陳腐な旅人日記


<   2008年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧



くさや、焼いちゃいました

「前に渋谷区役所の前でさ~、
くさやの干物を七輪で焼いたホームレスがいて。
区役所じゅうににおいが立ち込めて
消防車が出動する異臭騒ぎになったんだよ~!」


新島の宿で会った人に聞いたのは、
すでに、くさやの干物をお土産用に買ったあとだった。
島焼酎の「嶋自慢」飲みながら、
肴は、瓶詰めの「焼くさや」。
初心者向けに、醤油で味付けしたもので、
私にとって、それがくさや初体験。
くさやを手づくりしている島の人たちを取材したから、
「いやだ~、くさぁ~い」
なんて、もう思えなかったし、
たしかにクセはあるけど、べつに嫌いじゃないかも。
島焼酎がぐんぐん進む珍味だ・・・・と思った。


でも、焼くさやならともかく、
生の干物は、やばいよ・・・と、その人がいうのだ。

「都内のアパートで焼くなんてとんでもない。
大騒ぎになっちゃうよ」

翌日、島のおばさんに聞いたら、
「うちの息子も都内に住んでいて。
(※あ、新島も都内・・・ですけどね)。
くさやが大好きで食べたいらしいんだけど、
干物はさすがに焼けないからって、
いつも、焼いたやつを送ってるのよ」・・・・だって。


そうか、焼くとそんなにやばいのか・・・・。

笹塚で異臭騒ぎ。
消防車、3台出動



まぁ、そうなったらなったで、
「ネタ」として面白いかも・・・・。
べつに、
「住宅街でくさやを焼くべからず」という規制があるわけじゃなし。


やけっぱちで焼いてみた。
アオムロのくさや。

なんともいえないにおい・・・が漂う。

ネットで調べたら
「死体を焼くようなにおいがする」と通報騒ぎもあったらしい。
死体を焼くにおいはよくわかんないけど、
もっと、シモ系の・・・
おしっこが溜まったまま2~3日放置された地下街の階段・・・
みたいなにおいがする。


不安になって外へ出てみたけど、
思ったほど、においは漏れていない。
大丈夫、
渋谷区内のアパートでも、
くさやは焼いて大丈夫でした。
e0095194_2252227.jpg



干物は3枚買ってきて、
1枚はご近所のカメラマンさんSMさんにあげた。
笹塚駅前のマンション住まいの彼女が
異臭騒ぎを起こしてないか。
今のところ報告はない。


もう1枚、どうしよっかな~、
ジブンで食べても全然いいんだけど、
何となく、もう十分堪能した気がして
明日「ひだまり手づくり塾」の撮影に行くハセベ君にメール。

「ハセベ君はくさや、平気な人ですか。
だったらお土産持っていくけど、
絶対持ってこないで~! っていう人ならやめときます(笑)」


じつは新島からうちの親にゆうパックで送ったんだけど、
焼くさやですら、どうにもこうにも臭くてダメだったらしい。
「手を洗ってもにおいがとれない~」と電話口で悲鳴をあげるハハ。
干物は、好きそうな知人にあげるといっていた。
食べられないお土産・・・・ほど、メーワクなものはないわけで。
事前の確認が必要なんですね。


そしたら、しばらくして返事。
「くさや、めちゃくちゃ嬉しいです!
ぜひお願いします」

・・・・・ハセベ君ちも集合住宅だけど、
なんのためらいもない返事だな~。
(さすが、B型は天真爛漫)。


明日かあさってあたり、
荻窪で異臭騒ぎが起きても、
原因は「くさや」ですから。
美人妻のみーちゃんが怒らないかチト心配。
[PR]
by tinpunatabibito | 2008-11-30 22:39 | Comments(0)


島から島へ。

e0095194_8505892.jpg

新島で3泊し、すっかりクサヤ臭くなったジャケットとともに、さっき式根島に到着。これから夕方までのんびり島をめぐります。がんばれ太陽!
[PR]
by tinpunatabibito | 2008-11-25 08:50 | Comments(2)


渋谷?

e0095194_1548778.jpg

[PR]
by tinpunatabibito | 2008-11-22 15:48 | Comments(4)


島へ。

今日は、自転車芸人 の某氏にインタビュー。
自転車に毎日乗るようになって何がどう変わったか。
とてもいい話をしてくれた。

毎日テレビをつければ出ていて
会う前は、もっと軽薄な人かと思っていたけど、
とても地に足がついていて
きちんと話が通じる人だった。
頭がよくてやさしい自転車人なんて最高だ。

やっぱ世間に出る人は
それだけの魅力があるから
何年も人気者でいられるわけですね~。

その某会社(お笑い関係)の駐輪場。
e0095194_19131957.jpg

かっこいいちゃりんこがいっぱい。
(私のはさて、どこでしょう?)
今は若手芸人さんがじゃんじゃん自転車に乗って
テレビや雑誌でも
「自転車は楽しいよ~!」とアピールしてる。
彼らがクルマ社会のニッポンを改革するのか・・・・も!


これから、4~5日旅に出ます。

22時に出港する船で、小さな島へ。

笹塚から電車で輪行するより
走って向こうでバラしたほうがラクチンなので
桟橋までちゃりんこで向かいます。
地理音痴なワタシ、
無事、桟橋までたどり着けるかが心配だ・・・。
[PR]
by tinpunatabibito | 2008-11-21 19:20 | Comments(0)


事件は高尾山で起こっているんだ!

チチとハハが
名古屋から1泊2日のバスツアーで
「紅葉の高尾山、奥多摩湖」を巡りにきた。

高尾山は、京王沿線のわが家から約50分。
こんな近距離なんだから、
ちょっくら会いにいくべ、と
紅葉見たさもあって出かけた。

ツアーの予定では
ケーブルカーの「高尾山」駅に1時半ぐらいに着くらしい。
平日だし、駅に行けば会えるだろう、と思っていた。

e0095194_095674.jpg



そしたら高尾山、
ものすごい人であふれていた。
日本人って、ほんと紅葉が好きだね~。
遠足の幼稚園児から、
超ミニスカのギャル(死語?)、
犬連れ登山のミセス、
じいちゃん、ばあちゃんまで、
とにかく、ヒト、ひと、人だらけ。
みんな、平日なのに仕事してないのかい?(ジブンを棚にあげ。。。)

この間、取材で行った長野の山は
紅葉のピークなのに、だあれにも山で会わなくて
愛さんとのんびりゆったり、山をふたり占めだった。
ああいう静かな山のよさを知っちゃうと、
紅葉よりも人を見にいくような山には、正直ぐったり。

e0095194_0111168.jpg

e0095194_0112376.jpg


ケーブルカーを降りたところがむちゃ混みだったので
いいや、山頂で待ってようと、
ひとりでガシガシ、歩いていった。

e0095194_0113983.jpg


チチとハハはケータイを持ってない。
予定通り到着しているのかいないのか、
どこらへんにいるのか、全くわからない。
この人ごみのなかじゃ、もう会えないかな~、と思いつつ。

そしたら途中、「公衆電話」から着信アリ。

ケーブルカーの駅に降りて、私を探していたらしい。
わるい、わるい。
もうすぐ山頂に着くから上でまってるよ。


30分ぐらい待った。

今日はすごく暑い日で、
富士山も、まぶしい光の中で白っぽくしか見えず。

TOKYOの山頂で感動的な親子の再会・・・・・・

会うまではそんなメイクドラマをちらっと思ったけど、
「あ~、いたいた!」って、
会ってしまえば、いつもどおりのチチとハハ。

「さぁ、ビール飲もう、ビール」
うちのチチはそれしか考えておりません(笑)。
親子って似ますね~、怖いくらい。

e0095194_0201847.jpg


ツアーだから集合時間が決まっている。
ケーブルカーの発着駅に3時半には戻らないといけないらしい。
記念写真撮って、そろそろ帰ろう。。。
と、通りがかりの若い男性にシャッターを押してください、とお願いした。
そしたらそのヒト、写真撮るのが苦手のようで、
1カット撮るのに、ものすごい時間がかかる。
「これで映ってますかね~?」
いわれて確認したら、一面、青空しか映ってなかった(苦笑)。

上の写真を撮ってもらったものの、
どうする? もう一枚、撮っとこうか、と
時間がないのに、慌ててまた別の人にお願いした。

一眼レフの立派なカメラを持っているおじさんだから
今度は安心だと思っていたんだけど。

「ガシャンッ!」

カメラが落ちた。

すごい音がして、カメラが落ちた。

急いでお願いしたから、
ちゃんと手渡せてなかったんだろうか。
今となっては、何がどうしてそうなったかわからない。
おじさんの故意ではない・・・・。
むやみやたらと、人を頼った私がいけないのだ。


わがよき相棒、GRデジタル。
こんなんになっちゃいました(号泣)。

e0095194_0333376.jpg


じつは、つい2週間ほど前も
ちんぷ荘の玄関の前で落っことしている。
今日の落下音はハンパなかったしな~。
壊れたのは液晶だけで、
データはちゃんと残ってるんじゃないか?
そんな期待していたけど、もうダメみたい・・・・・。
唯一無二のカメラなので、
さっそく月曜に修理に出そうと思うけど、
落下で修理に出すのは、これで三度目。
わがGRの耐久性を持ってしても、
ちゃんと復活するか心配だ。

「お前はほんと、お金がたまらんな~」とチチ。

ううっ、高尾山に会いに行くのは
片道350円でできる小さな旅だと思っていたのに
たぶん、修理代2~3万円(涙)。

そんなこんなで、
ケーブルカーの駅に着いたら、
とんでもなく長蛇の列。
どう考えても、集合時間には10分ほど遅れてしまう。。。


「○○ツアーできたかとうさ~ん!」

ケーブルカーを降りたら、
ガイドさんが大声で叫んでいた。

「じゃあ、行くねっ!」

ガイドさんに叱られてあせりまくりのハハは
別れを惜しむまもなく、猛ダッシュ。
ガイドさんと一緒にぐんぐん先を歩いていく。

「じゃあな」

歩くのが遅いチチも急いで後を追うのかと思ったら、
いきなり、駅のトイレに消えてしまった。
缶ビール、消化はやいね。。。

おいおい、お母さん、
後ろも振り返らず、どんどん行っちゃったよ~。

これじゃ、トイレから出てきたチチは
まちがいなく、「迷子」、じゃない、
「迷爺」になるじゃ~ん。

じゃあな、といわれても、
ほっとけないよ、この状況・・・!?

案の上、わがチチは迷爺になった。
バスがどこで停車しているのか
まったくわからないのだ。

「どうするよ~、置いてかれちゃったよ~」

イジワルな娘のイジワルな問いかけに
「これはやばい・・・」と、やっと自分の状況が見えてきたチチ。
(数分前はトイレしか頭になかったのだ)。

「バスはたぶん、こっちに停まっていると思う」

あてずっぽうで、右へ行こうとするチチに
「何の根拠があって!? 駅と反対側だよ!?」
私の言葉もどんどんキツくなる。
ケータイを持ってないと、はぐれたときホント不便。

ガイドさんのケータイを教えてもらおうと、
ツアー会社に電話しているとき、
人の波のはるか先に
チチを捜索中のハハとガイドさんがちらっと見えた。

「おかあさ~~~ん!」

思いっきり大声で叫びましたよ。
えぇ、いいトシした女がね(笑)。

「お父さん! どこにおったのーー!」
「お母さんは、なんでさっさと先に行くんだっ!」

やっと会えたとたん、夫婦喧嘩してる(苦笑)。

どっちもどっちだよ~、ったく!
まったく、ツアーのガイドさんも大変だなぁ、と思った。

そんなこんなで、
カメラは壊れちゃうし、チチは迷爺になっちゃうし、

まぁそれでも、
元気なチチとハハの顔が見れたからいいか、と
もうヤブレカブレな秋の夜。

やれやれ。

でも、明日はサイクリング日和っぽいし、
早く起きれたら、奥多摩湖もいっちゃう?
TOKYOツアー中のチチとハハおっかけライド。
早く起きれたら・・・・ね。
[PR]
by tinpunatabibito | 2008-11-15 01:19 | Comments(2)


自転車泥棒撲滅キャンペーン

もーりー部長の愛車コルナゴが盗まれた。

「なんで~? 鍵かけてなかったの~?」
「夜遅くて、すっごい急いでいたから。。。」

雪国育ちの純真な青年は、
この世に自転車を盗むような悪人がいるとは
信じられない様子だった。
(ちょっと脚色)。


想像してみる。


人影まばらな深夜1時。
残業明けに、ちょいと一杯だけ飲んできた
サラリーマンH氏が荻窪駅前を歩いていた。

「あ~あ、今日も残業で疲れたなぁ。
最近、残業~酒ばっかで、このままいったらメタボ一直線だな。
かっこいいちゃりんこで通勤したらいいんだろうけど、
いま流行りのロードバイクとかって車なみに高いんだよな~。
オレの安月給じゃ、買えないよ・・・・」

ほろ酔いでコンビニに立ち寄り、
酔いざましのアクエリアス350㏄を一気飲みした。
空になったペットボトルを
違法駐車の自転車のかごに投げ入れようとしたとき、


茶色のロードバイクが目に飛び込んできた。

「これこれ、こういう自転車が欲しいんだよな、オレ」

かっこいい細身のフレームに「COLNAGO」とある。

すっごい高級車だと聞いたことがある。

革のサドルもクラシックでいい感じだ。

よく見ると・・・・・、

「!!?」

なんと! 鍵がかかってないじゃないか!


H氏は15秒悩んだ末に、
その自転車に飛び乗り、夜の街に駆けだした。


びゅんびゅんびゅん!

すごく軽くて、なんて走りやすいんだろう・・・・!

この自転車となら、どこまででも走っていけそうな気がする・・・・!



そんなこんなのH氏が
茶色いコルナゴで今日も
この冬空の下のどこかを旅しているかもしれません。

書いているうちについ、「H氏がんばれ!」と、
自転車泥棒のほうに肩入れしてしまいましたが(アホ)、
ジブンがもし相棒を盗まれてしまったことを想像すると、
とてもショックだし、現実問題として困る。
やっぱり、必死で捜索するだろう。

写真の自転車で爆走しているH氏を見かけたら、
そいつが
雪国育ちの純真な青年の自転車を盗んだ泥棒です。

そっとつかまえて、
「お金貯めて、今度はジブンの相棒と走りなよ」
と、やさしく諭して、ちゃりんこ取り返してくださいな。

e0095194_17113832.jpg


追伸:
自転車泥棒のサラリーマンをH氏としたのはあくまでフィクションです。
荻窪在住の「ひだまり」H氏とは無関係ですんで、あしからず!
[PR]
by tinpunatabibito | 2008-11-08 17:25 | Comments(4)


1時間/73年

ほんの1時間でも
直接会ってお話を伺い、
その人が語った言葉をまとめたことがある。

そういう人が亡くなったNEWSを聞くのは
たぶん、はじめてだ。

だから、結構ショックだった。

筑紫哲也さん逝くのNEWS

いまは廃刊になった「ウッディライフ」という雑誌で
この人をインタビューしたことがある。
50号記念特集・・・・・だったかなぁ。
実家に帰ってバックナンバーを探せばわかるけど、
読み返すのが怖いくらい、昔の記事だ。

いま思うと、
筑紫さんにインタビューするなんて
とんでもなく恐れ多いことだけど。

当時の私はいま以上に能天気なアホで、
いまほど真面目で小心者じゃなかったから、
取材前にあまり下調べをしていかなかった気がする。
(それは、編プロ社員と、フリーライターの緊張感の違いかもしれない・・・)

だって、筑紫さんのプロフィールで思い出すのは、
大分県出身、ということぐらいで。
事前に筑紫さんの本を読んだ記憶もない(蒼)。
「NEWS23」は見ていたけど、
すごい熱心な視聴者だったわけでもない。
蛇足だが、
当時はウィキペディアもYou Tubeももちろんなかった。


まぁ、取材なんて山のように受けている人だから、
そのインタビューはとくにソツなく終わった(・・・と思う)。

日本の森、について聞いた(・・・はずだ)。

たしかTBSの楽屋だった。
内容は覚えてないのに、
インタビュー中に内線電話がかかってきて、
その相手にすごいにこやかな顔で、結構、長電話していたこと。
笑いながら電話で喋っている筑紫さんを
目の前でぼーっと見ていた時間だけ今もくっきり覚えている。

いまの私だったら
(この電話が終わったら、あれとこれを質問して・・・・)と
必死で整理してるんだろうけど、
記憶のなかの私は、ただぼーっと、電話で話す筑紫さんを見ていた。


ご冥福をお祈りします。

いまごろ天国で
「異論・反論・オブジェクション!」が
始まっているかもしれないですね。
[PR]
by tinpunatabibito | 2008-11-08 05:02 | Comments(2)


山づくし7DAYS

登山部部長もーりーのブログや、
与那国島でヘルパーしていた頃は、その後一緒に山に登るなんて考えもしなかった
くらけんのブログには相当出遅れつつ。。。
「山はいいね」って話。


10月28日(火曜)

南アルプスの懐へと入っていく。
今日から、山の生活がはじまるのだ。
紅葉に見とれるオザーさん。
e0095194_23224579.jpg


北沢峠近くで幕営。
テントサイトはリバーサイド。
予想以上にトイレがきれいでほっ。
ちゃんと紙もある。
e0095194_2326888.jpg


さむかったので、
持ち込み焼酎、一晩で飲みほす。
ガールズトークの話題は、
もっぱら・・・・●●●●。
いや~、笑ったなぁ。
自然の中で腹を抱えて笑ったのは久しぶりかも。
e0095194_23304699.jpg



10月29日(水曜)

「山の団十郎」甲斐駒ケ岳へ出発の朝。
e0095194_23325194.jpg


歌舞伎役者が見えを切ったときのように美しい、
あの山の頂へと向かうのだ。
e0095194_23335214.jpg


おやつ番長ザオー。
次から次からおいしいおやつをくれる。
なんてスバラシイ!
e0095194_23354861.jpg


しっかし、ほんと、いい天気!
この空、
この風景。
平日登山は、キモチいい遊び場を貸し切り状態。
e0095194_23434841.jpg


仲間との登山では、
いろんな背中を見る。
歩きながらみんな何を考えているのだろう。
山での後ろ姿がかっこいい大人になりたい。
e0095194_23391626.jpg

e0095194_23401159.jpg

e0095194_23403874.jpg

e0095194_2344591.jpg


甲斐駒ケ岳の山頂にて。
e0095194_23453719.jpg


左に日本一の富士山、右に日本二の北岳。
そして、そんな日本をいつか飛び出す? くらけん。
e0095194_2347653.jpg


体調の悪かったともちゃんを
後ろから見守る三銃士。
e0095194_2350134.jpg


夕暮れ間近の北沢峠。
仕事のため、1泊で下山するふたりを見送る。
e0095194_23512668.jpg

にぎやかなふたりが消えた夜は、
冷え込みが激しく、
夕食を食べたとたん、テントに逃げ込んだ。
わざわざ新宿駅で買った文庫本、
1ページも開かず、沈。


10月30日(木曜)

この日は、仙丈ヶ岳に登った。

前の晩だか、この朝だったかの会話。

「下山のときのくらけんって、なんかあぶなっかしいよね~。
浮石を踏みまくって、『はっ!』・・・なんて焦ってるし~(笑)」

「(・・・ムッ) そういう陳腐さんこそ、
登りのときはゼエゼエうるさくて、

亀の産卵みたい
じゃないですかっ!」


温和なようで売られた喧嘩(?)は買う男、くらけん。
・・・・すっごいくやしいけど、珍しくドンピシャなたとえだったよ。
アサイチから、卵を5つぐらい産んだ感じ。
3合目ぐらいで
「やっぱ、北沢峠で待ってるよ」と
一瞬いいたくなったけど、
この先に待っているだろう絶景、
ここまで来て、それを見ないで下山なんてできない。

e0095194_07919.jpg


e0095194_0743100.jpg


空身の私たちの30分遅れで、
キャンプ装備一式入ったザックで歩いてきた
「アウトドア界のツートップ」ショータローさんとタローさん。
ふたりの点がゆっくり山頂に近づいてくる。
e0095194_0135981.jpg


編集部とかフェスキャンプで見るときより、
3000mを超える山の上で見たほうがふたりは断然かっこよかった。

そういう男に僕はなりたい。
(・・・・・・って、誰の声?)

仙丈ヶ岳の山頂にて。
e0095194_020816.jpg


小さな山も大きな山も
とがった山もまあるい山も
みんな輪になって踊っているようで、
あんな景色、はじめて見た。

山っていいな。

来てよかったな、と思った。


10月31日(金曜)

前夜いったん帰京し、
冷え切った体をお風呂であっためたり、
ちょこまか、仕事なんぞもしまして。

なぜか、再び、山のほうへ移動。

八ヶ岳山麓のシェルパ斉藤さんちで
B誌の親睦キャンプ。

なんと、このヒトの車に便乗させてもらいました。
気づいたら、
焚き火しながら朝5時まで飲んでいた。


11月1日(土曜)

朝、斉藤さんちで記念写真。
e0095194_041155.jpg



「明日から伊勢で、サーフィンの大会に出るんですよ~」
と話していたK井R子さん、
なんとなんと! 優勝しちゃったようですヨ~!
すごいなぁ~。
やっぱ、キャンプで朝10時すぎまでバクスイできる女子は
ハンパじゃないね。カッコイ~。


11月2日(日曜)

取材でまたまた、@長野。
今度は中央アルプスの麓で
紅葉の湖や、ススキの棚田をパチパチ。
夜は、村の農家民宿で猪鍋。
映画『黒部の太陽』で、ロケ隊のまかないをしていたという
89歳のおばあちゃんに、
石原裕次郎とのツーショット写真を見せてもらった。
「湯河原の大きな旅館で女中奉公していた」17歳からの4年間と、
「気がついたら全財産を盗まれていた」23歳の頃と、
「裕ちゃんはいい息子(男)だったね~」という黒部で働いていた頃と。

ちょっとボケてるばあちゃんは、何度も何度も同じ話を繰り返し話した。
青春時代の強烈な記憶なのだろう。
わたしがいつかばあちゃんのトシになったとき、
何度も語ってしまう「強烈な出来事」ってなんなのだろう。
それはできるなら、
悲しい記憶よりも、ひとつでも楽しいことが多いといいなと思う。


11月3日(月曜)

黒米おにぎり食べたり。
e0095194_131137.jpg


紅葉に見とれたり。
e0095194_1347100.jpg


落ち葉でフカフカの登山道を
カメラマンのアイさんとのんびり歩く。
e0095194_115945.jpg


小さくても、山頂は360度の展望。
愛知県小牧市から日帰り登山のおじさんたちに
正面に見えるのが中央アルプスの山々、
後ろに見えるのが、南アルプスの山々だと教えてもらった。


「つい4日前は、あの山の上にいたんだよ」

仙丈ヶ岳を指さして、ちょっと誇らしげにいうと、
アイさんは北風にぴゅーぴゅー吹かれながら、
「へぇ~、すごいね~!」といった。

高い山、低い山。
どんな山も、遠くから眺めているだけより、
どかどか懐に入っていったほうが
いっぱいいい景色を見せてくれる。

3000mとか1400mとか
数字に関係なく、美しいものは美しいし、
楽しいものは楽しい。

山のように
いつもどっしりかまえていて、
誰に対してもオープンで。
自然のまんまでいるけど、
たまに紅葉や雪でお化粧するとぐっと華やぐ。


そういうヒトに私はなりたい。

・・・・と思った、アフター7DAYS。
[PR]
by tinpunatabibito | 2008-11-04 01:31 | Comments(0)

    

いつかどこか「陳腐な食堂」開店予定の、52歳キッチン見習いの雑記。
by tinpunatabibito
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧