陳腐な旅人日記


<   2009年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧



冥府魔道に生きる

たったいま、仕事の宅急便を出しに行ったコンビニで、
見た瞬間、迷わず即買い。

「TVBros」、何年かぶりに買いました。

この表紙を見ちゃったら、買わずに帰れるわけがない。

e0095194_0264497.jpg


どの業界よりも濃く
キヨシローの連載をしていたブロスだけあって、
追悼特集「君がボスを知っている~みんなの忌野清志郎~」
なかなかよかった。
「なかなか」というのは、巻頭のたった6ページじゃなく、
もっともっと、ページを割いてほしかったから。
でも、細野さんや真心ブラザーズのYO-KING&桜井さん、太田光など
キヨシローと縁のある著名人だけじゃなく、
「シングル・マン」再発売運動をした吉見佑子さんだったり、
かつて「夜のヒットスタジオ」で
「腐ったラジオ~!」と歌われたTOKYO FM
(youtubeで見れるよ)の局次長のコメントものっける、
そのあたりはさすがブロス。


はじめて知るエピソードも満載でした。

イマーノさんの座右の銘が、

「常に心に死を持ち、
冥府魔道に生きる」


・・・・だったとかね。

生前ハマッていた『子連れ狼』の言葉で、
「常に生死は紙一重。だから地獄もさまよい歩く」
って意味らしいです。

よっしゃ~、今夜から
これが私の座右の銘だ、だだだ。

・・・・で、巻頭だけかと思ったら、
98ページでは「オレンジ号」を製作した自転車ショップ
「スポーツバイク つくば マツナガ」の松永かずはるさんのインタビューも(!)。
キヨシローがリハビリに使っていたオレンジ2号機のボディカラーは、
「オレンジ色の果実が熟す前の」という意味で、ミントグリーンだったんですね。。。
102~103ページでも特集してて、
やっぱすごいな、ブロス。感謝します♪


うちの母さんが、あの日以来、
中日新聞&中日スポーツ新聞の切り抜きを
こまめに送ってきてくれる。
(几帳面な性格なんで、切り抜き方もきっちりしている。
自分の記事が載った雑誌をビリビリ手で破いてスクラップする娘とは大違い。。。)
e0095194_0485811.jpg

中日ドラゴンズが日本一になったときの写真を掲載してるのは、
地元・名古屋のスポーツ紙ならでは(笑)。
ブロスには、キヨシローがなぜドラゴンズ好きになったか、
というエピソードも書いてありました。

RC不遇の時代の傑作アルバム「シングル・マン」、
一時期せつなくなるほど聴きまくってた。
当時はカセットテープで聴いていたから
CDは持ってなくて。
いますご~~~く聴きたいから、
今からアマゾンで購入しようと思います。
地味だけど「全てシングルにしてもいい曲ばかりだ」(byイマーノ氏)なので、
みなさんもぜひ、聴いてみてください。
e0095194_0575595.jpg

[PR]
by tinpunatabibito | 2009-05-30 00:51 | Comments(8)


毎日がブランニューデイ

タイトルはキヨシローの、わりと最近の歌です。
まだときどき、くーっとくるけれど、
GODが空の上で見守っていてくれるので、
毎日がブランニューデイを、毎日フルライフで
けっこう楽しくやれてます。

「ノギャル」追っかけ取材も、はや4回目。
会うたびにシホちゃん はスゴイなぁ。。。
マジメな大人たちができないことを
このコはあっさりクリアしてしまうかも、と思う。
反発とかもスゴイかもしれないけれど、
それだけ世界を動かしてる証拠。
農業の、「マジメなひとじゃなきゃ入れない」狭い門を
ガバガバガバーーーっと、
あっさりこじ開けた、そういう革命家だと私は思います。

ノギャル取材は、いつもマスコミが大挙して押しかける。
e0095194_21551735.jpg
e0095194_21553530.jpg

平常心を失いそうな状況のなかで、
いかにいい仕事をするか否かは、
現場でいろんなヒトたちとぶっちゃけトークするかしないか、です。
写真週刊誌とか、ワイドショーとか、
ふだんまったく接点のない取材陣と一緒の現場で、
われもわれもと前に出ないと写真は撮れないし、
すげえムカツくテレビ関係者とかもいるんです。

でも、ちょっとでも現場で気さくにお喋りすると、
戦場はもう戦う場所ではなくなって、
あのヒトもこのヒトも、お互いいい仕事しようぜ、って気分になれる。
そういう一歩引いた目で見ると、
仕事がデキる人って、やっぱがんばってるなぁ、ひと味違うなぁ・・・と、
唸るような人の現場を見られる。
すごく勉強になります。
こういう大人たちに日々取材されてきたわけで、
弱冠24歳の元ギャル社長も、
そりゃあ目が肥えるよなぁ、と思う。

巨匠 とノギャル。
e0095194_224827.jpg


「シブヤ米」になる米。
卵かけごはん、ちょっと「ひだまり」Tさん風を狙ってみました。
e0095194_2251916.jpg


「日本一低い山」にも登りました。
標高0m@大潟村。
e0095194_22321626.jpg


「この写真はいいですよ!」
巨匠にほめられたカット。
ヤジ部長、入部OKでしょうか。。。
e0095194_2262581.jpg



そして、昨日今日は、
草津から芳ヶ平を女子4人でトレッキング。
いやぁ~、ほんと楽しい取材でありました。
睡眠2時間半で上野にアサイチ集合、
かなりヨレヨレだったはずなのに、
自然のなかでぐんぐん元気になっていくのがわかった。
e0095194_2214174.jpg

e0095194_22144162.jpg

e0095194_2215677.jpg

やっぱ、自然から離れて生きていけない。
癒し、って言葉、あまり好きじゃないけれど、
癒されてる・・・・としかいいようのない感じだったなぁ。
今回は、「日本にこんな素敵な山小屋があったのか!」
と、うれしくなっちゃうような山小屋ステイ。
e0095194_22325027.jpg

e0095194_22331393.jpg

夜9時前には寝て、朝6時に目覚める。
久しぶりに、顔洗った瞬間、
「おお~! 顔がイキイキしてるかも!」と思った。

e0095194_22153688.jpg

あれ? 左の女性は、もしかして・・・・?
e0095194_22162240.jpg

「ひだまり」なおさん・・・・でゎ?

そして、この長身細身のお方は・・・・

滝美女!?
e0095194_22304894.jpg


そして、雪の上でJUMP!
e0095194_22194253.jpg


こんな楽しいロケばかりだったら、
ほんとうに「毎日がブランニューデイ」だなぁ。
e0095194_22214922.jpg


日本初のアウトドアガールがアウトドアガールのためにつくるアウトドアガール本、
6月に出る「ランドネ」、売れてほしいですな~!
[PR]
by tinpunatabibito | 2009-05-28 22:23 | Comments(4)


爽快!

e0095194_1391671.jpg

[PR]
by tinpunatabibito | 2009-05-27 13:09 | Comments(3)


鉄道輪子ちゃん

昨日発売の「バイシクルナビ」、
表紙、いい感じですね~。
e0095194_1523311.jpg


「鉄道輪子が行く!」
今回は、ひたちなか海浜鉄道で輪行してきました。
海沿いをのんびりサイクルージングして、
おいしい海の幸を食べて・・・。
いろんな出会いもありました。

セルフで撮ってるポートレート、
いちおう、アップ気味のも選んでいるけど、
編集さんが選ぶのは、必ず引きの写真。
お隣のお隣ページで連載中の
国井律子さん のキュートな小顔の中に、
わがでっかい全身が収まるくらいの引きであります(笑)。

その巧みなセレクトのお陰で、
私のことを知らない人が読んだら、

「鉄道輪子ちゃん、
きっとトシは27~28歳あたりの、
鉄道旅と自転車好きの女の子なんだろうな~~~♪」

・・・・と、
ひょっとしたらひょっとして、
大いなる誤解をして妄想してくれるかもしれません。

「自転車人」の読者さんには
すっかり私の無軌道ヨソジぶりは知れ渡っているので、
「バイシクルナビ」のほうでは、
ちょっとだけキャラを変えて、
女の子路線でいくとします。
だから、スカートなんて履いて旅してますの。
文章で嘘さえつかなければ、
あえて、ほんとうの年齢や性格をさらす必要はないよね。
読んでくれる方が
少しでも楽しく読んでくれるほうがいいもんね・・・(笑)。


じっさいはこんな感じの
お調子ものの輪子ちゃんです。
発車オーライ♪
e0095194_1504876.jpg

[PR]
by tinpunatabibito | 2009-05-27 01:51 | Comments(4)


好きになりすぎると書けない。

1泊2日のなかで、すご~くいろんなことがあった秋田取材から戻って、
過去一度しか仕事したことがない編集さんに電話。

「僕は6時か7時には編集部に行くんで、
それまでに原稿を送ってください」

ロケで疲れてもう寝たいけど、
入稿校了だから仕方ない。
速攻で巨匠に上がりを送ってもらい、
写真チェック、さくさくっとテープおこして、
資料を読んで。。。
う~ん、もう深夜1時。
モノクロ1ページの短い記事なんだけど、
いっぱい追っかけ取材して、
会うたびにいい関係ができてくるSさんたちの話、
文字数短すぎて、
早朝までにまとまる気配がぜんぜんしない・・・・。


ちなみにその編集さんは、私と同い年の名古屋生まれで若い娘さん好き、
ゆえに(?)、私とはあんまり仕事したくなさそう。
(たまたま、その人の担当ページに
秋田ネタが急きょ入ったんです)

前に「今さら旧世代のライターさんと仕事してもね~」
と、ぶっちゃけトークをされたときはさすがにうまくリアクションできなかったけどね(笑)。


結局、入稿できたのはついさっき。
え~~~、夕方5時でありました。
ただでさえ、嫌われてそうな人に、
さらに嫌われてしまった予感がします~。

ま、いっか。
とりあえず、1時間寝よう。
[PR]
by tinpunatabibito | 2009-05-25 17:45 | Comments(1)


この国は変

「マスクは持っていったほうがいいですか、って聞いたら、
それは個人の判断におまかせしますっていわれたよ~」

明日から2泊3日バスツアーで秩父のお寺まいりをするハハ。
東京で感染者が見つかったいま、
たまたま、関東にやってくるらしい。
感染者続出の関西と、関東のはざまの
マイホームタウンNAGOYAから。

「でも、お母さんぐらいトシの人は感染しないんでしょ?
感染してるの、みんな若い人ばっかだし。
だいたいお母さん、インフルエンザにかかったことなんて一度もないよ」

・・・・またまた、何の根拠もないことをいう。
それもたぶん、「たまたま」ですよ、お母さん。


NEWSによると、
この感染報道を機に、
マスクが品切れで、日本中がパニック状態。
ネットで高値で販売する悪徳業者もいるらしい。

感染を恐れて自宅から出ない人が増えているために、
ピザ屋は大盛況で、回転寿司店がガラガラだ・・・といっている。
消毒済みのふたをすることにしたお店で
「これなら安心ですよね~! この店はお寿司を握ってる様子も見えるし。。。」
子連れの女性がうれしそうにインタビューに答えていた。
(ほんとうに安心したいなら、わが家で手料理がいいと思うよ・・・)
その裏番組では、お笑い芸人が
「回転寿司店のメニューを全部食べまくる!」という企画をだらだら流していた。


へん、へん、へんじゃない? なんか・・・。

「電気がなかったら、つくればいいんです」
といったのは、「北の国から」の五郎さん。

どうして、「マスクがないなら、つくればいいんです」
という人が、どこにもいないんだろう・・・?
口と鼻を覆うことが目的なんだから、
ガーゼ買ってきて、適当に縫ってひもつければいいじゃん。
NEWSでは、真っ白なマスクをした人だらけの駅の、
ちょっとシュールな映像が流れてる。
なんだか、恐怖をあおるだけの映像だと思う。

きれいなピンクとか黄色とか、
いっそ刺しゅう入りとかロゴ入りとか。
次回の「ひだまり手づくり塾」では、
「気持ちがほっこり和むマスク」のつくり方を紹介します。

・・・・・なんて、冗談ですけど。

感染被害にあっている人や、
学校や保育園が休校で子供を誰かに預けなくてはいけない人とか、
大変な思いをされている方はいっぱいのようで、
この事態が一刻でも早く収束してくれたらいいな・・・と思う。

でも、大問題が起きているときの、
テレビの報道の仕方ってヘンすぎます。
すべてがステレオタイプで
わがブログなんか目じゃないくらい、陳腐だと思いませんか。


余談ですが、うちのハハが泣く姿を見たのは
いままでたった一回だけ。
それは私が子どものころ起きたオイルショックのとき。

「トイレットペーパーが、どこにもないの・・・・!」
と、誰かに泣きながら電話していたのを、
ドキドキしながら見ていた、あれはたぶん、8歳ぐらいのちんぷ。
[PR]
by tinpunatabibito | 2009-05-22 01:12 | Comments(4)


MILK

今夜くしゃみを連発したそこのあなた。
それ、風邪じゃないです。
下北沢妄想ナイツの最高のあてでした~。
弛緩するのって貴重な時間。
楽しい夜でした。

みんな、まっとうに生きてるようで
少しずつ変。
だから愛おしくって、話題がつきない。

まともなのは、みるく。
キミだけだね。
ただいま12歳。
長生きするんだよ。
みるくの母さんはなんたって
酔っ払いの妄想作家だからさ。
e0095194_124044.jpg
e0095194_124257.jpg
e0095194_1244336.jpg

[PR]
by tinpunatabibito | 2009-05-20 00:52 | Comments(2)


麗しのドロンジョ様

「火曜日の朝イチでお願いします」

・・・・と言われていて、
月曜の夜までまったく手つかずだった原稿を
ついさっき入稿~!
この峠を越えられるかと、
ガサツだけど小心者はずっとドキドキしていたので、
今は八幡平のトップに上りつめた気分!

明日はD誌校了で
きっとまたへろへろになるだろうし、
やらなきゃいけないことはまだまだあるけれど、
この一週間、ちんぷ荘に閉じこもり。
おまけに昨日、
先日のブログに書いた最低オトコから
血管がほんとうに切れそうなくらいの呆れる言葉をいただき、
そんなヤツの言葉にへこみたくないけれど、
やっぱりニンゲンだから、
悔しいぐらい落ち込んでしまい。

あぁ、もうブログでモデル立ちすることなんて一生ないさ、
私はこのまま暗いまま、
誰にも看取られずに死んでいくんだ・・・
なんて、とことんへこんでいたんだけれど。。。


気分を変えようと、昨日は家から徒歩30秒の定食屋で遅めのランチ。
なんだか久しぶりに聴くオフコースが流れてきた。
ご飯がおいしければもっと通うだろうその店で、
ニラレバ定食をわしわし食べながら、「言葉にできない」を聴いていたら。
ヒトを傷付けるより、傷つくほうがいい。
そんな金八先生みたいなことを思ってしまったのでした。

ソイツのいった言葉に対して、
私が輪をかけるくらいキツイ言葉を吐いたとして。
ソイツだってニンゲンだから、
きっと多かれ少かれ、心はつぶれる。
それでも「なんだ、このあま~、ヨソジのくせに!」
とさらに倍の怒りで返してくれる人ならいいけれど、
ひょっとしたら、何かですごく落ち込んでいるときに
私がいったひとことが引き金になって
ソイツがあっさり、この世から消えてしまうかもしれない。
でも、親族でも親友でもないから、
私はヤツが自分のコトバをきっかけに死んでしまったとしても、
「も~! ぜんぜん携帯に出ない! ほんとサイテー!」
と思うだけで、そのまま知らずに終わる可能性は大いにあるのだ。
(ジブンにだって、同じことがいえる)。

そう思うと、
誰が争いに勝って、トクをしたとかソンをしたとか、
そんなことを基準に生きるのはむなしい、って気がした。

負けていいじゃん。

誰も傷つけたくないし、
ちんぷな争いに勝ったって、
そこから何が得られるんだろうって。
私は、ジブンが関わったすべての人に
最後の瞬間まで、笑っていてほしい。
なんだか、相田みつをっぽくってイヤだけど、
「言葉にできない」を聴いていたから仕方ないよね。

小田さんだもの。


・・・・・と、徹夜明けのハイテンション。
おまけに「今日飲まない~?」と誘ったK子さんが
あっさりOKのうれしさで、
なんだかすご~く、タイトルから脱線してしまいました。
(原稿よりも、ずっと超高速でキーボードを叩いている)。


ドロンジョ様から「ブログ、写真もじゃんじゃんのっけていいですよ~」と
寛大なるお言葉をいただいたので。

じゃじゃーーん!

e0095194_13223774.jpg

ニッポンの自転車好きおじさんのみなさま。
これが、ついさっき入稿したばかりの原稿の取材相手、
「自転車界のドロンジョ様」こと、
ドロンジョーヌ恩田さんです。

いちお同性なんだから、
目を奪われてはいけない。
そう思いつつも、ついつい見てしまうその豊かな谷間。
おなじロードバイク好きでも
どうしてこんなにパーツが違うのか・・・!
この美貌とこの谷間を持っていたら、
世の中怖いもんなしだよな~、って思う。
そのうえ、ドロンジョ様は
イラストもコラムもおもしろいんだから最強!


撮影したのはいつだっけ。。。

なんだかはるか昔のことのようだけど、
手帳を見たら、ほんの10日前のことだった。

この日の撮影は
「いつか一緒にお仕事したい・・・・」
と、ずっと憧れていた自転車好きの女性カメラマンさん。
その撮影ポーズを見ているだけで、
わくわく、うきうき。
楽しくなってしまったのでした。

e0095194_13311347.jpg

地面に座り込んだり。

e0095194_1333510.jpg

振りかぶってみたり。

e0095194_13333772.jpg

にょろ~んとなっちゃったりなんかして。


すごいな~、かっこよすぎ!
出来上がった写真を見たら、
都内の公園で撮ったことが信じられないような
素晴らしい写真だった。
デキるヒトは、ほんの一瞬でも一緒に過ごせばわかる。
クソヤローが現場でもやっぱクソヤローなように
かっこいいヒトは、その動きとおおらかすぎるぐらいおおらかな笑顔で
いろんな修羅場をくぐってきたドロンジョ様も渋谷の(ヨソジ)ギャルも
すっかりいい気分になってしまった・・・・というわけです。


この記事が載るのは
6月発売の「RE:Beauty」という女性誌。
う、うそだろ~!? と思ったけれど、
なんと、山と溪谷社から新創刊の美容雑誌です。

世の中、いろんな変化が起きてます。
私も、つまんない穴に落ち込まず、
真っすぐ健やかに生きていこうと思います。
[PR]
by tinpunatabibito | 2009-05-19 13:43 | Comments(2)


むかついたり、ほっこりしたり。

最近よ~くわかったこと。

ファッションにやたらこだわる男と、
能書きだけで
仕事をちゃんとしない男はすかん。
そのふたつが重なった男は・・・ロクなもんじゃね~!

あ、男にだまされたわけじゃないです、
単純に仕事相手に対するまじ切れ。
行き場のない怒りは、ブログに書くとスッキリしますよ・・・と
誰かがいっていたからね。

ヤツのメール見るまでは、ほっこりした気分だったのになぁ。
午後からテングサと豆を煮て、
原稿を書いている間に固まっていたスイーツ。
次回の「ひだまり」ネタのアレンジです。
e0095194_2093786.jpg

ふわふわぷるん。
う~ん、おいしい!
仕事しながら「ちんぷ食堂」修業させてもらえて
ほんと、ありがたいことです。
(お客さんに出すには
この豆の破れっぷりはいかがなものか、って感じですが)

書いてる間に怒りが収まってきたので、
後半戦に突入します。
もう二度と会うことはない相手に
いらいらしてたら貴重なジンセイもったいないですもんね。
[PR]
by tinpunatabibito | 2009-05-17 20:13 | Comments(0)


明け方、やけっぱち更新。

東北横断中、
秋田から走り出して4日め。
朝から何だかやたらだるかったけど、
なんとか太平洋まで走った。
そこでばたっと倒れてしばらく立ち上がれず、
立ち上がって数分後には草むらで吐いていた。
前夜、民宿でよく噛まずに食べたもつ鍋のせいだと思っていた。
その夜は、
いつも鉄壁の胃の私には珍しく、民宿のゴーカめしを残した。
(思えば、その深夜、キヨシローは逝ってしまったのだ)。

おととい、原稿書きながらついつい
スナック菓子(うにあられ)を1袋あけてしまい、
その数分後にものすごい嘔吐&下痢で死ぬ思い。

う~ん、ヒト並み以上にタフな胃も
過酷な峠越え&キヨシローショックでさすがに疲れているんだな・・・
と思っていたら。ららら!

「ノロウイルス感染症が発生したので、しばらく休業します」
と、東北旅の●日めに泊まった宿からの手紙。

この、今までにない嘔吐はノロウイルス・・・?
(ノロウイルスって言葉自体、なんだか懐かしい)
慌てて宿に問い合わせたけど、
私の症状は、やはり単なる食べ過ぎのようだった。

あぁ、もう10行ルール、
とっくに破ってるし!

今月は思いっきりタフじゃないと乗りきれなさそうなので
がんばれジブンと励ますために、
すっかり恒例、巨匠の「今月の一枚」。
うん、私は元気だ。
逆風のなか走り続けて43年だぜ。
e0095194_7124238.jpg

[PR]
by tinpunatabibito | 2009-05-13 07:27 | Comments(7)

    

いつかどこか「陳腐な食堂」開店予定の、52歳キッチン見習いの雑記。
by tinpunatabibito
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧