陳腐な旅人日記


<   2007年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧



臨時休業

店主旅行中につき、
4月26日~5月7日まで
「かふぇ・ど・ちんぷ」はお休みさせていただきます。
帰ってきたら、
旅の土産話付きビールセットをサービスしますので、
またのお越しをお待ちしています。

うひひ、しばしさらばじゃ!

店主敬白
[PR]
by tinpunatabibito | 2007-04-26 04:37 | Comments(0)


ドとアイな出来事

喜ビ、怒リ、哀シミ、楽シミ。

2番目と3番目の感情だけぐっと抑えることができたら。

ワタシはもっとハッピーに生きられる。


今日は、久しぶりに、ドとアイの瞬間スパーク。

いったんドとアイが沸騰したら、

すぐに冷ませないのが

ワタシの欠点その99.

私が生きていて、キとラクする人はいないのかもと思った

暗いキモチはこの瞬間までで消して、

明日はもっと謙虚に

キラクに笑えますように。

ふにゃらへにゃらほにゃらららら~(陳腐な呪文を唱える)。
[PR]
by tinpunatabibito | 2007-04-23 23:28 | Comments(3)


すっきり星

週末は久しぶりにのんびりお出かけ。
SSさんちでキャンプ。
ヒルバーグ2日めの夜。
いやはや、とんでもなく酒の肴になってしまったけど、
みんなが盛り上がってくれれば、
それでいいのだ。私も楽しかったし。

夕方帰ってきて、
散らかりまくっていた部屋を片付ける。
仕事の資料用にプリントアウトした紙を
わっさわっさと捨てる。
ついでに、汚くなったこたつカバーも
思い切って捨てる。
久しぶりに、ちゃぶ台復活。
沖縄の民宿っぽいがらんどうな部屋に戻って、
すごく気持ちいい。
ほんとうは、押入れAゾーン、Bゾーンも片付けたかったけど、
いい加減疲れたので、明日にお預け。

しかし、わが部屋は、
もう1年半も暮らしているのに、
相変わらず、がらんどう。
女らしさとか、暮らしを楽しんでいる人のオサレ感皆無。
こんなことではいけないなぁと思いつつ、
散らかったものを片付けることだけで精一杯。
基本的に、
私は文化系より、体育会系の男子なみの暮らしなんだろう。

どうしてもココロの奥底や直感で
わかりあえない人もいるし、
大好きで大好きでただ同じ空間にいるだけで楽しくなる人もいる。

もっと丁寧に生きなければ。この日々を。

あ、与那国に飛ぶことになりました。
4月26日の昼には石垣で、
27日から与那国短期決戦ヘルパー。
5月7日の午後に羽田に戻る・・・過酷スケジュールです。

でも、勢いで決めた今回の与那国行きは、
なんだかすごく偶然と運命を感じたりもします。
その土地に呼ばれているときは、
素直にその波に乗ろう。
それぐらいの柔軟性を持って生きられる大人でいたい。

ライターの仕事をいったんやめて39歳で見た夕日と
帰った日に締め切りが待っている41歳が見る夕日、
どっちもきれいであることに違いはないのだから。

私の大好きなナーマ浜が待っているんだ。
[PR]
by tinpunatabibito | 2007-04-23 01:13 | Comments(2)


日本最西端からのHELP!

私の携帯メールの着信は、
沖縄の三線のメロディー。

夕方、家で原稿書いていたら、
その三線が流れてきた。

「こんにちは。与那国からなおみぃーです。
GWはお仕事ですかーー。
よしまるヘルパー募集です!」

なんですとーーー?

私が与那国でヘルパーをしていたのは、
39歳の冬から春にかけてで、
2004年八重山史上最高齢? のヘルパーだった(・・・と思う)。

あれからあっという間に2年の月日が流れ、
私は好むと好まざるとにかかわらず四十路なわけで。

そんなワタシにヘルパーを頼むっちゅうことは、
よっぽど人手に困ってるんだろうねぇ・・・・。
緑さんは4人めを産んだばっかりだし。


よっしゃー、受けて立とう!

GWは、秘かに「ツール・ド・ひろさき」計画を立てていたし、
連休中の飛行機代のバカ高さといったらたまらんし。

でも、でも・・・・ひさしぶりに味わいたい!
あの最西端の岬を眺めながら、
オリオンビールとどなんで酔っ払うハチローさんを見ながら、
大量の料理を「おりゃーっ!」とつくって
ダイビング後で腹ペコのお客さんの胃袋を満たすあの快感、

前後の仕事のやりくりがついて、
明日、格安航空券が取れたら、
行こうと思います。
ほとんど赤字ボランティアの、
3~4回は海にも潜らせてもらうぜ計画。

八重山、および八重山好きのみなさん、
そのときは「民宿よしまる荘」にぜひ遊びにきてね。
(行けるとしたら、4月26日~5月6日)。

ワタシのつくる料理は、
意外とうまいんですよ、おほほ。
[PR]
by tinpunatabibito | 2007-04-17 23:05 | Comments(1)


「『自転車美女』、ダブルでよろしく」

「ちんぷママ、いつものブランデー、頼むよ」

「はいはい、『自転車美女』ね。ほんとお気に入りね」

「ふっ。今夜もダブルでよろしく・・・」

e0095194_053947.jpg


えっと・・・『自転車人』7号、
4月12日に発売しました。
今回私は、1年前に取材した青森・弘前~岩木山と
奈良・吉野山のお花見ツーリングのレポートと、
いつもの連載2本を書いてます。

上の写真は、「自転車美女ファイル」の舞台裏。
データファイルNo.2とNo.3の誌上未公開ツーショットであります。
この日は、自転車好き女子(若干1名美女じゃないけどさっ)が3人集まって
なんだかふわふわ楽しい一日でした。



No.2イワマアイ、写真撮りまーす!
e0095194_0245492.jpg



No.2イワマアイ、ロードに初挑戦しまーす!
e0095194_0264124.jpg



No.2.イワマアイ、ロードちょっと怖いけど楽しいでーす!
e0095194_0274730.jpg


(アイさん、ごめん、無許可でフルネーム連呼しちゃって。
うちのブログ、そんなに外部のヒト見てないから安心して(笑))


しかし、デローザのロゴはほんとカワイイな~と見とれつつ、
ジムニーに乗って移動した先は・・・・
e0095194_0281027.jpg



やっぱ、自転車美女は肉がお好き。
No.3のケーコさんも、非美女の私もカルビ200gの激安ランチコース。
e0095194_0571314.jpg



そんなこんなの『自転車人』、蔵出しフォトのあとは・・・・・。


e0095194_0341884.jpg

ん? キタキツネのコインロッカー?
陳腐な旅人はたった1泊2日で北海道に行ってきたのでしょうか?


e0095194_0352451.jpg

いやいや、桜前線はまだ北海道まで行ってない。


e0095194_0362775.jpg

地獄のトンネル前の、これまた地獄の坂の途中で、ソロ花見で一服。


e0095194_0385287.jpg

地獄のトンネルをくぐり抜けた後の、地獄の激坂の前の、つかの間の天国。
花見酒もうまいけど、花見ソフトもしみじみうまい。


そして、たどり着いた山の上で・・・・・。


じゃじゃーん! これが、噂のヒルバーグ。
初キャンプの瞬間です。
遭難しかけたくらい広い森のキャンプ場を独り占め!

e0095194_0574112.jpg




「ソロキャンプは寂しかったんじゃない?(笑)」

1日遅れで今朝、キャンプ場にやってきたカメラマンのFさんがいった。
19歳で日本縦断、その後、アフリカやヨーロッパ、中国、イラン、インドなども
自転車で走ったFさんは、私より100ポイントぐらいスキルが上の自転車人である。

でも、私の唯一のアウトドアスキル。
それは、キャンプの夜はひとりでトイレに行けないぐらい怖がりなくせに
どんな場所でも、爆睡できること。

いろいろもろもろ激疲れだったので、
なんと夜9時から、朝8時まで11時間も寝てしまいました。

啄木鳥がドラムを叩くロックンロールな山の目覚まし時計は
何度体験しても、いいもんですね。


いちばん怖いのは・・・・・・・・・。

ジブンだったりする!


e0095194_0582982.jpg


いくら、かさついていても
テントでパック写真はやっぱ怖いですね。
[PR]
by tinpunatabibito | 2007-04-14 00:19 | Comments(4)


新しいテントで最初の晩餐

e0095194_18494169.jpg

広すぎる原野みたいなキャンプ場内で道に迷う。やれやれ、疲れた。世界のヒルバーグファンの皆様、私が立てると、あまり美しい北欧デザインにならないのは気のせいでしょうか。でも、久しぶりにテントの中に入ると落ち着きます。どんな豪邸よりも、私は自然の中に立てる小さなテントが好きなんだなと改めて思う。山の上で、スパゲティの湯をわかしながら。
[PR]
by tinpunatabibito | 2007-04-12 18:49 | Comments(1)


ウグイス

鳴いて桜もまだ蕾もあったり。
[PR]
by tinpunatabibito | 2007-04-12 11:01 | Comments(0)


飯能の一本桜

e0095194_10442814.jpg

桜吹雪の舞うなかで、ヒトヤスミ。三時間目でお尻が痛くなる。うちから80キロ圏内だからとなめて履いて来なかったレーパン恋し。
[PR]
by tinpunatabibito | 2007-04-12 10:44 | Comments(0)


旅立ち

うちから1時間走って、所沢街道沿いのコンビニでウイダーインゼリーの朝。さて、ヒルメシはどこで何を食うか。それが今の大問題であり。
[PR]
by tinpunatabibito | 2007-04-12 08:28 | Comments(0)


カフェCOHOを探して

もう先週の日曜の話になるけれど、
その午後、私は、笹塚駅前で一軒のカフェを探していた。

おいしいコーヒーでほっと一息つくために。

ちがうちがう。
4月20日に出る雑誌『b*p』のお仕事特集の中で
「カフェを開く」という小さな小さな記事に出てくれる
カフェオーナーを探していて、
電話取材でもできるんだけど、
写真を撮る必要もあったから、
「近場でさくっと訪ねていけるカフェはないかな~」と
ヤフーで検索したら、
笹塚駅前に「CAFE COHO」という店があることを知ったのだ。


「神のロマーノ、楽園のカフェニコ。
東京最高のエスプレッソのひとつ」

その記事の中には、
かっこいいイタリア製のエスプレッソマシーンを置いた店内や
洒落た外観写真、住所や営業時間、
店長さんがどんな思いでカフェを開こうと思ったかも詳しく載っていた。


駅前にそんなカフェあったっけ・・・?


まったく記憶にないけど、
私はわりと、犬の散歩のように同じルートしか歩かない人間なので、
知らないうちにわが街にもお洒落カフェができていたんだろうと思った。

徒歩50秒の駅前で取材ができるなら話は早い。

とりあえず外観だけちら見してこようと、
プリントアウトした記事を手に、
仕事中のすっぴん、ぼさぼさ頭のひどい格好で
ぶらっと駅前に出た。
しつこいけど徒歩50秒なので、
駅前を歩くときの私は、まるっきし無防備。
寝て起きたまんまのジャージ姿でうろつくこともある。
(笹塚駅前で私を見ても、絶対に見なかったことにしてください)


・・・・でも、何度ぐるぐる探しても、ないんだ。その店が。


たまたますれ違った板前さんふうの男性に声をかけ、
コピーした住所を見せて、道を聞く。
地元で道を聞くのって、なんか不思議だ。

煙草をくわえながら道を歩いていたその人は
劇団でもやってそうな渋い兄さんで、
「この住所なら、このへんのブロックなんだよなぁ。
オレも気になるから、ちょっと探してみよう」
。。。。。知り合いのマンションのおじさんの所まで行って
熱心に聞いてくれた。
その人の渋い顔のわりに妙に長いまつげと、
右手でどんどん短くなっていく煙草を交互に見ながら、

あぁ、なんで私はこんな小汚いすっぴんジャージ姿なのか・・・と思う。
いや、
スカートはいて化粧していたからって何も変わらないんだけど、
こうやってずぼらな日々を続けていたら、
出会いの芽も物語も、なにも生まれるまい。

まぁ、結局、
「このへんだと思うから、もう少し探してみて」
と、しばらくしてその人とは別れた。

このへんかな・・・と私はさらに
玉川上水ぞいの遊歩道も歩いた。
携帯電話を持たずにふらっと出てきたので、
電話もかけようがない。
リリー・フランキーのおかんが好きだったという笹塚の桜並木も
はじめて見た。
でも、そこには満開の美しい桜があるだけで、カフェはなかった。


一刻で入稿を争う時期に、
小一時間、駅前をぐるぐるぐるぐる探しただろうか。
京王線のガードの下も、マンションの裏側も。


どうしても見つからなかった。
どこにあるのだろう、CAFE COHO。


家に帰って、電話をした。

「・・・▲■●です」

「カフェCOHOさんですか」

「違います。なんかよくかかってくるんですけど、
その店、もう何年も前に閉店したみたいですよ」

たったそれだけの話。
ごめんなさい、あんまりオチらしいオチもなく。

でも、幻のカフェを探して歩いた1時間は、
なんだかすごくわくわくして
不思議な時間だった。
徒歩50秒圏内なのに、遠い遠い場所を旅してきたみたいに。
[PR]
by tinpunatabibito | 2007-04-09 00:13 | Comments(1)

    

いつかどこか「陳腐な食堂」開店予定の、52歳キッチン見習いの雑記。
by tinpunatabibito
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧