陳腐な旅人日記


<   2009年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧



深夜2時のつけ麺

ビーパル校了~。

午前1時に編集部を出て、
前に小豆色のコルナゴ、
後ろにピンクのパナソニック。
ロードバイク3台で、中野坂上まで
「ツール・ド・つけ麺」。
こんな時間にいきなり高カロリーめし。
ま、いっか。
深夜の靖国通りをびゅんびゅん走ってきたからね。

e0095194_2521360.jpg

[PR]
by tinpunatabibito | 2009-01-29 02:52 | Comments(2)


この世で私がいちばん苦手なこと。

それは。

地図の校正。



なぜかは、ビーパル3月号を見ればわかります(苦笑)。
[PR]
by tinpunatabibito | 2009-01-28 04:22 | Comments(2)


朝青龍とミスチルと。

考えすぎて言葉に詰まる
自分の不器用さが嫌い
でも妙に器用に立ち振舞う自分は
それ以上に嫌い


ミスチルはなんだか完璧にキマりすぎていて
これまでそんなに聴いたことはなかったけど、
去年の忘年会で
スーパーAさんが歌った一曲の
この歌詞が耳について離れなくなってしまって。

こんな歌詞を書いてしまうサクライさんって、
いつまで青春~!? って感じですよね。

私は「考えすぎて言葉に詰まる」んじゃなくて
「考えなさすぎて余計な言葉を吐く」
自分の不器用さが嫌い・・・・・なんだけどね(笑)。
でも妙に器用に立ち振舞う自分は
それ以上に嫌い。
そうありたい、と思っている。


夕方、原稿書きの手を休めて、
朝青龍と白鴨の最終決戦を見た。

相撲、いつもはまったく見ないけど、
今場所は、初日に朝青龍が勝った一番の
取り組み前に「おらーー!」と気合いを入れたときの顔にぐぐぐっときて。

あの瞬間、
日本国民の6人にひとりぐらいの確率で
にわか朝青龍ファンが増えたと思う。
ずばり、私もそのひとりであります。

今日は、テレビをつけた時点で、
彼の全勝優勝は消えていた。

二度めの直接対決で負けてしまったら、
せっかく今まで勝ってきたすべてがパー。

アップになったときの表情がすごく不安そうで、
(あ~、こりゃ負けちゃうのかな・・・・)と一瞬思った。

そしたら、やってくれました!
あの、「おらーーーー!」という気合いを入れるやつ。

か、かっこい~!
彼はもう大丈夫、
絶対勝つに違いない!

確信どおり勝ってくれたときは、思わず、やった~と叫んでました。


弱いキモチになったときはね。

朝青龍みたいに「おらーーー!」とやればいいんだよ。

気合いで負けたら、そこで終わっちゃうから。

さぁ、みなさん、
みんなで「おらーーー!」と見栄を切ろうじゃないですか。
[PR]
by tinpunatabibito | 2009-01-26 03:26 | Comments(0)


サイクリングに行こう!

「ブログの前に緊急ニュースが入りました。
昨年11月、東京都杉並区内の路上にて盗難に遭っていた
ライターのM山S也さん所有の高級ロードレーサーが、
先ほど発見された、とのことです。
詳しいことはまだ入っていませんが、
M山さんは当番組の取材に答え、
『戻ってきて、大変ほっとしています。
盗んだやつは、きっとコルナゴを乗りこなせなかったんでしょう』
とコメントしております。
以上、現場からの速報でした。。。。。」


ふう~。
ツール・ド・「サイクリングに行こう」特集、
B誌の入稿がいまやっと終わった。

編集さんチェックはまだだけどね(汗)。
とりあえず、坂の上に上った達成感大。

今回は、個性が異なる自転車美女を5人
インタビューしました。
どの人の話も面白かったし、
5人とも全部、カメラマンさんが違っていて、
どの写真もいい感じ。
デザインもなかなかなので、
みんなの足を引っ張らないように
珍しく晩酌もなしの日々を送っていたわけです。


まだ、たぶん地獄を見そうな校了もあるし、
すぐ先にD誌やH誌、TJ誌の峠が控えている。
もうしばらく、心の糸はピンと張ってないとなぁ。

それでも、
カラダが健康で、好きな仕事に没頭できて、
とりあえず、あったかい家の中で毎日ごはんが食べられる。

このご時世にありがたいことだ。


すべての仕事の峠をこぎきったら、
リアル峠を走りたい。

わが愛しの相棒・空(そら)が
「どっか連れてけ~」といっている。
「1時間程度の街乗りはもう飽き飽きだ~」とうるさい。

空はちんぷ荘の台所に鎮座していて、
トイレに行くたびに目に入る。
考えたら、新島と式根島は走ったものの、
まだ一度もこの子とロングライドをしていない。
e0095194_13115661.jpg


発狂しそうなほどキツい坂。

青い空に上っていくような一本道。

私はべつに坂フェチではないけど、
PCの前で仕事ばっかしてると、
いい加減、頭よりも肉体を酷使して
スカーッとしたくなる。

やっぱり、基本
「アウトドア派」だからね。

なんやかんやで行けるとしたら、2月後半かなぁ。

さぁ、どこへ行こう?
[PR]
by tinpunatabibito | 2009-01-23 12:57 | Comments(3)


シャワーキャップかと思った

e0095194_8385734.jpg

目覚め30秒後、『スッキリ!』で
ドン小西の冒頭の発言に笑った。

「そうか!」と腑に落ちるとはこういうことですね。

さぁ、今日もガンバロー! と
楽しくさせてくれてありがとう、ドン小西。


その後チェックしたメールで、
昨夜送った原稿のダメ出しにがくっ。

編集さんはわが文章、腑に落ちてくれなかったようであります。

カツカツに動いているとき、
このダメ出しはへこみます。

しかし、沢尻エリカが女優なら
こっちもプロのライターさ。

見た人が「わ~!」と驚いて、
いろんな人と噂したくなる。
そういう楽しい原稿を書かなくっちゃ、と
2009年は常にポジティブ・シンキングで
突っ走るのみ!・・・・なのだ。


「明治神宮で挙式ブームの先駆けでしたね~」

昨日取材帰りに入ったモスバーガーにあった
「沢尻エリカ本日挙式!」のスポーツ紙を見ながら、
カメラマンのGさんに言ったら、

「聞いてくれれば、いろいろ教えたのにね」
と言ってました。


決めなければいけないここ一番で決める、
そういうプロが私は大好きだ。

だから、かっこいいぜ、沢尻!
女優業のほうも、これでじゃんじゃん復活、かしら。
もう誰も、「別に」発言のこといわないもんね(笑)。
[PR]
by tinpunatabibito | 2009-01-20 08:56 | Comments(0)


自転車人、絶賛発売中!

e0095194_203151100.jpg


自転車好きフォトグラファー、
ゴトーさん の写真が「自転車人」表紙を飾りました。

オリエンタルラジオのあっちゃん、かっこいい~!

自転車に乗りはじめてから、生活も一変したようで、
そのへんのお話は、巻頭インタビューをぜひ!


今回は、「Life Size Bike 2009」という特集の扉で、
たくさんの自転車人仲間に協力してもらいました。

蒼井優似と噂(?)の美人フォトグラファーK子さんが撮った
自転車人大集合の写真も
とっても楽しい雰囲気です。
あの青年とあの美女とあの画伯が紛れ込んでいますので、
ウォーリーを探せ、みたいに探してください。
e0095194_2135658.jpg

(↑上の写真はPC画面をデジカメで撮ったもの、
ちょっと暗いですが、あしからず。。。)


みんな、ありがとう!

あ~~~、早く自転車で遠出したい!
[PR]
by tinpunatabibito | 2009-01-15 20:55 | Comments(1)


あの娘の消息

忘年会で大勢の仲間と飲んでるとき、
ほんの一瞬だけど頭をよぎるわけですよ。
ココニアノコガイタラ。

年賀状を書いてるときも思うわけですよ。

ココニアノコハイナイカラ。
正月でも今年は実家に帰ってこないんだろうなぁ、と。


アメリカに行ったきり、住所も知らせず、
メール一本よこさない放浪娘なんて知るか。
きっとフォレストと幸せにやってるんだろう・・・と思いつつ、
ちらっ、ちらっと気になっていたあの娘の消息。


そういうこっちのキモチを見計らったように、
エアメールが届く。
ほんと小憎たらしい娘だ(笑)。

e0095194_22173742.jpg

2.20ドルの封筒には、
飛び出すビールジョッキつきのカードと、
「・・・と話はあっさり終わるところでしたが、
やはり続きの紙が入っているのでした」の前書き付きの手紙。
おまけに、昨年5月末の出発前に出しそびれたという手紙まで入っていた。

帰ったときに怒られそうだから
手紙の内容は書かないけど、
ひとつだけ、シメの文章をばらしちゃおっと。
だって、あんまりおかしいから。

≪2009年の目標はピュアになる」。
なんでも純粋な心でたのしみまくろうと思います≫


・・・おいおい、
アンタは2004年に知り合ったときから
ず~~~っとピュアで
なんでもたのしみまくってたよっ!
それ以上、ピュアになってどうする。

おかしくって、ツッコミどころ満載で、
気分がほっこりして。
取材の合間に2回読み返した。

メールじゃなくて、手紙、ってところが
いつもずるいんだよ。
あすかちゃんはね。


カードと手紙だけだと思ったら、
最後にすごいものが入っていた。

し、しあわせそう・・・!

し、しかし、黒い・・・・。
花嫁、小麦色に焼けまくりですがな(笑)。
e0095194_2233334.jpg


仕事が一段落したら、
ゆっくり返事を書こうと思います。
せわしないときに適当に書いちゃうと、
やつはすぐ見抜くからね。
とりあえず、happyそうでよかった。
[PR]
by tinpunatabibito | 2009-01-14 22:42 | Comments(2)


大阪は大丈夫だろうか(・・・でした!)

e0095194_95516100.jpg

2009年初の新幹線。いきなり缶コーヒーをひっくり返し、前の前の前の前の座席の下まで茶色の川が流れる。こんなときどうしたらいいか一瞬固まる。とりあえずトイレットペーパーをぐるぐる取ってきて、すいませんすいませんと謝りつつ、黙って革靴を上げているサラリーマンたちの足元を掃除して回る。その後、デッキで車窓の風景を撮っている女性がいて、振り返ったら先週の鎌倉ロケで初仕事したばかりのSさんだったからびっくり。これが男女ならドラマみたいな偶然だ。それから本日取材するNさんの資料を読んでイメトレ。今日は朝から異変続きだから、また失敗しないように慎重にいかなければ。名古屋で窓際の席が空いたので移動して外を見たら、うわわ! 雪だよ! これを書いてる間にも新幹線はぐんぐん西に向かっているけれど、田んぼも屋根も線路も真っ白。ひさびさに仕事するまやちゃんと表紙狙いの撮影なのに、まさか雪が降るなんて~! ショックな反面、初雪に浮かれての携帯更新でありました。

1月14日の追記

大阪に着いたら、とってもいい天気!

待ち合わせの駅で地上に出たとたん、
かっこいいメッセンジャーのお兄さんを発見し、
荷物を届けにビルの中へ消えたお兄さんの居ぬ間に
ちゃりんこを観察。

そのちゃりにはいっぱいステッカーが貼ってある。
あ~、アウトドア好きなんだなぁ~、
パタゴニアのステッカーも貼ってある!

・・・・と思ってよく見たら、さすが大阪!
e0095194_21533684.jpg

e0095194_21535255.jpg


面白かったので、お兄さんの出待ちをして、
デジカメでj相棒との2ショットを撮影させてもらい、
ちゃっかりアンケート用紙も手渡してきました。

お礼を言って見送ろうとしたら、
なんと爽やかに、手を差し出された。
握手ってなんだかピース。
すごく爽やかなメッセンジャー君でした~。

まやちゃんとの2年半ぶりの撮影も
このとおり、青空の下。
取材したNさんも最高で、
2009年最初の出張が楽しく終わって、あ~、よかった!
e0095194_21593159.jpg

[PR]
by tinpunatabibito | 2009-01-13 09:55 | Comments(0)


よみがえる青春!

三連休もどっぷり仕事であります。

家で仕事中、私は大体、J-WAVEを聴いてますが、
ついさっき、素晴らしいものを見つけてしまった~~~!

80年代、NHK-FMでやっていた「サウンドストリート」。

ある時から急に熱が冷めてしまったけれど、
高校時代の私は、佐野元春が大好きでした。
キヨシローよりも、じつはずっとつきあいは古いのです。
名古屋でコンサート(80年代はライブなんていわなかったさ)があれば必ず行ったし、
元春が出演するビックイベントが東京であれば、
友達とその弟と新幹線に乗った。

彼がDJをしていた「サウンドストリート」も、
もちろん、毎週聴いていた。

月曜の夜10時、「アンジェリーナ」のイントロが流れてくるとゾクゾクした。
(番組スタートの曲は、途中で「彼女はデリケート」に変わったのだ)。

オルガンの上に載ったラジカセに耳を寄せて。
リアルタイムで聴きながら、カセットテープに録音もしてた。
いわゆる、「エアチェック」ってやつです(笑)。
私がラジオ好きになったのは、
なんといっても、この「サウンドストリート」があったから。
今でも、実家を探せば、どこかの箱の中から大量に
「サウンドストリート」を録音した
赤いマクセルのカセットテープが出てくるはずだ。


しか~し!

必死で探さなくても、
「青春ラジカセ」というwebのこの画面をクリックするだけで、
なんと、当時の録音テープがパソコンで聴けちゃうのだ。
e0095194_1392254.jpg


当時は繰り返しテープを聴いていたから、
曲の合間に元春が話していた言葉のひとつひとつを
先週聴いていたみたいによく覚えている。

インターネットは害も多いけれど、
こんな形で、青春をよみがえらせてくれるから、やっぱ素敵。

佐野元春の歌を聴いたことがないという人も、
彼を好きじゃない人という人も。
ぜひ一度、
わがラジオHEROが残した伝説の番組を聴いてみてくださいな。

I wanna be with you tonight!
e0095194_1392848.jpg

[PR]
by tinpunatabibito | 2009-01-11 01:53 | Comments(3)


ぎりぎりの人生にラッシュを感じるタチなんだ。

2009年初ロケは、タレントKTさんのプチ・インタビュー。
鎌倉の海辺をレンタサイクルで走るスナップの撮影。

「曇り空で気温も低いので肌寒いけれど、
今日一日は雨は降らないでしょう」
・・・てなことをいっていた、朝の天気予報。

しし座の運勢は、12星座中トップ。
お~~~しっ! 
と気合が入って、
初仕事のカメラマンさんと待ち合わせの1時間半前に鎌倉駅へ。

ロケハン、ロケハン、ロケーション・ハンティング日和だわ~い!
e0095194_1184271.jpg


鎌倉駅から徒歩5分の「GROVE」でMTBをレンタルし、
若宮大路を通って、滑川の信号のところで
海を見た瞬間に、テンションがぐい~~~んと上がる。

久しぶりのごっついタイヤ。
段差も砂も怖くない。
ロードは軽くて好きだけど、
やっぱMTBはMTBで素晴らしい。
あと、フラットバーのほうがやっぱ私は気楽なのだ。
e0095194_1234786.jpg


ひとりサイクリングのジブン撮りも、
だいぶ上手に・・・・なった。
まぁ、前と比べれば、削除するカットが減ったというレベルですが。
セルフタイマーの10秒がだんだんわかってきたような。
e0095194_1262140.jpg


待ち合わせ40分前に切り上げ、
駅近くのそば屋でランチ。
注文後、なかなか出てこないので、
約束の時間に遅れるかも・・・とジリジリしたけど、
出てきた「かき揚げ冷やし蕎麦」がやたらうまい!
エビがぷりっぷり、
衣がサックサクのかき揚げがふたつも付いて800円!
揚げたてのかき揚げに、またまた楽園モード急上昇~~~。
e0095194_1321114.jpg


栃木出身のタレントKTさんは、
イチゴのとちおとめみたいに可愛い24歳。
海辺をゴキゲンで走る彼女の後を、私もレンタサイクルでついていく。
途中、制服姿の高校生カップルが手をつないで歩いていた。

稲村ヶ﨑の手前で撮影して、カフェでインタビューも終えて。
さぁ、また自転車で戻りましょう・・・と、
KTさんとふたり並んで雑談しながら帰った。

「ちょっと写真撮ってもいいですか・・・・?」

自転車を停めて、彼女が携帯を空にかざす。
海で遊んでいる子供たちを真剣な顔で撮っている。

「また鎌倉をレンタサイクルで走りたいですね~。
あと! さっきもいましたけど、制服姿の高校生カップル。
海辺をあんなふうに手をつないで歩けるなんていいですね~!」

わお~、行きはお互い何も言わなかったけど、
自転車こぎながら、
ふたりとも、やっぱ同じところ見てたんだぁ・・・と、
なんだかおかしくなった。


2009年の初ロケが晴天のまま終わり、ほっ。

せっかく鎌倉まで来たから、
ちかちゃんの仕事場にちょこっと遊びに寄った。
午後の日差しが傾いてる。
懐かしい友に会いに、海辺を歩くのも楽しい。
e0095194_1581676.jpg


海まで5分のサーフショップの2階を間借りしているちかちゃん。
自然光がたっぷり入る仕事場には、
MTBとウエットスーツ常備。
e0095194_1564458.jpg
e0095194_156562.jpg


なんてステキな仕事場なんだ!
よくこんな楽しそうな空間で仕事できるなぁ~、と感心する。
やっぱ、いろんな人がしょっちゅう遊びに来るらしい。

デザイナーのちかちゃんは、
最近は雑誌よりも、Tシャツデザインが面白いようだ。

部屋に入ったとたん、目に飛び込んできた「のらやぎ」Tシャツ。
J-WAVEのTシャツデザイン大賞(?)を取って、
20枚だけつくったら即完売だったんだって。
増刷されたら、絶対私も買うよ。
e0095194_223230.jpg


ウミガメも可愛いし。
e0095194_225438.jpg


八重山最高峰のおもと岳(@石垣島)も渋い。
e0095194_234953.jpg


オリオンビールも最高サ~。
e0095194_24211.jpg



そう、ちかちゃんは
私よりはるかに八重山好きで、
いつか、島に移住を考えているひとり。

「このTシャツなら絶対売れるよ~。
じゃあ、壁一面にずら~っとTシャツが並んだ
『TシャツBAR』でもつくろうよ~」

ちかちゃんのセンスと集人力 ※この人はどこでも人気者なのだ。
私の七転び八起きパワー ※すいません、自慢すべき点がそれぐらいで。
があれば、
八重山一の人気BARができる!


ちかちゃんに会うたびに
ぱ~と楽しくなって夢を語っちゃう。

「ま、先立つものは金だね。。。
どこかのお金持ちが、出資してくれないかね。。。」

そんな結論で、
今度、湘南一ヘヴィな焼鳥屋に行こう、という約束をして別れた。

帰りは鎌倉まで江の電で。
考えたら、生まれてはじめて乗ったのでした。
e0095194_215573.jpg


新宿湘南ラインに乗り換えてから、
編集S氏に借りた雑誌を読む。
メッセンジャーの談話にぐっとくるフレーズがあった。

「ぎりぎりのところでリスクとともに生きてることにラッシュを感じるタチなんだよ」。

そうだなぁ。
私が自転車乗ってるのも、自転車操業の仕事を続けてるのも、
そういうタチ、だからとしかいいようがない。

そんなこんなで帰ってきたら
インタビューテープ、またしても録音失敗してた(蒼)。
すごくイイ話、潮風に消えて。
どんないい運勢の日も
やっぱ、落とし穴には気をつけよう、とうなだれました。

つーか、何度おなじ過ちを繰り返すんだーーー、私!!
[PR]
by tinpunatabibito | 2009-01-09 02:19 | Comments(3)

    

いつかどこかで「陳腐な食堂」開店予定の、51歳キッチン見習いの雑記。
by tinpunatabibito
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧