陳腐な旅人日記


<   2009年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧



ラッキー☆メニュー

なんとなくブログを書きづらい。

理由は、思いがけない人が
このブログを見ていると発覚したから。

東京での通院先が決まったので、
名古屋でお世話になった病院に連絡したら、
担当の先生は手術中だったので、
電話に出た看護師さんに伝言をお願いして切ろうとしたら。。。

「先生からも伝言を預かっています。

ブログ見てるから、
あまりふざけたことを
書かないように


・・・・とのことです(笑)」

ひえ~~~(蒼)。
ブログやってることなんて話してないのに
なぜバレたんだろう・・・!?
叱られた話とか書いたの、ばればれだったんですね・・・・。

(ここで書くのもどうかと思いつつ。。。)

先生、その節はほんとうにすみませんでした。
そして、ありがとうございました。
肝臓損傷のたいへんさがいまひとつわかってなかったのですが、
先生が話してくれた「トマトがつぶれる」イメージは
すごく強烈で、わかりやすかったです。

だから、退院して帰京してからも、
トマトのような肝臓がつぶれないように
毎日そ~っとゆっくり歩いています。
骨がきちんとくっつくように、
日常生活でもあまりムリしないでおとなしくしています~。

自転車旅取材はしばらくお休みして
「カラダの完全復活」を最優先にしながら
インタビューやおだやかロケものから少しずつ仕事を再開していきます。


・・・・・というわけで。

今週は、事故でご迷惑をかけた出版社へのご挨拶ウイーク。

火曜日はY社へ。

「ほんとうに今回はご迷惑とご心配をおかけしました・・・」
殊勝なお詫びモードで怪我の経過を話していたら。
なぜかいきなり、
「せんとくん」が乱入!

せんとくんだーーーーっ♪

すかさずGRを手に立ち上がり、
殊勝な態度はみごとに吹き飛んでいた。あらら。
でも、おかげで楽しい一枚が撮れました・・・と思って帰宅したら、
SDカードを入れ忘れていたので、結局使えず。
(事故後はこういうポカの連続であるよ)。
↓は、一緒にY社へ行ってくれたアイさんのブログから。
e0095194_1975945.jpg



ほんじつ木曜日はE社とS社の2ラウンド。
こちらは、打ち合わせも兼ねていたので、
ある意味、「仕事復帰」初日となる。

あさ、「めざましテレビ」の星占いみたら。。。。

げげげ! しし座は最悪な12位。

「無駄口が多すぎてブーイングの嵐!」
・・・みたいなコメントで、
「あちゃ~~~」と、さすがにへこむ。
けっこう小心者の私は、
約2か月ぶりにS社に顔を出すだけで大緊張なわけで。
仕事復帰初日にブーイングの嵐は避けたい・・・・。

「そんなしし座の人のラッキーメニューは、
オクラカレー!

もっちろん!

そのあとスーパーに行ってオクラ買ってきた。
納豆と混ぜて「オクラ納豆カレー」、
じつにうまかったのでもりもり食べているうち、
へこんでいたことなんて吹っ飛んだ。
e0095194_1952915.jpg



ラッキー☆メニューが効いたようで、
「ご迷惑おかけしました・・・・」とお詫びに行ったS社で
思いがけないプレゼントをもらう。

永久愛蔵本 「旅する清志郎。」
e0095194_20262967.jpg


もらった瞬間、もらっておいて何様~ですが、
「ううっ・・・、私が書きたかった・・・!」と直球の本音をこぼしてしまう。
(無駄口たたいてブーイング?)

「まぁまぁ! でも、ちんぷさんが取材したときの一枚が
最後のページに見開きで使われてますよ~!」と編集Sさん。
e0095194_19234241.jpg


そう、この写真は「奥の細道」の松島。
このとき「旅する清志郎。」を追っかけたことで、
私も、「自転車で旅がしたい!」と思ったんだ。
入院中、このときの取材テープが無性に聴きたくなり
実家に1泊外泊できたときに見つけて、病室で聴いたばかりだった。


キヨシロー本をもらっていそいそ帰ろうとS社の外に出たら、
小さなちゃりんこでテケテケ走ってるかわいい女子が・・・・

「あれ~? なおちゃん!?」
「あら~、ちんぷさん!」

なんと、「ひだまり手づくり塾」のなおちゃん だった。
すごい偶然!
連載とは別件の打ち合わせで来たところのようで、
ハセベくん もそこにいますよ~!」って。

思いがけず、チームひだまり再会の一枚となりました。
う~ん、これも「ラッキー☆メニュー」効果?
e0095194_19301698.jpg

↓こっちはハセベくんのブログからコピー。
ちゃんと「鎖骨ベルト」してますよ~(笑)
e0095194_752279.jpg


じつは、ハセベ君も4月に自転車で転んで骨を折ったばかり。
いまだに、「ノンアルコールビール」な生活を続けている。

「うそ~~~、4か月も飲んでないんだ!
わたし、忘年会のあたりには飲めるかなぁと期待してるんだけど・・・」
「う~ん、その頃ならいけるんじゃないかなぁ~?」

骨の話でつかのま盛り上がる。
いま、ノンアルコールビールのタイアップ記事をつくりたい方は、
モデル・ハセベくん、ライターちんぷにしたらいいですよ~(笑)。
「飲めないふたり」がノンアルコールビールでいかに癒されているか、
リアルに熱く書けそうです。。。


まぁ、冒頭の「なんとなくブログを書きずらい。」
の口の根も乾かぬうちに
相変わらず、長い長いブログ。

なんとなく結論として、
まったく無関係に思えるヒトやモノや出来事が
ほんとうはぜんぶつながっていて、
私やキミや、昨日や今日や明日をつくっているんだなぁ、って。
そんなことを折れた頭蓋骨で思ったわけです。

今はなんとなく、「死後の世界」をふわふわのぞき見しているようで。

家に帰っておいしいアイスとか食べたりできると、
ほんと、生きてただけで丸儲けや~、と思えます。
[PR]
by tinpunatabibito | 2009-08-27 19:57 | Comments(9)


笹塚観音縁日まつりのよるに。

8月18日(火曜日)に退院しました。

入院中いろいろ励ましてくれたみなさん、
ほんとうにありがとうございました。
みんなからもらったやさしいキモチは一生忘れません。


1週間ぐらい実家でのんびり・・・のつもりが
とある事情で本日、笹塚「ちんぷ荘」に帰って来た。

そういえば約1か月前、
「ちんぷ荘」から旅立った朝は二日酔いで・・・。
輪行しながら気だるく車窓を眺めていたっけ。
深夜まで飲んでも早起きできたジブン、えらいぞ・・・と思いつつ、
小さな村へと向かったのだ。
e0095194_20371187.jpg



そして今日は、
朝8時に名古屋の実家を出発。
おじさん(ハハの弟)が運転するクルマに乗って、
わが「ジンセイ三度めの事故現場」へと舞い戻ってきた。
仕事が休みの日なのに、
とおい道のりを運転してくれたおじさん、ほんとうにありがとう。
「小さな村」で私がすっころんだ急な下り坂で
「なんか心臓がばくばくしてきた~~~」と言いながら
ハハもつきあってくれた。

わが相棒「空」を預かってくれた民宿のおかみさんの話も、
おかみさんが納屋から出してくれた「空」の損傷状態の話も、
それからさらに1時間ほど山道を越えてたどり着いた警察での話も・・・。

とてもひと晩では書ききれないので
そのうち改めてじっくり書こうと思います。
もう、凄すぎる新事実が山積みなんだけど、
今日は名古屋~小さな村~笹塚の大移動だけで
もういっぱいいっぱい。

なんせ、退院後まだ3日なんで!
さすがに、ムリは禁物なのであります。

・・・・と言いつつ。


「宅急便で送ったほうがいいんじゃないの?」
「そんなんで骨折が悪化したらどうするの!」
ハハとおじさんの猛反対をうまくかわしつつ、
豊橋から新幹線~山手線~京王線「輪行」で帰京した。
e0095194_2275229.jpg

e0095194_2283969.jpg

e0095194_229880.jpg


輪行を強行した理由の60%は
「宅急便代を浮かせたい」・・・・というセコイ貧乏気質から。
もちろん、私だって鎖骨・肋骨を悪化させたくはないので
ホームセンターでカートを購入。
1200円ちょっとだったけど、これはほんといい買い物だったよ。

輪行した理由の残り10%は、
「サイクル宅急便」をどこで頼めるか探すのがめんどうなのと、
カートで運べそうならとりあえずいっちゃえ~、と出たとこ勝負気質から。

輪行した理由の最後の30%は
「最後まで相棒と一緒に旅を終えたかったから」。

大切な相棒を傷つけてしまって、
ジブンの体も傷つけて。
自走して帰ることはできないけれど、
せめて「輪行」で帰るくらいのことはしよう、
ロードバイク乗りとしての意地・・・みたいなものなのかも。
人からは「馬鹿じゃん!」と罵倒されそうなほど、
とてもオロカな意地だとは重々わかっているんだけどね。

「あんたと一緒にいると
爆弾抱えてるようなもんだよ。
もうほっとくから好きにすれば~」

最後はあきれて見送ってくれたハハ、
新幹線ホームの改札口まで「空」を運んでくれたおじさん、
うちで留守番しつつきっと心配していたチチよ。
おかげでぶじ、笹塚に帰ってきました。

約1か月ぶりに聴くJ-WAVEで
「あ~、ピストンさんだ~、帰ってきたなぁ~」としみじみ。
風呂上がりにノンアルコールビールをぷしゅっとあけて、
Tシャツの上に鎖骨ベルトをきゅっと締める。
e0095194_21591271.jpg



大好きな風呂上がりのビール。
大好きな「空」との自転車旅。

JUMP、ワインに焼酎、かけっこ、夜更かし、ハードなアウトドア、両手を上げて万歳三唱・・・
まだまだ、「とうぶん自粛」リストはいっぱい。

だけど、
とりあえず、ここまで戻ってきたぜっ。

「笹塚観音縁日まつり」のよるに。
e0095194_21405267.jpg

[PR]
by tinpunatabibito | 2009-08-21 21:49 | Comments(22)


バカンス最終日

e0095194_8592720.jpg

7月17日から約1ヶ月。ついさっき、朝の回診にきた先生から「明日退院していいですよ」といわれました。長かった入院生活も、あとひとつ寝たら終わりと思うと感慨深いです。いろいろ心配してくれたみなさん、ほんとうにありがとう。事故は二度と御免だけど、今回の入院はいま思えば、とても有意義な休暇でした。毎日上げ膳据え膳で体にいいごはんが並び、禁煙禁酒ダイエットもすんなりできる合宿。一日じゅうパジャマ姿で好きなだけ本を読めて。看護婦さんもお見舞いに来てくれる人もみんなやさしい。守られて暮らす日々だったなぁって。ライター仲間に「落ち込むこともあると思うけれど・・・」とメールもらったことも二度ほどあるけれど、病院って好きなだけ落ち込んでいても許される場所だから、逆に元気がわいてきたというか・・・。たぶん、ガッツがいるのは、東京に戻てからだと思うけれど。「入院して、なんかいい感じに変わりましたね〜!」といってもらえるように、あせらずマイペースで歩いていくよ。病院バカンスのラストデイ、名古屋は今日もいい
天気です。
[PR]
by tinpunatabibito | 2009-08-17 08:59 | Comments(6)


ドクターヘリがやってきた

e0095194_19261137.jpg



7月17日の午後、
チチとハハは我が家から自転車で15分の病院の前に立ち、
ドクターヘリで緊急輸送される娘を待っていたらしい。

とんでもなく親不孝なことをしたと今は猛反省しているけど、
事故直後で頭がイカレてた私は
「お、惜しいっ。なんでドクターヘリの写真を撮っといてくれんかったの〜!」
と脳天気にいい放ち、
「娘が死にかけてるときに写真を撮るバカ親がどこにいるか〜!」
とハハに怒られた。

事故から3日間の記憶は見事にないので、
ドクターヘリに乗ったこともまったく覚えていない。


看護婦さんから
「1ヶ月に一回来るか来ないかというくらい」と聞いていたので、
入院中に着陸風景を見ることはないと思っていた。

そしたらさっき、
昼ご飯を食べ終わった直後にプロペラが回る轟音がした。


お、これはもしかして・・・と立ち上がったら、
今まで会話したことがなかった同じ病室の人が
「ドクターヘリが来たわよ〜!」と教えてくれた。
「向かいの彼女はあれに乗ってきたのよ・・・」とお見舞いの人に話している
(その後は「ドラマの[救命病棟]見てる?」
「江口洋介、大変だったわね〜」という話をしていた) 。


携帯で撮ったけどズームできないので、
患者さんが担架で運ばれたあとも芝生に留まっていた姿をスケッチした.


真っ赤なラインが入った機体に
ドクターヘリと紺色のロゴが描いてあり、
予想以上にかわいい。

外の芝生まで駆けていって、
機長さんたちに助けてもらったお礼をいうことは今できないけれど、
そういうことを忘れないように生きていこうと思う。


友人の差し入れの色鉛筆で着色し終えたころ、
機長さんたちは颯爽と機内に戻って、
やがて空に飛び立った。


今日運ばれた人も
モリモリ食べて元気になあれ。

先生のいうこと聞いて、脱走なんかしないよーに!
[PR]
by tinpunatabibito | 2009-08-12 13:55 | Comments(2)


恐怖のCT検査後

e0095194_19541858.jpg


昼すぎにCT検査を撮りに車椅子で移動。
撮影前に美人の看護婦さんにすごく痛い注射を刺された。

自分がいかに閉所恐怖症で
以前の検査でパニックを起こしたかを
撮影する若い先生に切々と話したら、
「今日のは頭まで入らないからそんなに怖くないと思いますよ~」
と先生。
見たら、ドーナツ型の機械で、
子供を安心させるためなのか、
アンパンマンのキャラクターが描いてある。


部屋に入るまでは
「機械に入ったらずっと
キヨシローのバラードでも頭の中で歌っていよう・・・」
と考えていたけど、
気がつけば
アンパンマンのテーマソングを脳内ハミング。


緊張で顔がこわばる私に
先生たちが
幼児をあやすようにやさしく話かけてくれました。
やれやれ。

で〜!
夕方、担当の自転車好き先生が
わが病室に来て検査結果発表〜。

「順調ですよ!
とりあえず今週末に実家に一泊して様子をみてもらって、
問題なければ来週どこかで退院することにしましょう」


やった〜!

喜ぶ私に

「ただしっ!」と先生がすかさず釘を刺す。

「退院できるといっても、
すぐ自転車に乗っていいってことではないですからね!」

入院生活はや25日、
先生もだんだん、
陳腐で前のめりな患者の扱い方を熟知してきたようだ。
でも、順調ですよと満面の笑顔で報告してくれて、
うれしかったです。


先生も看護婦さんもみんなやさしい。

愛がないとつとまらない仕事なんだなぁと思います。
[PR]
by tinpunatabibito | 2009-08-10 19:54 | Comments(6)


ドキドキ検査前

e0095194_11245660.jpg

西表島の知り合いから「今はブログの更新より治療に専念してください」とメールが届く。むむ、確かに。そう思うけれど、骨折治療って安静にしてる以外、とくべつ何も治療されることがないのです。昼間寝てしまうと深夜眠れないし、暗い病室で考えることは不健全な気がしてイヤだから、私はなるだけ日中は活動していたい。ブログ以外にも、大学ノートにどこの出版社からも依頼されてない壮大な自転車旅エッセイを猛烈執筆中(単行本で読みたい人は署名集めて出版社にリクエストしてね〜、なんちゃって)。しかし、今日はこれから、入院生活最大の山場「CT検査」が控えている。4年前に一回やったけど、私、CT検査がこの世でいちばん怖い。閉所恐怖症だから前回は、真っ暗闇の金属の筒に入ったとたんパニックを起こして「息苦しかったらこれを押してください」といわれていたブザーをすぐさま鳴らして検査を中断させてしまった次第。うう・・・、想像しただけで心臓が早打ち…。「でも、CT検査しないと退院の予定が決まりませんからね〜」とさっきも看
護婦さんに諭された。あの筒の中は真っ暗闇じゃなくて魅惑の宇宙空間だと思うことにしようと、いま必死で意識改革中。結果は、夕方の続編につづく・・・。
[PR]
by tinpunatabibito | 2009-08-10 11:24 | Comments(1)


病棟散歩解禁

e0095194_13341144.jpg

気持ちを入れ替えて完熟トマトを守るようにおとなしくしていたら、先生から「今日から病棟内を歩いていいですよ」と、待ち望んでいたお言葉が。ほんとうにうれしい。月曜日にCT検査して退院予定を決めるそうだ。やっぱり名古屋人だから地元の病院のごはんが性に合うようで、毎日三食すべて完食。朝は7時からおなかがグーグー鳴っているので、ハハ差し入れのクッキーをボリボリ食べている元気な怪我人であります。子供のころ毎日テレビで聴いていた「名古屋牛乳、飲んでるかい!?」というCMソング、あれは今も流れているのだろうか。いまの心配事はわが相棒の状況。雨のなか、峠の下り坂で倒れていた私を見つけてくれた命の恩人さんが泊まっていた民宿のガレージで預かってもらっているけれど、さっきお礼の電話をしたときに確認したら、「車両が歪んでいるので、すぐには走れないと思います」とのこと。空よごめん。出会って一年経たないのに酷い目にあわせてしまった。必ず今月中に迎えにいって、キヨさんにきっちり直してもらうから。看護婦さん
が手相診断してくれて、自転車で事故するのは今回でおしまいですよ〜って太鼓判押してくれた。チチやハハやトモダチをハラハラさせることは二度としたくないです。
[PR]
by tinpunatabibito | 2009-08-07 13:34 | Comments(4)


先生に叱られた。

昨日のブチ脱走成功に気をよくして、さっきもちょっとだけデイルームにメールを打ちにいったら看護婦さんに見つかった。「見なかったことにします・・・」と苦笑いで許してくれそうだったのでたいしたことじゃないと思っていたら、看護婦さんの先輩の判断から先生に報告された。病室に戻って待機していたら、いつもはニコニコ回診にくる自転車好き先生がむちゃくちゃ怖い顔でやってきた。「あなたは自分が元気になったと思っていて、実際に元気だけど、腹のなかの肝臓は、何度も話したようにやわらかいトマトのように、ちょっと無理したらいつ破裂するかわからない状態なんです。自分が思っているよりずっと大切な時期なので、回復したいならきちんと言うことを守ってください。それが無理なら今すぐ退院してください」。どうしますか、と真顔で見つめられ、とっさにちょっと考えます・・・と言ってしまったけれど、反省して、ここでちゃんと治してもらうしか道はない。歩けるようになるまでまだ一週間かかるらしい。昨日書いた能天気なブログを削除しようがないので
、今だけ病室で緊急更新。これから心入れ替えて、晴れて自由に歩けるようになるまで、今度こそおとなしくしています。やれやれ。私って、いろんな人に迷惑かけっばなしでほんとだめだめ。いい大人なのにね。
[PR]
by tinpunatabibito | 2009-08-03 12:15 | Comments(5)


病室を抜け出した

e0095194_1764661.jpg

7月最後の日に、ベッドサイド限定で立つことを許されました。点滴もおむつも尿管もとれたのでかなりレベルアップ。二週間寝たきりだったので、立ち上がってしばらくは頭がふらふらで足もよれよれ。これはリハビリのためにたくさん歩かなければ…とベッドのまわりを歩いていたら、もっと旅がしたくなって。「もう歩いてもなんともないので、おまるじゃなくても自分でトイレ行けます!」「携帯電話使いたいから、デイルームまで行ってもいいですか?」、看護婦さんに何度も聞いたけど、答えはノー。昨日なんて、キヨシローの最新CDをヘッドホンで聴きながら、六階の窓からのんきに自転車で走る人を眺めていたら、自由気ままに好きなだけ走ったり、好きなだけ食べたり飲んだり。今まで当たり前にしていたことがすごい素晴らしいことだったんだなぁと感動のあまり泣けてきた。優等生患者らしく徘徊許可が出るまでは我慢・・・・と思っていたのですが。8月最初の日曜日。「うう、もう限界。ちょっとだけ許して~神様!」と、病室の隣のデイルームまで脱走中です。
ブチ脱走してかなりわくわくできたので、このブログ更新したら、看護婦さんにばれないうちに病室に戻っておとなしくします。たくさんのコメント、ありがとうございます。ほんとうにうれしくて(脱走するくらい)元気もらってます。前回のブログのコメントにあるsoratohanaさん(カメラマンの岩間愛さん。東京からはるばるありがとう!)のブログにわが陳腐な入院生活が写真付きで載ってます。愛さんお見舞いには、とんでもないオチがありました。愛さんがいるときに病室にきた若い看護婦さんに「あら、なんかふたり、似てるわね~」といわれ、マジですか!? こんな美人の愛さんとどこらへんが?...と笑っていた。で、愛さんが帰ったあと。消灯前の検温にきた看護婦さんがこう言ったわけですよ。「夕方来てた女の子、娘さん?」って。そりゃ愛さんは若く見えるけど、8歳しか違わへんのに…。「トモダチです」と答えたら、またまた冗談を~、みたいに信じてくれないので、最後は思いきり吐き捨てるように「トモダチです!(
・・・が何か!?」とうつむいて答えていた。翌日うちの母さんに話したら爆笑してたけど、入院以来ずっとおしぼりで顔をふくだけの日々だったのもよくなかったかな~と、なぜか突然、保湿剤パックをはじめた私。みなさん、ほんますいません。清く正しい入院生活で精神を研ぎ澄まそうと思っても、やっぱり私、骨の髄まで俗物。毎日おかゆ三食完食して、もりもり骨にパワーつけてます。窓から見える焼き肉屋のネオン看板をかっと見据えながらね。
[PR]
by tinpunatabibito | 2009-08-02 17:06 | Comments(5)

    

いつかどこかで「陳腐な食堂」開店予定の、51歳キッチン見習いの雑記。
by tinpunatabibito
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧