陳腐な旅人日記


<   2008年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧



最後の峠を越えたら

e0095194_3235253.jpg

2008年4月29日朝10時40分ごろ。気づいたら油坂峠の先、福井県九頭竜湖畔のトンネル内で救急車に運ばれるとこでした。詳しくは東京に戻ってから報告しますが、とりあえず生きてます。哀しいけれど相棒よ…さよならLOOK!
[PR]
by tinpunatabibito | 2008-04-30 03:23 | Comments(15)


陳腐な旅立ち

早寝したのに遅起きで、
気付いたら11時すぎ。

これから、行ってきます!
LOOKと一緒に、
ツール・ド・ちりとてちん。

どきどき。。。
[PR]
by tinpunatabibito | 2008-04-26 11:17 | Comments(2)


ハナミズキ

毎年その花を見るだけで
「あぁ、春がきたなぁ。。。」とうれしくなる花がある。
わけもなくウキウキして、
スキップしたくなるぐらい大好きな花。

神保町、S英社前のハナミズキ。
私は、S英社に足を踏み入れたことは一度もなく、
お隣のドラえもんビルに行くために歩く道中なんだけど。

今日、1週間ぶりに行ったら、満開だった。
うれしくて携帯で写真を撮ったのに、
保存してなかったみたいで、写真なし(涙)。


信号が青なのか、赤なのか。
赤でも突破するべきなのか、
ここは立ち止まるべきなのか。


まあね。大人も、いろいろあるんですわ。
でも、ハナミズキの白い花が、
「がんばれ!」といってくれてるみたいで、
とりあえず、今夜はスキップ・モードで。
[PR]
by tinpunatabibito | 2008-04-24 01:48 | Comments(0)


ある革命本のための決起集会

2008年は、単行本づくりの年らしい。

「世界の●●ちゃん」の単行本、
本日より書店に並びました。
e0095194_21411396.jpg


うちの近所の本屋に行ったら、
ちょうど届いたばかりの本が
いままさに平積みされる瞬間で、
おお~! とうれしくなった。


今夜は、ナチュラリストSさんの単行本のための
決起集会@東麻布。
予想以上に熱い打ち合わせになり、
スタッフ一同、
「ふんどしを締め直す」カンジだった。

この夏は、血反吐を吐いてでも、
最高にかっこいい本をつくるぞ・・・と覚悟が決まった。

ゆるゆる・・・とか、癒し系・和み系とは対極の、
かなりアブナイ革命本になりそうです。

わくわく・・・・!


そんなわけで、
日本縦断《後編》の旅は、
その本に全力投球して灰(ハイ?)になったあとで、
再び何かをインプットするために
飛び出そうと思います。

行くぜーーーっ! オラオラ!
[PR]
by tinpunatabibito | 2008-04-22 21:41 | Comments(0)


光のほうへ。。。

「明日は朝から撮影だから・・・」と、
早めに帰宅したのはゆうべの話。

昼間のアースデイからずっとビールを飲んでいたせいで、
あっという間にバクスイ。
真夜中にくっきり目がさめて、
時計を見たら、ジャスト2時だった。
(昔から、夜中に目がさめるとジャスト2時って多い気がする・・・)。

暗い部屋で考え事したくなかったので、
布団のそばのライトスタンドを点け、
寝る前に読んでいた文庫本をまた読み出した。

そしたら、後半から物語が急展開して、
「このまま最後まで一気に読みたい!」モードに突入。
朝から撮影といっても、10時からだし、
2時間以上バクスイしたあとだからと、
勢いでぐんぐん、ぐんぐん、ページをめくった。

私は、誰にでも読みやすい言葉で書かれた現代小説が好きだけど、
読書家のO塚さんにいわせると、それじゃブンガクのことは
いつまで経っても理解できない・・・とかナントカ。
たしか、「いま生きている作家のものはまったく読む気がしない」ともいってたな。
(『ノルウェイの森』の主人公も同じこといってた気がスル)。

よ~し、私もしばらく、現代モノのベストセラーには手を出さず、
死後50年以上経った作家の小説しか読まないようにしよう・・・。
そう決めたばっかりなのに、
つい買ってしまった「さくら」。

25万部のベストセラーらしく、バリバリ「いま売れてる文庫本」であります(苦笑)。
だって、読みたかったんだもーーん。
この前に読んだ『こうふくあかの』も面白かったんで、つい・・・。


これ、犬好きにはたまらない小説であります。
雑種犬サクラの描写が、もう素晴らしくて、
子どもの頃から今に至るまで、
犬を飼いたくて飼いたくて、でも飼えないままの私には、
サクラと暮らす長谷川一家が、すごくうらやましかった。
日常でとかく、「あったかい心」を忘れがちなヒトは、
絶対に読んだほうがいいです。
キラキラ輝いていた家族がどん底まで落ちていく後半、
このまま救いはないのか・・・と思ったけど、
ちゃんと「光」が戻ってきて、
最後は、小説の中の母さんやミキと同様、
泣きながら読んでました。

あ~、「王様のブランチ」的コメントしかいえないジブンが情けない。
でも、小説の中で、「僕」とあったかい時間を共有できて楽しかった。
哀しい結末は、現実の世界だけでたくさんだから(笑)。


読み終えたのが4時半で、そのままスグ眠ろうと思った。
だけど、一気に読み終えた興奮で目がさえてしまって、
外でチュンチュン鳥が鳴きだしても、なかなか眠れない。
「今日は自転車で行くのはやめて、電車でいこ・・・・」、
それだったらそんなに早起きしなくていいし、と
目覚ましの時間をセットし直した。


気付いたら、その時間に鳴った大音響目覚まし時計をばしっと止めていて、
起きたら9時10分。
しえ~、遅刻だぁ・・・!
飲みを早く切り上げても、これじゃあ、まったく意味ないじゃーん!

久々の寝坊であせったけど、
なぜかこの日は行動迅速、10分後には電車に乗っていて、
きっちり、5分前に目的地到着。


「ひだまり手づくり塾」のなおちゃんち。
ついこの間、
東京の下町に引っ越したばかりで、
今日は新居での初ひだまりだったのです。
引っ越し当日の様子は、
4月30日発売の『b*p』でレポートしています。
(文はともかく、写真はすごくいいので、見てね~)。

『さくら』のように、
ほこほこした、あったかさがいっぱいの家。
前のアパートも大好きだったけど、
この古い一軒家が私は、すでに大好き。
撮影後に食べた本日のまかない、
「塩豚と、塩豚のスープと、そのスープで炊き込んだごはん」
があまりにおいしくて、
私はあっという間にたいらげ、図々しくもおかわり。
「ちんぷさん、ものすごい勢いで喋ってるくせに、
食べるの早すぎ!」
カメラマンTさんに呆れられました。
そうそう、女子はゆっくり味わってごはんを食べないとね(笑)。


結局、何がいいたいのかわからなくなった
とりとめのない本日のブログでありますが。

『さくら』の物語のように、
いままで悪送球ばっかり投げ続けてきたジブンも、
光のさすほうへ球を投げ続けていれば、
きっと、どこかで誰かが、
どんな悪送球でもばっちり受け止めてくれる。
そんな、ひだまりな気持ちで
この春を過ごしていこう・・・と。

まぁ、そういうことをいいたかった・・・のかも。

「ボール! 
あの、軽やかな跳ね!」

(西 加奈子・著 『さくら』より)

e0095194_0415123.jpg

e0095194_042615.jpg

[PR]
by tinpunatabibito | 2008-04-22 00:56 | Comments(0)


けっきょく

e0095194_2393892.jpg


地球のこともすっごく大切だけど、
まずはジブンの生活をちゃんとしなければ。
・・・・と思った。
酔っぱライダーでありました。

峠では負けませんから!
[PR]
by tinpunatabibito | 2008-04-20 23:09 | Comments(4)


はなもよう


東京なのに、
屋久島なみに雨が降っていますね。

こういう雨の日に、
あったかい部屋の中で心静かに過ごせるのは
よいなぁと思いつつ、
そういうときに限って、
激しい雨のなか散歩したくなったりして。

雨は、
全身ガタガタと震えまくり、
体から饐えた匂いがしてくるまでずぶ濡れにならなければ、
けっこう好きなのです。
いつもはほとんど傘もささず、
帽子だけかぶって外に出ていく。
さすがに、今日はさしましたけどね。


笹塚の駅前は、八重桜がきれい。
そういえば、以前住んでいた桜新町も、
八重桜の並木があって、
世間で花見が終わったころに、
ほんわか街を桃色に染めていた。


三十代になったとき、
「満開の桜もいいけど、新緑の葉桜もいいなぁ」と思った。

今は
「散った桜も、かわいいなぁ。。。」と思う。

ま、これもワビサビ・・・・ということで(笑)。



こんな雨の日は

あなたの街でも

和菓子のような、ロールケーキのような、

はなもようがきっと。

e0095194_2025557.jpg

[PR]
by tinpunatabibito | 2008-04-18 20:25 | Comments(0)


ツール・ド・ちりとてちん計画

そろそろ、ヒマになりそうなので、
GW計画を立てるのがたのしい。

今年は、日本最西端からのHELP! 
もなさそうだし、
でも、去年の日付みたら、4月17日に頼まれてるな~。
飛行機代もらえるならまた行こうっと・・・・・って、ないない(笑)。

去年やりそびれた「ツール・ド・ひろさき」をやるか~と思ったら、
地球温暖化はやっぱ進んでいました。
弘前の桜、連休前に散っちゃうみたい。。。


さて。どこいこう?

北をやめるなら、南?
いや、秋に日本縦断(後編)で南下するんだから
(あ、報告遅れましたが、とある事情で6月出発を9月以降に延期しました)、
南はやめとこう。

で、「いまいちばん行きたいところはどこなんだ?」
と、ジブンの胸に問いかけてみた。

エブリタイム行きたい島と、今すぐ飛んで行きたい町がそれぞれひとつ。
でも、行けない。いろいろ、いろいろ事情があってね。

お金がそんなにかからず、
あんまりチャラい場所じゃなくて
(つまり、GWにひとり旅してても切なくならない場所)、
きれいな海やおいしいごはんもたのしめる
超私的なHOT SPOTはどこだ・・・・・?


ありました! 決めました!
「ツール・ド・ちりとてちん」。
e0095194_101888.jpg


福井の小浜まで、焼き鯖食べにいこうと思います(笑)。

以前、JALの機内誌で見た「へしこパスタ」というのも
すご~~く気になっていたし、
喜代美と草々さんが歩いていた小浜の海でのんびりしたいし!

NAVI TIMEで笹塚駅から小浜駅までの距離を測ったら、
504.5kmあった。あら、意外と遠いのね。。。

5月2日に取材が入ってるけど、
1日の夜までに輪行で戻ってくればいいだろう。
4月26日~30日の5日間で、504.5km。
先月の定峰峠越え(詳しくはいま発売中の『自転車人』を!)から
腰痛がひどいヨソジに走れるだろうか。。。
まぁ、ツール・ド・おきなわは2日で313km走ったわけだから、
なんとかなるんじゃないかな~。
今回はロードバイクで、ほぼ空身で行こうと思ってます。
ヒマな人いたら、ぜひ30日に小浜で飲みましょう(笑)。


せっかく自由になったのに、
いくらだらだらしてもいい連休に、
もちろん、金や名声のためでもなく、
こんなことをしようと計画している私は、
やっぱ、超ドMな旅人なんでしょうか(笑)。


あ、来週の日曜日は、
ご近所、代々木公園のアースデイに行く予定。
沙耶さんの無料トークショーもあるみたいで、
たのしみ。
Kitta」さんのかわいい草木染めの靴下を3色ぐらい買いたい。

追伸:
アースデイ、日曜だけ行くつもりだったけど、
ホーボー・ジュンさんのトークショーもあるらしい。これは見たい(笑)。
近所だから、ちゃりでひとっ走り!
[PR]
by tinpunatabibito | 2008-04-16 00:29 | Comments(2)


おふくろさん・・・の人

森進一を一喝した怖いおじさんが先日亡くなりましたね。
あの、耳毛がすごいひと。

ヤフーの芸能トピックスでそれを知ったとき、
ちょっとびっくりした。
このおじさんを、
ほんの2か月前に芝浦の某ホテルで見かけたばっかだったから。


それは、某有名俳優さんのインタビュー中だった。
たぶんもうすぐ書店に並ぶと思うけど、
大御所なのに「世界の●●ちゃん」となぜか、ちゃん付けで呼ばれ、
愛すべき熱血キャラの俳優さん(・・・・誰だかわかるかな?)の単行本をつくるため、
彼の少年時代から、デビュー当時の話を聞いている真っ最中だった。

熱血トーク中の「世界の●●ちゃん」のたくましい肩の向こうに、
エレベーターからお付きの人が押す車椅子に乗って、
いかにもタダモノじゃない気配の老紳士が降りてきたのが見えた。

だれだったっけ・・・・? 
作家さんだっけ? あの風格は作家の誰かだよなぁ・・・・?

ちらりと視界にとらえつつ、慌ててインタビューに意識を戻した。


そしたら、「オレ、ちょっとご挨拶してくるわ・・・!」

「世界の●●ちゃん」がいきなり立ち上がって、
奥のテーブルに座ったその老紳士のところに向かったのだ。


森進一ともめているころ、ワイドショーで見て
「このおじさん、威張りくさってや~な感じ!」と思っていたんだけど、
そのときちらりと見た、『おふくろさん』の作詞家は、
毅然とした姿で、か~な~り、渋かった。
車椅子姿でもお洒落で、あと10年は生きそうだった。

その人はしかも、「世界の●●ちゃん」のテレビデビュー作の主題歌をつくっていた。
ほんの数分前にそのデビュー作の話を聞いたばっかだったので、
「いや~、すごい偶然! びっくりした!」
と、挨拶のあと、お付きの人から作詞家が出した最新刊のサイン本をもらった
「世界の●●ちゃん」も驚きまくっていた。


この話はこれだけ。
単純に、2か月前に見たばかりの有名人が亡くなったニュースに驚いた・・・
というだけの話です。
ちらりとお見かけしただけですが、ご冥福をお祈りします。

名古屋に住んでいたころは、
「東京ではいっぱい有名人を見るんだろうなぁ」と思っていたけど、
上京してはや18年、
今まで街で偶然見かけた有名人は、
漫画家の蛭子さん、俳優の時任三郎、そして、この『おふくろさん』の人ぐらいだ。
じつにビミョーなキャスティン・グー! と思いませんか(笑)。
[PR]
by tinpunatabibito | 2008-04-12 23:59 | Comments(4)


ブログの効用

「ちんぷさん、元気なんですか」(KK)
「最近、ぜんぜんブログ更新してないっすね」(MK)

Wけんちゃんからツッコミが入ったので、
そろそろ・・・と、重い腰をあげて更新。
そんなにサボっていたつもりはないんですけどね。


いろんな人のブログを見ていると、

①毎日きちんと更新している人、
②思いついたときだけ更新する人(でも、3日~1週間に1回ペース)。
③     〃             (3か月~半年に1回ぐらい)
④開設したものの、3日坊主で終わる人

・・・・・と、だいたい4パターンのようだ。


私のバアイは、明らかに②ですな。
去年の暮れに、1か月だけ毎日更新した。
書くネタにはぜんぜん困らず、
何か書き出したとたん、
書きたいことが山のようにあふれてくる感じで。
あぁ、仕事の原稿も、
こんなにスラスラ書ければ、何も困らないのにな~と思ったりした。

でも、ブログって、
書きたいときだけ書けばいいと思うのだ。
業務用のアイドルブログとかはべつだけど、
無名のニンゲンが書くブログだったら、
そんなにお客さんを気にする必要はないんじゃないかしら、と。

で、いったん書かなくなると、
だんだん更新がおっくうになる。
ジブンのテンションが落ちていたり、
コメントがしばらくなかったりすると、
「こんなブログ、続けていて誰が喜ぶんだろう・・・」と
何を書いてもつまらない気がしてくる。

そんなストレス、仕事だけで十分だーーー。
私は書きたいときにしか絶対書かないぞーーー。


そんなやさぐれちんぷ(?)ですが、
先日、「ブログってやっぱスバラシイ!」
と思った出来事があったのです。

異国へ・・・」という長ったらしい文章を書いたのは、今年1月のこと。

ついこの間、ギター盗難騒ぎに遭ったチャボの話。
いや、盗難騒ぎの話ではなく、
12年前、チャボがつくった「ニジェール」という歌を聴いて、
ほんとにニジェールにいっちゃった・・・という話だった。

そしたら、なんと、

「もう12年も経ちましたか~。
『チャボにその手紙書いたの、僕ですよ~!』
といった本人です(笑)」

と、はるか昔、異国で会った人から非公開コメントが入ったのだ!

その人は、
超初心者バックパッカーのくせにいきなりアフリカに来て、
フランス語も英語も話せず、ぎくしゃくと旅していた私に、
ニジェールという国の、
放送局や手作りスタジオを案内してくれた。
顔もぼんやりとしか覚えていないけど、
いっぱいいい話をしてくれた気がする。

さんざんお世話になっておきながら、
私は、帰国後、お礼の手紙も出さないままだった。
いまと違って、交換するメールアドレスもない時代だったから、
筆不精な旅人は、
そのまま、旅のハッピーハプニングとして、
ジブンの自己満足な思い出にしてしまっていた。

そういう人と、12年も経って連絡がとれる不思議!

しかもその人はまだ西アフリカで暮らしていて、
なぜだかわからないけど、私のちんぷなブログにたどり着き、
西アフリカからコメントをくれたのだ。
よかったらメールください、とアドレス付きで。

12年前に「チャボにその手紙を書いたの、僕ですよ~!」
といわれたときもびっくりしたけど、
まさか、12年後に、
「『チャボにその手紙を書いたの、僕ですよ~!』といった本人です(笑)」
というコメントをもらうオチがついていたとは・・・!

世界はほんと、つながってますね~。

やっぱりブログはオモシロイ。
世界中の人に向けて発信するぞぉという、
デッカイ気持ちで書かないと。

よし、ここらで心を入れ換えて、いい文章を書こうじゃないか~!


おっと、その前に、仕事の原稿を・・・・。
どうやら、『b*p』のレイアウトが上がってきたようです。。。
[PR]
by tinpunatabibito | 2008-04-08 23:56 | Comments(2)

    

いつかどこか「陳腐な食堂」開店予定の、52歳キッチン見習いの雑記。
by tinpunatabibito
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧