお気楽キャンプ、デビュー戦♪」
という記事の取材で某キャンプ場へ。

モデルさんは、
私のトモダチでキャンプがはじめての愛さん と、
カメラマンK子さんのトモダチで
キャンプ経験は「朝霧ジャム」のみ、というかなちゃん。
愛さんとK子さんは前にも会ったことあるけど、
かなちゃんと愛さんと私は初対面という
不思議な女子4人で、「チームお気楽」を結成。
じっさいに4人でひとつ屋根のテントで眠ることに。

「私でいいんでしょうか・・・」と不安そうな愛さん&かなちゃんに、
「高速バス+路線バスで行くし、
現地で全部レンタルするお気楽キャンプだから
ま~ったく心配なし!
のんびり・まったり過ごしましょ~!」
とお気楽メールをしつつ、いざ出発。


しかし。。。

フタをあければ、「キャンプ歴20年」
「アウトドア雑誌記者歴14年」でも
旅人のはいつも小さなテントだからね・・・。

レンタルした大型テントやタープの立て方がわからん、
ツーバーナーの使い方がわからん。
設営に手間取っている間に雨が降ってくる・・・・と、
ハプニング女王がセッティングしたばっかりに
「お気楽キャンプ」のはずが、あらあらあらと、
サバイバルキャンプっぽくなってきて・・・・。

炊事場の帰りにキャンプ場内の森で道に迷いつつ、
「疲れた・・・もう眠い・・・」と言いだす愛さん。
かなちゃんも、ストレス? でじんましんが出ちゃった。
K子さんがカメラを向けてもふたりの表情はかたく、
おまけに雨はじゃんじゃん降ってくる。
周りのキャンパーが食後でまったりしているときに
まだ、夕はんできないし・・・・。
なんとかできた・・・と思ったらなんと!
K子さんのカメラが動かなくなっちゃった・・・・!!!

あぁ! こんなんで5ページもつのか?
それ以前に、
はじめてキャンプを楽しみにきてくれた愛さんたちが
「キャンプなんて・・・・、もう二度といやっ!」
と思っちゃったらどうしよう・・・・・。


暗雲立ちこめる「チームお気楽」の結末は、
10月23日発売の  「ランドネ」  でお楽しみください。

入院中にこのお仕事の依頼をいただいて。
明日が見えない状況で依頼されたのがうれしくて
「自転車旅はとうぶんムリでも、
お気楽キャンプなら・・・・だいじょうぶかも?」
と引き受けた。そのときから、
この撮影がぶじうまくいくことを祈っていたけれど。。。

ま、愛さんのブログ からちゃっかりいただいた
下の写真2枚を見れば、今回も
「キャンプの神様」がついていたなぁ・・・と感謝感激。
いろいろへこんでいた自分も
久しぶりのキャンプで女子トークしていたら、
なんだかスッキリ。
新しい日々がはじまったぞ・・・と思えました。

キャンプっていいなぁ。
また行きたいな~。

e0095194_821274.jpg
e0095194_8212367.jpg

[PR]
by tinpunatabibito | 2009-09-24 08:28 | Comments(5)


空の誕生日に。

1年前の今日、こんなブログを書いた。
→ 空色バイク。 

事故から2か月、退院から1か月。
鎖骨や仕事の復活が最優先だと
「空」はずっと輪行袋に入れっぱなしだった。
私ってほんとうに冷たい相棒だ・・・と思っていたけれど、
空の生まれた日からちょうど1年。
行くなら今日しかないと、勇気を出して
キヨさんの工房へ行くことにした。

出かける前に、「お誕生日だから・・・」と
小さな村で汚れたまんまのフレームを磨く。
磨きながら、相棒の損傷状態をチェック。
タイヤのホイールがへこんでいる。
そして、フロントフォークがへこんでいる。
e0095194_1742186.jpg

e0095194_175294.jpg


鉄だから溶接すれば治りますか・・・

私のあまい・・・あますぎる考えは
次の言葉で吹っ飛んだ。

「う~ん、これは致命傷だなぁ・・・・。
人間でいうと、背骨が骨折したのと同じだよ・・・」

超・素人目にはわからなかったけれど、
キヨさんに言われて手で触ってみると、
チューブのつなぎ目がかすかにへこんでいた。
e0095194_19233714.jpg

(チェーン触った後だから汚れてますが・・・)

このまま乗り続けると、いつか、ある日突然、
ポキンと、チューブが分裂破壊してしまうそうだ。
キヨさんは私にもよくわかるように
実際に空と同じような傷を負ったあと、
ぽっきり破壊してしまった古いフレームを見せてくれた。


それだけでも十分こたえたけれど、
そのあとのキヨさんの言葉がとても重かった。

かとうさんの技術や性格的に
自転車に乗るのはもう、やめたほうがいいんじゃないか・・・。
お父さんやお母さんが心配する気持ちを考えると、
そう言うしかないよね・・・。

自分がつくった自転車のことよりも、
うちのチチやハハの気持ちを
いちばん先に考えてくれる、
キヨさんのやさしさにうるっときた。

そして、もうひとつ。
「今までは自分が怪我するだけで済んでいたけど、
下り坂をすっ飛ばしているときに
村の子供さんとかを轢いてしまったらどうするの。
『娘さんは自転車で転んで亡くなりました』、
それだけでもショックなのに、そのあと
『娘さんがぶつかったお子さんがいま重体です』
と言われたときのお父さんやお母さんの気持ちを考えなよ・・・」

言葉は厳しい。
でも、やさしくなければ、
こういうことは言えない・・・。
私は・・・・どうしたらいいんだろう・・・・。

名フレームビルダーのキヨさんがしてくれた
プロフェッショナルな仕事に対して
まだ何もお返しできないうちに、
大切な相棒をこんなに激しく傷付けてしまった。
(きっとキヨさんは呆れるか、怒るだろうなぁ・・・)
私はそんなことばかり気にして
今日まで連絡しないでいたのだけれど。

ビルダーである前に、
人間として、この人は正しい。
そう思った。

いろんな言葉が骨にしみて、
涙もろくない人間なのに泣きそうになった。
一粒でも涙が落ちたら、もう止まらなくなるから、
なんとか堪えなければ・・・。
真っ赤な顔でふんばっていた。

「もちろん、オレだって、かとうさんにまた、
楽しく自転車に乗ってほしいと思っているけれど・・・」

キヨさんいわく、
私のような(・・・技術面・精神面も欠陥だらけの・・・←私の補足)人間が
この先もロードバイクで旅を続けるつもりなら、
「ライディングスクール」みたいなものに通って
もう一度、一から出直したほうがいい・・・と。

ジブンもここんとこ、(それしかないかなぁ・・・)と考えていた。
たかが自転車、されど自転車。
私は、「ローディ」という言葉が嫌いで、
「自分はたまたま軽くて旅しやすいロードバイクに
乗っているだけ。ただのちゃり旅人だ~」
なんて思って、ろくに技術を磨いてこなかった。
集団行動があまり得意じゃないから、
チームに参加して他人と比較することもない。
ロードバイクに乗るために運転免許が必要だとしたら、
その試験にはいまだに受かってないかもしれない。

「たまたま今回も命が助かったことで
『運がよかった・・・』なんて言ってちゃいけないよ。
運のことを考えるのは、やるべきことをきちっとやってから。
ほら、受験生がよく言うあれだよ。
『人事を尽くして天命を待て』ってこと」


ブログにここまで書いてしまっていいだろうか・・・と
ちょっと迷ったけれど、
キヨさんの言葉を忘れないために書いた。


のりピーが記者会見でどこまで本気で言ったかはわからない。
でも、彼女の言葉を借りるなら、私の今の気持ちはこうだ。

「二度とこのような事故を起こすことのないよう
そういった誓いを、一生の約束として固く心に誓います」


のど元過ぎれば痛さを忘れる、究極のお調子者だから、
「出直し自転車人の今後」を
みなさん、厳しい目で監視し続けてください。
今はこんなに欠陥だらけのヤツだけど、
90歳のころにはすごくデキた人間になっていて、
「ニッポン最高齢のちゃり旅人」オバ~として新聞に載ります(笑)。
長生きスルゼ、
キヨシローのぶんまで・・・。


2009年最長のブログかもしれないけれど、
今日は、長い夜になると決まっていた。

今夜はじまる
キヨシローのロックンロール・ラジオショー。
もちろん、2時間ずっと聴きながら、
カセットテープでエアチェックもします。
とうぜんリクエストもしてまして、
「お願いだから、読んで~チャボ!」と思っている。

まったく関係はないけれど、
わが相棒「空」には、
「kiyo」というロゴが入っています。
なんだかキヨシローのKiyoみたいで、
じつはそこも気にいっていたりするわけでした。
「Kiyo」さんがつくってくれた空よ、
誕生日おめでとう。傷付けてほんとうにごめん・・・。
そして、空の上のKiyo。
ラジオショー、とても楽しみにしています!
e0095194_19184340.jpg

e0095194_20303540.jpg

[PR]
by tinpunatabibito | 2009-09-19 19:23 | Comments(13)


今日できる贅沢。

新宿湘南ラインに揺られながら、
金色の文字だらけの車内広告をじっと見ていた。
よく晴れた日曜日のはなし。


「贅沢とはお金のかかることなのか?
世の中には、今日できる贅沢もあります。
お金の問題じゃなくて。」

「BOSS贅沢微糖」の広告コピーなんだけどね。
新宿湘南ラインに揺られながら、
「今日できる贅沢。」を味わいに行くような気分だったから、
つい、メモまでとってしまった。

鎌倉のちかちゃんと、
夏のおわりの海でカンパイ♪
e0095194_224088.jpg


締切なのにうまく原稿が書けなかったり、
相変わらず、ビールが「キリンフリー」だったり。
毎朝、いつもハッピーで目覚めるわけじゃないけれど。

小さいことはどうでもいいよね。
「今日できる贅沢。」を探しながら笑って生きてこう。

そういう気持ちにしてくれるのが
鎌倉であり、ちかちゃん。

ここではない場所で、
ぜんぜんちがう生活を送っていても、
何かが、どこかが、ひとつだけでも
「似ているな~」と感じる。

「○○島の、壁画が描いてある小学校の坂をさ~・・・」
といっただけで、
「うん、あそこか~」と、近所の交差点の話みたいに、
ある意味、「あ・うん」。

そんな友だちがいてくれて
よかったなぁ、たのしいなぁ、って思える。

夏らしい時間、2009年はほとんどなかったけど、
昨日の由比ガ浜には、
ビキニ娘さんも波乗りさんもガイジンさんも
いろんな人が真夏っぽかったよ。
e0095194_22551216.jpg



ステキな沖縄みやげをもらった。
「あ・うん」のシーサーの刺繍入りマース袋。

私のは「あ」にしよう。

そして、
大切な人ができたら「うん」をあげるよ。
e0095194_2321322.jpg


私はいつも信じてるから。

「今日できる贅沢。」から続いていく
明るい未来だけを。
[PR]
by tinpunatabibito | 2009-09-14 23:10 | Comments(2)


運がいいね~!

名古屋の入院先でもらってきた
「診療情報提供書」を見るたびにビビる。

「上記患者様ですが、(中略)
外傷性肝損傷、頭蓋骨骨折、顔面骨骨折、右鎖骨骨折、
右多発肋骨骨折(第2~4)、両肺挫傷で入院となりました。(後略)」

う~、難しい漢字がいっぱい。

肝損傷は外科・消火器外科、
鎖骨は整形外科と、
受傷場所に応じて予約をとってるとわけわかんなくなる。

今日は「脳脊髄神経外科」へGO!
(明るくいうな~!)

事故から2か月近く経っても何も異変がないから、
わざわざ診てもらうまでないかな・・・と思いつつ、
「頭蓋骨骨折」で数か月後に死ぬ人もいると脅かされたので
念のため、CTを撮ってきた。

今日もドーナツ型CTだったけど、
アンパンマンのシールは貼ってなかった。
き、緊張するじゃないか! アンパンマンが見守ってくれないと!

撮影後、「脳脊髄神経外科」に戻って
画像を見ながら、先生の話を聞く。

頭蓋骨骨折がどの程度だったのか
ずっと謎だったんだけど。
画像を見たら納得。

「ほら、ここ、ちょっと陥没してるでしょ~」

脳の絵・・・、ちゃんと描ける自信がないのでやめとく。
マッチ棒を並べて楕円形をつくったとして。
そのマッチ棒の2本が、
「ちょっとだけずれちゃった~」って感じでへこんでいた。
マッチ棒、つまり、頭蓋骨にヒビが入ったら、
中身の脳味噌に損傷が起きてもおかしくなかった。
でも、私の場合、脳挫傷の心配はなさそう。
「今後、てんかんが起きる可能性がまったくないとは言えないけど、
99%、脳はもう大丈夫だよ!」とお墨付きをもらった。

ほ~っ。
退院後も頭がぼーっとしたり、
もの忘れが激しくなっていたので心配だったけど、
それは単なる「ボケ」みたいだ。
(もう事故のせいにはできないなぁ・・・)


「これだけの事故で無事に済んだのはすごい。
ほんと、運がいいね~!」

そう! 私は、
事故直後、いろんなラッキーが重なって助けてもらえた。
「運がいい」としかいいようがないのだ。
(この話はいずれゆ~っくり書く予定)

先生の言葉がうれしくて
「運がよかったんですね~!」と言ったら
「うん、運がいいよ~!」と、
さらに繰り返してくれたあとで、先生は言った。

「ま~、ほんとに運がよかったら、事故も起きてなかったけどさ(笑)」

うん、私もそう思います(笑)。
でもまぁ、神様が最高においしいネタを授けてくれた、
それをどう調理するか試されている気もします。
ふざけているんじゃなく、大真面目に。
[PR]
by tinpunatabibito | 2009-09-11 21:18 | Comments(4)


全部まとめていつかもとをとる!

「キミってほんと、危なっかしくてほっとけないよ。
あとは全部、僕にまかせておけばいいから・・・」

そんな70年代少女漫画的セリフをつぶやいてくれる
ステキなダーリンがいないもんですから(苦笑)。
鎖骨バンドぎゅぎゅっと締めて、撮影現場に復帰~。


ひだまりのなおちゃんちで、
おいしいものを試食しながらの撮影。
さらに、おいしいまかないをいただいて。
そのままなんとなく、
カメラマンのTさんとなおちゃんと私、
エンドレスの女子トークになった。
おもしろいな~、
やっぱ生きてるといろんなことがあって。


まかないの写真を撮ろうと思ったら。。。

なんと、またまたGRデジタル2に異変!
マクロ撮影できないよ~と思っていたら
ピントまで合わなくなっちゃった。
e0095194_21273222.jpg


おまけに、数日前からPCにも異変!
電源入れても、しばらくは砂嵐が吹き荒れて・・・。
正常な画面に戻るかどきどきしながら、
何度も電源を入れ直す日々・・・。
e0095194_21454630.jpg



うう~ん、なんか
事故の直後は、泣きっ面にハチ状態。
とうぶん無収入の私に押し寄せる仕事道具の危機・・・!?


状況はちがうけど、なんかデジャブだ・・・とふと思った。

2003年12月、ロードバイク納車5日めの大事故で
2週間流動食の生活をした。
その退院後、
ちょっと凹む事件が立て続けに起きたのだ。
トラブルはトラブルを呼ぶ・・・みたいな感じでね。

当時の私は
今よりはもう少しナイーブだったので、
「もしかして、私が負のオーラを振りまいているんじゃ・・・!」
と、落ち込んで、
落ち込んでまた暗くなってる自分にほとほと嫌気がさして、

「えええーーーい! もう旅に出てやるっ!」
と、自転車で日本縦断に出たわけです。
なんで自転車だったかというと、
こけたからもう二度と自転車に乗らない・・・というのは
この先、ずっといろんなことから逃げ回る生き方しかできない気がして
そういうのはすごくイヤだなぁ、と思ったから。

ま~、いざ思いきって旅に出たらめっちゃ楽しかったし、
おかげで自転車がもっと好きになって
仕事で自転車旅まで楽しめるようになったから、
追い詰められて追い詰められてうわ~、ジンセイ真っ暗・・・
と思った9回裏からがきっと勝負のときなのです。
そういう修羅場に追い込まれないとガッツ出ないタイプなのかも、きっと。


この間、本屋で「風水で開運♪」みたいな本をふいに立ち読み。
数ページぺらぺら見ただけで、
「これ以上見ておれん・・・!」とぱたっと閉じた。
今回の事故は、完全に私の不注意だったけど、
「部屋の乱れはココロの乱れ」的な原因もあるんじゃなかろうか・・・。

だから、自転車とお酒がご法度の今は
「趣味は掃除です♪
部屋がピカピカになるともう気分最高ですぅ~!」
という人間になりきって、そっちでテンション上げていこうかと・・・。

いろんなことが次々と起きて退屈しません。
今さら、もうね~。
なにが起きようと、
「最終的にぜんぶ、あとでもとをとってやる!」
・・・・の心境だよ。
[PR]
by tinpunatabibito | 2009-09-07 22:21 | Comments(6)


がんばれ鎖骨!

この一週間、元気がわいてこなかった。

ネガティブな発言はしない主義なので、
落ちているときは眠るに限る。
世間なんてやつと隔絶して、
昼も夜も関係なく、ぐーぐー。

そう、ここんとこの私は
水木しげる先生が描く
目玉オヤジそのまんまだった。
誰にも会わず、
ひたすら 地味 な一週間。
e0095194_22501318.jpg


これって、約1か月の入院生活で
昼夜問わず寝る「なまけぐせ」がついたのかなぁ・・・。

それとも、
東京に帰ったとたん、
いろいろシビアな現実を目の当たりにして
現実逃避したくなっちゃったんだろうか・・・。

いやいや。
退院したといったって、
やっぱり、大事故の後なんだから
カラダが本能的に「静養」を求めているんだよ・・・。


どれがほんとうなんだか、
どれだけジブンを甘やかしていいものかわからなかったけど、
たまたま図書館で借りた
水木しげるさんの名言を集めた『本日の水木サン』の言葉に従った。

(3月11日)
人間は眠ることによってかなりの病が治る。
私は“睡眠力”によって傷とか病気を
秘かに治し、今日まで“無病”である。
私は“睡眠力”は“幸福力”ではないか、と思っている。
e0095194_2352026.jpg


水木サンって、言葉も絵もすごいな~。
うんうん、
今は眠りたいだけ眠ってていいんだよ・・・と
ネムリ薬をもらったみたいだった。


水木サン推奨の「睡眠至上主義」で
しばらくはのんきにいくつもり。
私はあえて、「がんばらない」けど、
がんばってほしいのは、私の鎖骨くん。

これは、事故直後に撮ったレントゲン写真。
クールな看護婦さんが
「かとうさん、見事にぽっきりいってますね~!」
と思わず笑ってしまったほど、「ぽっきり」っぷりがいい。
e0095194_23131027.jpg


そして、こっちは、
1週間前に撮ったレントゲン写真。
e0095194_23142091.jpg


哀しいことに、ほとんどくっついてない。
いや、むしろ離れていた。

ご近所のお医者さんいわく。
「うーーん、これはひょっとしたら、
手術したほうがいいのかなぁ?
うちじゃ判断できないから、もっと大きい病院に行って」

・・・・・丸投げですか~、先生(涙)。


結局、おととい大病院に行って
再度レントゲン撮ってきた。

「このぐらい離れていても、くっつく人はいるからね~。
いま手術しても3か月後にしても状況は一緒なので、
3か月ぐらい様子を見ましょう」・・・・ということになった。

思わず、すがるように先生に聞く。

「骨がちゃんとくっつくようになるには
どうしたらいいんですか!?
牛乳とかでカルシウムをいっぱいとるとか・・・?」

そしたら先生、
「それは次回、
また事故したときに骨が折れにくくするためだね」と、
くすっと笑っていうのだよ。

「じゃあ、栄養とる以外になにしたらいいんですか!」

先生はいった。

胸を張る、ことかな~?」


なるほど・・・。
しょーもないけど、確かにそのとおりかもしれない。
鎖骨をくっつけるためにも、
転んでばかりのジンセイを明るく生き抜くためにも。
それがいちばん大事なことなのかも。

大リーグ養成ギブスのような鎖骨ベルトをぎりぎりしめて
いじけ気味な背すじもしゃんとして。
おらおら、そこの老いぼれバ~サン!
胸を張って生きるのさ~。


過去に鎖骨をぽっきり折っても
きっちりくっつけた経験者の人がいたら、
鎖骨復活の秘訣を教えてください。ぜひ!


(おまけ①)
やっぱり、食生活でも骨にがんばってもらおうと、
牛乳たっぷりクラムチャウダーもどきを作ったりしました。
e0095194_23413283.jpg



(おまけ②)
私が入院中、南の島でオシゴト(お遊び?)の
雑魚党漁労長、奥山英治さんが撮影に成功した
イリオモテヤマネコの子猫ちゃん。
島のヤマネコセンターにも貼られているらしい。
かわいいなぁ~。
そっちもいろいろあるだろうけど、
がんばれヤマネコ!
e0095194_012951.jpg

(キミを撮影したヒトは、
さりげなくお見舞いメールをくれる、心のあったかいヒトだよ)
[PR]
by tinpunatabibito | 2009-09-04 23:43 | Comments(7)

    

いつかどこかで「陳腐な食堂」開店予定の、51歳キッチン見習いの雑記。
by tinpunatabibito
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧