陳腐な旅人日記


<   2008年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧



さよなら、KEMURI。

私は、20数年来、喫煙者だった。

原稿書くときはコレがないと落ち着かないし、
お酒を飲むときもコレがないと間が持たないし。
キャンプで誰に気兼ねなくできる一服も
こってり料理を食べた後の一服も
一生やめられないと思っていた。

今まで、禁煙しようなんて
これっぽちも思ってなかったけれど。

クニイさんのブログ
に軽い衝撃を受けたというのもあったりして。。。
(取材のときも、一緒にぷかぷかしてたのになぁ~)。


タスポ導入の7月1日から、
キリがいいのでやめようかな~
と思いだしたのが昨日あたり。

ついさっき、友人Nからの電話を切ったあと、
ある願掛けのために、決別することにした。


最後の一服をたったいま。
e0095194_20341657.jpg


まだ7本残ってるセーラムの箱を
思い切って、握りつぶした。
e0095194_2034303.jpg



誰かの命をこんなことで救えるとは思わないし、
意思の弱いジブンが禁煙するために
願掛けをするような後ろめたさもちょっとある。


でも、もう吸いません。

吸いたいなぁ、どうしようかなぁと思ったら、
ある人の笑顔を思い出すから。

その人にこれからも元気に旅してほしいと願うから。

2008年6月26日、
陳腐な旅人、煙草と決別す。
[PR]
by tinpunatabibito | 2008-06-26 20:31 | Comments(10)


私の足があと5cm長ければ・・・(涙)。

上野の「横尾双輪館」に、
かっこいいイタリアンがいると聞き、会いにいく。

う~~、しびれる!
e0095194_812616.jpg

赤もいいケド、水色もいいっ!
水色に真っ赤なハート、可愛すぎる・・・!


残念なことに、この超人気モデルは、
フレームサイズが48からしかない。
(これってゼッタイ、日本市場で損してると思う!)


「多少大きめぐらいのほうが、長距離は疲れないですよ」

店員さんにいわれて、
そ、そうなんだ・・・! と、
購買意欲120%アップ。

検討します・・・・と帰りかけたけど、
ふと気になって、お店に引き返し、

「すいませ~ん。そのフレームサイズが
どんな感じか試してみたいんですが。。。」
と、お願いしてみた。

お店の人は親切に、
サイズを測る金属製の台(なんていうの?)を
わが憧れの君のフレームサイズに調整し、
「じゃあ、またがってみてください」といった。

ではでは。。。と、
ワンピースの裾をひるがえし、早速またがってみた。


「・・・・足、床に着きませんか?
う~ん、それだとちょっとキツいかなぁ。。。」

床まであと5cm。
ぶらぶらと宙をさまようジブンの足が
思いっきりマヌケだった。


そういうわけで、また振り出しに戻る。

やっぱ、「オーダー」しかないかなぁ。。。
[PR]
by tinpunatabibito | 2008-06-25 08:17 | Comments(5)


山あいの小さな村で

e0095194_21484516.jpg


「小さな村」の取材で、
群馬県の六合(くに)村に行ってきた。
取材といっても、
陳腐な旅人とadumixと自転車で
好き勝手に走ってくるだけなので、
いつもの旅とまったく変わらない。
事故後初の自転車旅なので、
さすがにちょっと緊張したけれど。。。
あぁ、懲りてない、ノーヘルじゃん!
(迷ったけど、買うロードの色を決めてからヘルメットも買おうと。。。
しかも、今回は小さな自転車でのんびり旅であるわけで。。。)

e0095194_2146249.jpg
e0095194_2146206.jpg
e0095194_21463543.jpg
e0095194_21465240.jpg



村はいいよ。

平らな道がほとんどないケド。

この村の絵を描くとしたら、

緑と青の色鉛筆が真っ先になくなっちゃいそうだ・・・

小さな自転車を押しながら、

ひとりぼっちの静かな時間。

そこには、ウグイスやセミや名前がわからない鳥たちと、

ときどき、道端でガサガサッと私をびくつかす何者かの気配だけ。

野反湖への長い長い坂道で、

あぁ、夏がはじまるな・・・とウキウキしていた。

悪いことなんて、何ひとつ起こりそうにない青空の下で。


e0095194_21494322.jpg


この標識を見たとき、
「リーチ!」と叫びたくなった。
長かった。
私はただ村の名所の野反湖に行こうと思っただけなのに、
なんかずっと上りだな・・・と思ったら、
やっぱ、「野反峠」という峠だった。
地図を持たない女は、
出たとこ勝負で、気付いたら坂を上っている。
そういうことが何度もあると、
「終わらない坂はない」ということが、
陳腐な言葉ではなく、
ほんとうに実体験としてわかってくるので、
最近は、ちょっと前みたいに泣きそうになったり、
いきなりクルマをヒッチハイクしようとは思わなくなった。
この孤独だけど、
自然だけは惜しみなくある坂道のひとときを、
思いっきり楽しんで味わおうと、
ちょっとだけ余裕が出てきた・・・かな。

梅雨とは思えない青空の下、
ただ、ただ、風が気持ちよかった。

e0095194_2243843.jpg


生まれてはじめて見た「野反湖」。
関東にもこんな景色があったんだ!
北海道ツーリングに来たのかと思ったくらい、
「ほんとうに気持ちいい」景色だった。

e0095194_22173915.jpg

e0095194_22172189.jpg


A キ、キミは薔薇より美しいっ!
B 風に吹かれるシラネアオイのようだね・・・

まぁ、どっちも一生縁がない言葉でありますが(くぅ~)
もし、好きな人に言ってもらえるとしたならば、
絶対に、「B」を選択しようと思った野反湖畔。
アホな大人ですいません。。。


2002年、「ほんとうに気持ちいいキャンプ場100」という
もう絶版だけど、ほんとうにスバラシイ、ガイドブックづくりに
関わったことがある。
取材で日本中をニシへヒガシへ飛び回った。
最後は編集部で3~4泊CAMPもした。
そのとき、「日本が誇る極上キャンプ場」のTOPページで
紹介したのが、野反湖キャンプ場だった。
あいにく、その取材をしたのは別のライターさんだったけど、
いつか、その絶景を見にいきたいな・・・と思っていた。

村のポスターを見たら。。。
e0095194_22292510.jpg

拡大してみると。。。
e0095194_22313819.jpg


おお~! これは明らかに、
我らが本のコピー!
6年後に、こんなポスターを発見して、ちょっとウレシイ。


そんなこんなで村の旅を満喫しまくって、
たどり着いた温泉宿。
夕食前にひとっ風呂浴び、
ビールをあけて、部屋だしの旅館メニュー。
手持ちぶさたでつけたテレビから、
岩手・宮城の地震の映像が飛び込んできた。

土砂崩れ。

旅先はいつも突発的に決めるので、
じつは、東北の村に行こうか直前まで迷っていた。

山間部の温泉宿が倒壊している映像や、
3キロ先の集落から足の悪いおばあちゃんが
必死に歩いて救出された映像が、
遠くの出来事には思えなかった。

山あいの村は、ある意味、離島なのだ。
立派な国道ができ、
いまはクルマですぐ町へ出られるとしても、
自然災害でその道路が遮断されてしまったら。


村はいいよ~、なんて
のんきに思っていた。

自然はいいね~、なんて
お気楽に走っていた。

悪いことなんて、何ひとつ起こりそうにない青空の下で。
[PR]
by tinpunatabibito | 2008-06-15 22:10 | Comments(1)


豚に真珠?

事故の対物賠償金33万9779円が振り込まれた。

大破したLOOKのほかに、
壊れたヘルメットとか
破れたレーパンとかレインウェアとか
グレゴリーポーチとかナイキシューズとか
ぜ~んぶひっくるめた総額。
クルマが破損したことを思えば、しれてるよねぇ。
経年劣化とか関係なく、
すべて買ったときの額で支払ってくれたので、
まぁ、良心的な保険屋さん、なんだろうか。
(自転車雑誌で記事書いてるんで! 
商売道具でもあって、また一から買うの大変なんで!・・・と
しきりに言いまくったのが効いたのかも・・・・)。

新しいロードバイク、
とある工房でオーダーしようと思っていたけど、
なんやかんやでやっぱり、メーカーの完成品にするかも。
鉄にするかカーボンにするか、
カラーリングはどうするか。

迷いだしたらキリがないなぁ。
もちろん、買った以上は
日本中の峠をガンガン走りたいし、
今度こそ寿命をまっとうさせてあげたいし。
その自転車を停めて、
10歩先から振り返ったとき、
思わず、「にま~。。。」とにやけてしまうような、
一生大好きでいられる相棒を選びたい。

ここはひとつ、
高嶺の花も検討してみますか・・・・と、
WEB探検。

真っ赤なハートマークのキミ。
いつ見ても、美しいねぇ。
でも、高いねぇ。。。(ため息)。
大体、こんなイタリア美女、友達になってくれるかなぁ。
e0095194_012897.jpg

[PR]
by tinpunatabibito | 2008-06-13 00:06 | Comments(4)


凹む言葉

言われた瞬間は笑い飛ばしても
しばらく経ってから
その言葉がじわじわ・・・と効いてくるってこと、
よくあるよね。

なんてことない冗談が
またまたキツ~いボディブローに。

こんなことで
いちいち凹んでる人間にはなりたくない。
こういうときは飲んで寝て忘れるに限るけど、
いい加減、原稿も書かないといけないので、
ブログをはけ口にさせてもらう。


思うに、
私がその言葉に負けない勢いで
すぐ言い返しちゃうからいけないんだな。

今度は顔面蒼白になって押し黙ったり、
ほろほろほろ・・・と嘘涙を流したりしてみよう(笑)。


あぁ、書いてるうちに立ち直ってきた。

凹む言葉に、いちいち凹んでられるかっつーの!
[PR]
by tinpunatabibito | 2008-06-11 20:40 | Comments(5)


塩豚ソーミンチャンプルー!

週末に「TAICOCLUB」という野外フェスに行ってきた。
その写真は、b*pブログ のほうにアップしたので、
こっちでは本日発売の兄雑誌「ビーパル」のこぼれ話など。。。
e0095194_227781.jpg


今回の「ひだまり手づくり塾」では、
なおさんが「塩豚」をつくってます。

これ、撮影時に食べたときは、大コーフンでした。
担当ライターが撮影時に異常にコーフンしたときは、
紹介文章の勢いも違う・・・ということが
最近なんとなくわかってきたなおさんも、
「シメシメ・・・」と笑っていたくらい、
食べながら「おいしいよ! これ!」を連発していました。

なおさんがつくってくれる料理はなんでもおいしいんだけど、
塩豚がいいのは、
とにかく、「簡単、なのに、うまい!」に尽きる。

取材のあと、私もさっそく家でつくりました。

最初は、豚バラ肉。2度めは、もも肉で。
そして、本日3度めは、特売のひれ肉で。
一度つくれば、1~2週間は
タッパーに入れっぱなしの塩豚からいろんな料理をつくれるので、
ひとり暮らしの若者にもこれはイチオシ。
とにかく、騙されたと思って、
一度、スーパーで安売りの豚肉ブロックを買ってきてほしいと、
あたりかまわず言いふらしたいほど、
3年目に入った「ひだまり」連載史上、
完全に私のツボにハマッた「手づくり」品なのであります。

e0095194_243150.jpg

茹でただけでもおいしいし、

e0095194_2433271.jpg

茹で汁でつくるごはんやスープもおいしいし。

もも肉の塩豚で、ソーミンチャンプルー。
これが、最高にうまいんだな。
e0095194_245084.jpg

いつか、南の島で「ちんぷ食堂」を開くときは、
必ず定番メニューに入れようと思います。


肉、肉、肉・・・・とうるさい女のようですが(笑)、
普段の家めしは、野菜だけでも大満足。
野菜をたらふく食べることも大好きなので。
愛読書は、高山なおみさんの「野菜だより」であります。

苗を植えたきり、ほったらかしの「ちんぷ農園」。
たまには草むしりしようかね~と、
ばったもんクロックスで庭に出てみたら。。。

おお~! トマトの花が咲いている!
e0095194_254344.jpg


よく見たら、実もなってるじゃあないですか!
e0095194_25057100.jpg


大きくなりすぎた茎がでれ~んと横に倒れかかっていて、
自生するヒルガオのつるもからみついていた。
まずはつるから解放してあげようといじっていたら。

ポキッ!
e0095194_258123.jpg

粗忽者は茎を折ってしまいました。
・・・ご、ごめん、トマト君。

e0095194_2592423.jpg

庭にこぼれ落ちた小さな「トマトになるはずだったもの」君。
フキダシをつけるとしたら、
「ボクは負けないぞっ!」

・・・・って感じかな?
(「Y.M,C,A・・・!」と踊りだしそうでもある)。
青い実、ちゃんと食べました。
それはそれは青臭い味だったけど。


100均で買ってきた柵で、
倒れそうな茎を保護した。
今月末には、おいしいサラダができそうだ。
e0095194_34860.jpg



ジブンが食べるぶんより、
ちょっとだけ多い収穫がある畑を耕しながら、
島のはしっこの海辺で、小さな食堂を営み、
一日にひとりかふたりのお客さんしかこないけど、
生きていくには困らないから、
そのお客さんと、のんびりオリオンビールでも飲みながら、
きれいな夕陽と海を見て、毎日が過ぎていって。
時折、どうしても書かずにはいられない物語を書いて、
ときどき、シブイ放浪野郎スナフキンに恋をして。
失恋した夜は、常連のお客さんと泡盛を飲み明かし、
四十路で習い始めた三線もいつしかすっかり上手くなり、
そんなこんなで、
気付いたら、皺くちゃまっくろけ顔のオバァになってたさぁ~、
と、笑いながら、
海の灰になって死んでいく・・・・(でも、かなり長寿!)。

それが今の私のちんぷな夢です。

e0095194_3153394.jpg

週末のフェスで衝動買いしたスカート。
キャンプで花柄スカートをはいただけで、
20代の女子気分になってしまう、
オロカな大人がひとり、ふたりいたほうが、
この世は面白いと思うのですが。

ま、ど~でもいいことですな!
[PR]
by tinpunatabibito | 2008-06-10 03:24 | Comments(3)


八重山の夏に飛ぶ!

ややや!

とってしまった・・・!

格安・・・でもないけど、石垣行きの往復航空券。

仕事のこととかおいといて、

とりあえず、

「八重山の海が切れた!」という、それだけの動機で。

7泊8日のバケーションだだだ!

島にはトンネルないから、今度は轢かれる心配もないぞ~。

八重山方面のみなさん、

7月24日の朝着いて、7月31日の朝までいるよ~。

石垣島か西表島か鳩間島のどこかで

遊んでくれたらうれしいサァ~!
[PR]
by tinpunatabibito | 2008-06-05 17:22 | Comments(5)


ピンクの傘、黄金の三日月

京都からやって来たtabiinuさんに誘われ、
彼女の知り合いが出る外苑前のライブハウスへ。
ライブは9時からなので、
その前に軽くごはんを食べようということになった。

上京してもうすぐ19年になるのに、
「外苑前」も「ライブハウス」も、
私にはとっても非日常な場所だ。

上京したての頃は、
会社があった高田馬場(BIG BOXより予備校側)でばっか飲んでたし、
その会社が移転してからは、
代田橋の某飲み屋か、新宿で飲むことが多かった。
で、最近は、笹塚界隈で飲んでばかり。
私って、行動半径狭いなぁ。
ビールと焼酎がある店なら、基本、どこでもいいって感じで。


随分前に買ったばかりの傘を忘れてきてから、
わが家にはろくな傘がなかった。
もともと、少々の雨じゃ傘はささないタイプだし。
でも、ついに関東は梅雨入り。
外苑前に行くのにビニール傘もナニかしら・・・と、
本日の午後、駅ビルでピンクの傘を購入。
新しい傘をさして歩くと、それだけで気分がウキウキする。

「飲んでて、ライブのこと忘れないようにしないとね」。
会う前のメールで冗談として書いたのに、
気付いたら、9時10分。
あらら~と、土地勘のないふたり、
急ぎ足でライブハウスに駆け込んだ。


ライブは予想以上によかったので、
9曲入り1000円のCDも買って、
キーボードも歌もうまいボーカル君にサインしてもらった。
ふだんは、ペンキ屋で働いているらしい。

「ペンキ塗りながら、新しい曲が浮かんだりするんですか」

と聞いたら、そうそう、そうっすね~、と笑っていた。
今まで影響を受けたアーティストは
「しいていえば、ローリング・ストーンズとスティービー・ワンダー」
というボーカル君、
キミ、きっとこれから売れるよ。
なんの根拠もなく、ココロの中で断言する。
私の直感は・・・・・・・・・・・、当たる確率、あんまり高くないけれど。

e0095194_1321373.jpg


そんなこんなで、ライブ帰りにもう一杯飲んで、
終電で笹塚に帰ってきた。
駅ビルを出たら、まだ雨が降っていて、
走れば30秒もかからない道を、
新しい傘を広げて、ゆっくり家に帰った。
1900円だったピンクの傘、
10年大切に使ったら、年190円で十分モトがとれるな・・・と
ちょっとセコイ考えがよぎりつつ、
『雨に唄えば』のジーン・ケリーみたいに、
電信柱でくるくるっとターンしたくなった。


雨はまだ降っている。
雨音を聴きながらほろ酔いで眠る夜が
私は大好きなんです。
[PR]
by tinpunatabibito | 2008-06-04 01:42 | Comments(2)

    

いつかどこかで「陳腐な食堂」開店予定の、51歳キッチン見習いの雑記。
by tinpunatabibito
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧