陳腐な旅人日記


<   2007年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧



寄り道ぶろぐ。

ライターになりたての頃は
先輩ライターから「粗忽者だけど、原稿書くときの集中力はすごい!」
と感心された(・・・ような気がする)のに、
さいきんぜんぜん持続しない。

トシとった・・・ってのもあるんだろうけど、
たぶん、あれだね。
昔みたいにワープロ専用機じゃなくて、
PCの文書ファイルで原稿を書いているのが大きいと思う。

原稿書いていて、
ちょっと調べたいことがあると、
すぐヤフーのトップ画面に切り替える。
(最近は辞書もPCまかせだし)

ヤフーの画面を開くと、
いろんな情報が一気に目に入ってくる。

ちんぷさん、メールが3つ届いてますよ、とか
奥菜恵がまたIT長者をつかまえた、とか。
お気に入りに登録してある知人のブログも気になる・・・

そんなわけで、
ぷつ・ぷつ・ぷつ・・・・っと集中力が途切れまくり。

ま、今も途切れた・・・というか
朝から全然乗れないんで、こんな寄り道してる場合じゃないのに
ぶろぐ書いたりして。

マジメな私は毎朝いちおう、その日の大まかな入稿時間を考える。

この原稿なら、8時間、11時から集中して書けば19時には上がる、
それから推敲しても20時にはメールできるな・・・って感じで。

それが最近、予定どおりいったためしがない。
(だいたい翌日の20時になっちゃったりする)

あ~、そんなこと書いてるうちに、本日も夜が来てしまった(汗)。
(「b*p」は終わったけど、別の増刊の記事で苦闘中・・・)


寄り道終わり・・・。
さっさと、画面切り替えます。


あ、でも、ちょっとだけ報告。

ちんぷガーデン、枝豆の花、咲きました
e0095194_2021536.jpg


実も育ってた!
e0095194_2022425.jpg



そんでもって、昼顔は恐竜状態に・・・!
e0095194_20222242.jpg



もうすぐ、もうすぐ。
枝豆でビール、の夏ですよ~。
[PR]
by tinpunatabibito | 2007-06-28 20:17 | Comments(1)


無念!

PCの前でロングスローディスタンスな日々。

とても切ない記事 を見つけた。

あと、20kmだったのに・・・!

ワタシだったら、死んでも死に切れない。

でも、このおじいさんは、

ジンセイを完走したんだ。

満足して、天国で戦友に会えているといいな。


ご冥福をお祈りします。
[PR]
by tinpunatabibito | 2007-06-26 03:36 | Comments(2)


あとは書くだけ!

あっち に速報出しました。

とりあえず、無事このロケが終わって一安心。

あとは、空から文章の神さまが降りてきてくれれば、
私の集中力次第です。

終わらない峠はない。
どんな坂でもいつかはてっぺんにたどり着く。

ジブンがいった言葉を
再確認しようと思います。

(暗くてこわ~いトンネルを抜ければ、
きっとまぶしすぎる夏の海が見えるサ!)

それでは、しばしサヨナラ~!

e0095194_1694951.jpg

[PR]
by tinpunatabibito | 2007-06-23 16:09 | Comments(0)


教えてシカオちゃん

お~、スガシカオのラジオはひさしぶり。
森山直太朗のピンチヒッターなんだって。

残業中の人は、息抜きにどうですか?
いま「十九歳」を弾き語りしてますよん。
TOKYOに住んでなくても、
インターネットで聴けるしね。

私は今夜じゅうになんとしても片付けておかねばならない
「J」の原稿のお供にシカオちゃん。

なんでこんな陳腐なことしか書けないで、
その陳腐なことすらしゃきしゃき書けない私が
いまだにライターを続けているんだろう?

教えてシカオちゃん。
私は今週どこまでたどり着ける?
寝ないでも24時間クリアな頭、どこかに売ってないかな・・・。
(はじまりました、はじまりましたよ、現実逃避と自己嫌悪のいつもの病気が・・・)。
[PR]
by tinpunatabibito | 2007-06-21 01:12 | Comments(2)


長野ツアー(後編)

なんてこったい!

長野ツアー(後編)の
傑作写真をアップしようとして、
うっかりデジカメのデータを全部消してしまった!

あ、もちろん、
撮影したデータは全部PCに入れた後なので
「お仕事」的にはまったく問題ないのだけど。。。
ブログ用に小さいデータにするのを忘れていたのだ。

そんなわけで、
いっぱい撮ってきた
「青いケシの花」はアップできなくて残念っ!
蜷川実花を超えられたのになぁ~(って、いうだけはタダ!)。

書きたいことは
書き出すと、また長くなりそうなので、
そのエネルギーを先に原稿のほうに投入することにします・・・。

でも、ツアー後編も、いろいろ面白かったよ。
日本はまだまだ捨てたもんじゃないね。


東京に帰ってきたら、
なんだかやたら暑い。
シャワー浴びても、どくどく汗が流れる。

東京といえば、
ホフディランの「東京カリーライフ」。

「そうさ、東京の街はいつでも
誰かがカレーをつくってるんだ・・・」

って歌詞も、メロディーも、
これを聴くと無性にカレーが食べたくなります。
やっぱいいなぁ、ホフディラン。
祝・復活。

じつは結構持っているホフCD、
押入れから探して聴きたくなってきた。
「恋はいつも幻のように」も大好きだったし、
ほかにもいっぱいいい歌があるんだ。


明日はついに、サンボマスターに会ってきます。
二度目だから、再会・・・といってもいいんだろうか(笑)。
どうか今度はスベりませんように・・・。
いい話を聞けるといいなぁ。
[PR]
by tinpunatabibito | 2007-06-20 03:03 | Comments(0)


長野ツアー(前編)

土日は、「b*p」特集の取材で
長野県の某所へ取材。
ひさしぶりに、破壊的な英会話を炸裂してきた。

e0095194_2334120.jpg


e0095194_23421266.jpg


e0095194_23332313.jpg


e0095194_23334482.jpg



言葉の壁なんて、関係ない。
以前、桃井かおりが
「ほんとうに伝えたいことは
日本語で喋っても通じるもんよ」
と言い放っていて、さすが! と思ったけど、
私もまったく同感だ。

もちろん取材となると、通訳してくれる人は絶対欲しいけれど、
旅人同士だったら、目や手や体全体の動き、声のトーンなど
「言語」以外のコミュニケーションのほうが
よっぽどダイレクトに伝わる。

大体、日本人同士だって、
ちゃんと正しい言語でまっとうな会話を
している人は少ないと思う。
(わ、わたしだけ?)

文法が間違ってたら恥ずかしいかも・・・
英語でなんていったらいいかわかんない・・・・と迷う前に、
とにかく、相手のことを知ろうとする、
相手に何かを伝えようとすること。

地球人はそれで「イインダヨ!」ということで。


e0095194_23343385.jpg


ううむ・・・なかなかステキな農協じゃないか!


夜7時すぎにちんぷ荘に帰宅。
明日は再び、朝早くから高速バスに乗り、
長野に出張だ。

長野から帰って、また長野へ。
なんだかムダな動きのようだけど、
東と西では他県同然に広い信州なので、
そっちのほうがラクチンと判明。
明日からの旅では、
「ヒマラヤの青いケシの花」との出会いが楽しみ。

まだ一字一句書いてない今後の入稿スケジュールを考えると、
冷や汗が華厳の滝のように流れるけれど、
とりあえず、adumix、がんばります!
ちゃんと、おいしそうな食べ物の写真も撮ってくるぞい。
[PR]
by tinpunatabibito | 2007-06-17 23:31 | Comments(2)


すって~ん☆

Y社に小さな自転車を借りにいく。

「ちんぷさん、すっげ~雨降ってるよ」

会社の外で煙草を吸っていたTさんがいう。
(春にY社をやめたTさん、たまたま「爆弾を仕掛けに」来てたらしい)。

「だいじょーぶ、だいじょーぶ、カッパ着てきたし!」

「そういってマンホールの上で転ぶんでしょ」
Tさんの隣でFくんが笑う。


そんなことはないさ~。
わたしはもう昔のわたしじゃないんだ。
この程度の雨なんて、へーきへーき。
どしゃ降りの雨のなか走るの、けっこう好きなんです。
やぶれかぶれな感じが。


そのままS館に行く。

みんな仕事してるな~。
これから修羅場がはじまる一歩手前の木曜の夜。
あんなことやらこんなことやらが山積みなのだ。

いかん、今日は木曜じゃないか。

仕事はぜんぜん終わってなかったけど、
とりあえず、サンボマスターのラジオを聴かないと。
(来週、b*pでインタビューすることが決まったし!)
さっさと荷物をまとめて再び自転車に乗る。


雨、ちっとも止んでない。

夕方より激しくなってるな~と
再びカッパを羽織る。
濡れちゃいけない資料の入ったリュックにも
ザックカバーをかけて、いざ我が家へ。

ぱしゃ~ばしゃ~ん、
ロードとおんなじくらい細いタイヤが
道路のすみにたまった雨水をはねあげる。

水上サイクリング?

歩道を歩く兄さんのひとりが
「おっと~!」とマンホールの上で滑りかけた。

ふつうに歩いていても
転ぶ人は転ぶんだなぁ、こんな雨の日は。

でも、だいじょーぶ、
もう幡ヶ谷だ、ちんぷ荘は近い。

そしたら、

すってーーーん☆


ビデオで再生したいくらい、
華麗にこけました。

「だいじょーぶですか?」

歩行喫煙していた兄さんが、
倒れた自転車をすばやく起こしてくれて、
心配そうに私を見る。

オリエンタルラジオのメガネをのっぽにしたような兄さん。
(こ、こいの予感・・・?)

「い、痛いけど、だ、だいじょーぶです、へへへ」

あまりの見事な転びっぷり、
恥ずかしくて笑うしかないのだ。

転んだ瞬間は痛かったけど、
たまたま歩道を走っていて
そんなにスピードは出てなかったので、
幸い、前歯も折れてない。

もう遠い遠い昔に思えるあの事故のあと、
「雨の日と夜は、絶対自転車に乗らない!」
そう誓って、こわごわとペダルをこいでいた日々を
私はすっかり忘れていた。

こんな雨の夜は、
いろんな昔が蘇ってくるね。

ちっとも発車しない救急車とか、
血まみれのグローブとか、
名古屋からすっ飛んできたお母さんの顔とか。
典型的な「喉元過ぎれば熱さを忘れる」人間も、
もう悪夢は繰り返したくない。
やっぱり、雨の日に調子に乗るのはやめとこう。


さぁ、夜食の焼きそばも食べたことだし、
感傷に浸ってる時間はおしまい。
よりよき明日のために、
さっさと家に持ち帰った仕事を片付けますか。
もちろん、4時までラジオを聴きながら。
[PR]
by tinpunatabibito | 2007-06-15 00:47 | Comments(5)


岬めぐり

ラジオネタばっかりで恐縮ですが。。。

まぁ、好き勝手なことを書くブログだから、
誰に恐縮する必要もないんだね。

今日は超個人的に「やったぁ!」 な出来事がありました。

木曜深夜のJ-WAVE THE UNIVERSEは、
このブログでしつこいくらい書いているんで、
常連さんは「またその話かよ!」と呆れてると思うけど、
今日だけは、まぁ聞いてくださいな。


おとといの夜(木曜深夜)は、
出張疲れでとても4時まで起きてられそうになかったので、
このラジオ番組を、テープに録音しながら布団の中で聴いていた。
オートリバースじゃないので、
3時に120分テープをひっくり返すつもりだったんだけど、
結局、前半の途中で寝てしまった。


「あ~あ、今週は半分しか聴けないなぁ」

今日の昼間、A面だけを巻き戻し、
仕事しながら再生していたわけですよ、そのテープを。

サンボマスターもYO-KINGも、
音楽的に、ただ聴き流すだけでは惜しい選曲をしてくれるので。
何度再生しても、飽きないんです。

とはいえ、
録音したテープは、
いつでも再生できるという安心感があるから、
結局、仕事のほうに頭がいっていると、
やっぱり、「ながら聴き」になっちゃうんだけど。。。


《え~、ここでメッセージを。陳腐な旅人さんからです》

ああああ~れ・・・・! 私だぁ!!

メールを出したことも忘れていたんだけど、
先週末あったYO-KINGのツアーファイナルライブ@リキッドルーム
のチケットがとれた深夜、
ついうれしくて、メールを出したんだった。


長々と書いたそのメールを
YO-KINGが、ところどころはしょりながら読む。
(うわ~、恥ずかしい☆)

何度もいいますが、
テープは録音してあるんで、
「どんな内容のメールだったの?」と気になるアナタには、
もれなく再生してお聞かせします!(軽く自慢)。


なのでそのへんは割愛しちゃうけど、
私が出したリクエストが。。。

「YO-KINGさんが旅をしていて気分がいいとき、
ちょっと物悲しい気分のとき、
気が付くと、口ずさんでいる歌」

ううん、なんだか、じつに雑誌ライターっぽいリクエストだ。


で!
YO-KINGがこのリクエストに応えて何を選曲したかというと。

《すごいベタですけど、これですかね。

山本コータローとウイークエンド 『岬めぐり』!》

深夜のJ-WAVE(私が聴いたのは翌日の午後だけど)に
「岬めぐり」が流れた途端、
私は、ほんとうに飛び上がるぐらいびっくりした。

だってだって、それこそ私が
「旅をしていてちょっと物悲しい気分のとき、
気が付くと口ずさんでいる歌」だったのだ(!)。


陳腐な旅人協会があるとしたら、
会則は、
「その土地の岬(はしっこ)にいって煙草を一服」

じゃあないかと私はずっと思っていて。

ライダー時代から、私は岬めぐりが好きだった。
で、ほんとうにベタだけど、
そういう場所では、ついつい
「岬めぐり」を口ずさんでしまうんだな。


YO-KINGはいっていた。

《無意識で出る鼻歌って、ほんと無意識ですからね。
ときどき、「なんでこの歌歌ってるんだろう?」って思うことありますよね。
「岬めぐり」もちょっとびっくりです》

好きな人が無意識で口ずさむ歌が、
ジブンと一緒だなんて・・・と単純にうれしかったし。

深夜のJ-WAVEで、
何十年も昔に流行った(悪いけど私だってリアルタイムじゃ知らないよ)
フォークソングが流れる、その不思議。

ジブンはこんなにちっぽけな存在だけど、
何かちょっとアクションを起こすことで、
ちょっとだけ世界に変化が起きる。
その事実に、すごいすごい・・・と思った。

蛇足ですが、
その他の「つい口ずさんでしまうタビウタ」もいっぱいあります。
「それは何~?」と気になる人は、
今度一緒にカラオケ行きましょうね~。
[PR]
by tinpunatabibito | 2007-06-09 01:00 | Comments(2)


熊野古道をゆく

7月25日発売のビーパル増刊(「b*p」じゃないよ~)
の取材で、作家のNさんと熊野を旅してきた。

たった1泊2日だけど、
一生忘れない旅になった。


熊野古道は、
何年か前にちょこっと歩いたことがある。

今回も、歩いたのは3kmだけど、
森を歩きながら花を見たり、地元のおばちゃんと話したり。
Nさんも、大御所カメラマンさんのKさんも
すごくゆったり楽しんでいて、
私もひさびさに、時の流れが変わったのを感じた。

仕事でもプライベートでも、ひとり旅でも誰かと一緒でも
やっぱり、旅はいいもんですね。

自然のなかで、気持ちいい風をいっぱい受ける。

熊野では、「極楽の余り風」というらしい。
いい言葉だな・・・と思った。

そんなわけで、
ごぶさたでした、陳腐な巨匠フォトグラファーadumixの
「我ながら傑作?」写真17連弾。

歩きながら撮ったササユリやら、
杉の垣根に咲いた一輪のバラやら、
今回泊まった川湯温泉の老舗宿やら、
日本最古・湯の峯温泉の「つぼ湯」やら。

あまりにも写真が素晴らしいので(笑)、
細かいキャプションは控えさせていただきます。
ちなみに、由美かおるを超える傑作入浴シーンもあったんですが、
Nさんも一緒に写っているのでアップするのはやめときます。


熊野の風、
あなたに届くといいな。


e0095194_2146167.jpg


e0095194_21463863.jpg


e0095194_21465932.jpg


e0095194_21471315.jpg


e0095194_21472617.jpg


e0095194_21473864.jpg


e0095194_21475923.jpg


e0095194_21483290.jpg


e0095194_2231596.jpg


e0095194_2149178.jpg


e0095194_21491782.jpg


e0095194_21493768.jpg


e0095194_2150013.jpg


e0095194_21501490.jpg


e0095194_21504832.jpg


e0095194_2151353.jpg


e0095194_21511579.jpg

[PR]
by tinpunatabibito | 2007-06-06 21:51 | Comments(3)


僕の夜に忍び込む。

音楽は好きだけど、洋楽には疎い。
ラジオで流れる曲を聴いて、
これは好きだな、CDも聴きたいな~と思うことは
よくあるものの、
いざCDショップにいくと、
「はて、名前なんだったっけ?」
とすっかり忘れてしまっている。
私はヨコモジに弱いのだ。


音楽とは、めぐりあわせなんだと思う。

巷にはいい曲がいっぱいあって、
それを全部ジブンの心にダウンロードするのはムリ。

キャパ狭いし、一度好きになると何度でも同じ曲で満足しちゃうから。


そんな、音楽にさほど貪欲じゃない私が、
ときどき
何かに導かれるように、新しいアーチストと出会う。


ゆうべは、某誌用に夏フェス情報を書いていて、
「いやはや、ライジングやロックインジャパンはともかく、
フジロックやサマソニの出演者は、
誰がどうすごいのか、さっぱりわかんね~!」と
今年のラインナップを眺めていたわけで。

そのとき、なんだか唐突に
アークティック・モンキーズ
という単語が私の中にインプットされた。

サマソニ史上最年少でヘッドライナーをつとめるという、
いま無茶苦茶、売れてるバンドらしい。

ふ~ん、へ~ん。
まったく知らん。

なのに。。。。

なんでしょう?
なんだか、すごく、いま聴きたい!!

そのとき初めて知ったその名前を
「アークティック・モンキーズ、アークティック・モンキーズ・・・・」
と何度もリピートしながら家を飛び出し、
30秒後には、
閉店1時間前のTSUTAYAで、CDを探していた。

アの欄にない。
ロックなのかヒップホップなのかもわかんないから、
洋楽のアの欄を一通り見たけど、ない。

「すいません、検索お願いしていいですか」
レジのお兄さんに頼む。

「アークティック・モンキーズなんですけど・・・・」

ぼそぼそっと、洋楽好きな大人ぶって聴く。

「あぁ、1年前に出たアルバムですよね?」
「あ、はい、それです」(←超適当)

お兄さんはわざわざレジを離れて探してくれたけど、
たまたまその日はそのCDが出払っていた。

「僕も好きなんですよ。アークティック・モンキーズ。
いつもは、ここの棚にありますから」

TSUTAYAの店員さんとそんな会話したのは初めて。
そっか~、音楽好きだからTSUTAYAで深夜バイトしてるんだ~
と、ちょっとうれしくなる。


で、ま~、結局その夜は、噂のアークティック・モンキーとやらを
聴けないままに終わったわけですけど。


ついさっき、
YO-KINGのラジオを聴いていたら、
なんと冒頭一発目に、その若いサルがかかった(!)。

YO-KINGいわく、
「すごい若いバンドですけど、いまいろんな雑誌の表紙を飾ってますね。
ちょっと聴いてみるべ~と思って聴いてみましたが、なかなかいい。
僕はちょっとミディアムなのが好きですね・・・・」とかナントカ。


ラジオは、マンツーマン、
そこでオレがかけた曲が誰かの夜に忍び込む、
その事実があればオレはいいと思ってる・・・・

ほんの5分ほど前にサンボマスターの山ちゃんが熱く語っていた。


今夜ちゃんと忍び込んできたよ。
君がかけた初めて聴くRCの古い曲も、
彼がかけたアークティック・モンキーズも。

e0095194_2554352.jpg

[PR]
by tinpunatabibito | 2007-06-01 02:55 | Comments(6)

    

いつかどこか「陳腐な食堂」開店予定の、52歳キッチン見習いの雑記。
by tinpunatabibito
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧