陳腐な旅人日記


<   2007年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧



とうとう・・・

本格的に風邪を引いてしまった。


昨日、山越えしたあと、
寒いなかで2時間近くある人の帰りを待っていたせいで、
2月に入って以来、無休できた疲れが一気に噴出。
熱はないけど、
咳とくしゃみのしすぎで
左の背中が痛い。

日ごろ、健康すぎるくらい健康な人間は
カラダが弱った途端、ココロも弱気になる。
いや、ココロが弱ったからカラダに来たんだろうか。


こういうとき陳腐な私の頭に必ず流れる歌がある。

この間死んでしまった鈴木ヒロミツがいたモップスの歌。
私は無論、GSよりずっと後の世代ですけどね(そこは強調)、
吉田拓郎好きなので知っているんです。


疲れ果てていることは
誰にも隠せはしないだろう。
ところでおいらは 何のために
こんなに疲れてしまったのか。


ほんとうに、
なんでだっけ・・・?
あ~あ、私もうだめかも。
[PR]
by tinpunatabibito | 2007-03-20 00:24 | Comments(10)


小さな巨人との旅

e0095194_1957963.jpg

小さな自転車で小さな村を旅してきた。
小さくたってジャイアント、
MR4はロードバイクを輪行する手間とほとんど変わらないけど、
折りたたみを買うならコイツかなというくらい気楽さとデザインが好き。
でも可哀想にこのコ、MTBでもないのに、
方向オンチなうえに人の話をちゃんと聞かない旅人のせいで、
いきなり山道を3時間も引きずり回された挙げ句、
テクもないのにオフロード走行を試みた旅人が見落とした枝につまずいて転ばされ、
最後は真っ暗な夜道を村から電車のある町まで一気に滑走…と散々な目に。
山も滝もばあちゃんのスケールもぜんぜん小さくなかった東京の村、
小さな巨人のおかげでダイナミックに動き回れたよ。
輪行袋の中でゆっくりお休み。
しっかし、今回は近場の村でゆったりのんびり…のはずだったのに、
毎回毎回、サプライズのように陳腐なハプニングが待っていて、
ドタバタした旅になってしまうのはなぜなんだろう?
やれやれ。
ところで、鉄平兄さんはやっぱり死んじゃうのでしょうか。
高炉建設の夢を叶えないままに。

PS.電車の接続がよくて8時半には家に帰ってこられました。
(きっちり「華麗なる一族」30分前)。
土曜の早朝以来帰ってきたら、
誰もいないはずの部屋に燦燦と明かりが・・・。
やれやれ。
だめなのは旅先だけじゃなかった(ふぅ~)。
[PR]
by tinpunatabibito | 2007-03-18 19:57 | Comments(0)


最終電車に間に合えば

どんな会社にも、
要領のいい人間と、要領の悪い人間がいる。

それは仕事ができる、できない、の違いではなく、
単純に
ひとつの仕事にどのくらい自分の時間を割くか。
それの違いなんだと思う。

シイノ君と高田さんと私は、
明らかに「要領の悪い人間」だった。

遠い遠い昔、私が編集プロダクションの社員だった頃の話だ。

仕事量が多かったというのも確かにあったけど、
「要領のいい人間」だったら、
もっとチャッチャカ終わらせて、飲みにいったりするんだ、きっと。

残業したって、一銭だって残業代がつかない会社なんだから。
残業した者に与えられるのは、唯一700円の夕食代だけ。
700円以上の晩ご飯を食べたら、差額は自分で払うのだ。
いま思うと、なんてセコイ会社だと思う。

シイノ君と高田さんと私は、
自分の仕事に没頭しちゃうと、あまりムダ口は叩かないタイプ。
気がつくと、会社にはこの3人しか残っていなかった。
3人が11時20分ぐらいになると、
途端に一致団結、
「早く、早く! 急がないとやばい!」

社内の電気を全部消し、
ラジオも切って。
最後に玄関の鍵を閉めたら、一気にダッシュ!

代田橋まで走って10分。
真っ暗な道を
「なんで、うちらだけ毎晩毎晩、こんな必死に走ってるんだろうね」
笑ったり、愚痴をいいながら、
とにかく最終電車に乗り遅れないように走り続けた。

フリーライターになってはや12年、
なぜか急に蘇ってきた終電ダッシュの思い出。

雨の日の満員電車も
土曜の朝のくだらないチーフ会議も
わけわかんない社長の説教(秋田弁)も。

どれひとつとっても会社員なんかに戻りたいとは思わない。
一匹狼のフリーライターになってほんとよかったと思っている。

だけど、どんなに苦しいときも
一緒に走る仲間がいたあの日々が
ちょっとだけ懐かしいな・・・と思った。
[PR]
by tinpunatabibito | 2007-03-14 04:39 | Comments(5)


ロック魂


バカヤロウ大豆なんかは肉じゃない つべこべいわず肉を食わせろ

いきなりですが、
これは前回の話のつづき。

「土曜の夜はケータイ短歌」の
今週のお題「ロック魂」で、
投稿された短歌の中から、
角田光代さんが選んだ一首だ。

角田さんはものすごく肉を愛していて、
どのくらい愛しているかというエピソードを
番組の共演者だった歌人・穂村弘さんが、話していた。

「以前、角田さんとレストランで食事したとき、
角田さんがパンや前菜にまったく箸をつけないので、
みんなが不思議に思って訊ねたら、
『これから来る肉に備えて待機しているんです・・・』
と大真面目に答えていたんで、あ然としました」

で、
たまには体にいいものを・・・と思ったのかは知らないけど、
以前ベジタリアンレストランで、
肉っぽく見せかけた大豆料理を食べたとき、
冒頭の短歌とまったくおんなじ感想を持ったそうだ。
「だから、激しく共感しました」と話していた。

わかる、わかる、そのキモチ!
本気の肉好きとはこうでないと。


ここんとこ、ずっと家で原稿書いていて
納豆ごはんばっかり食べていた。

S山の峠をなんとか越えた・・・・(?)ので、
今晩は、編集のAさんに焼肉をごちそうになった。
(店が混んでいたので、1時間の即行メシだったけど)。

焼肉、焼肉、焼肉・・・だ~~い好きだ!
カルビと生ビールさえあれば、
私は何度でも山に登れる気がする。

もちろん、大豆だって大好きだよ。
だけど、大豆は大豆として食べるからおいしいんであって、
肉の代用品にされて「バカヤロウ」なんていわれたら
大豆にしてみたら「やってられないわ、ったく」な話で。
そういうコソクなすり替えは、やっぱ邪道だと思う。


毎日肉を食べたいとは思わない。
たぶん年間300日ぐらいは、肉なしでも生きられる。
生きられるけど、
根っこのところで、なんか足りない、つまんない奴になっていく気がする。
たぶん私は
毎日ピースにゆるゆる生きたい・・・わけではないんだろう。
いや、憧れはするけど、
できないんだね、セイシツとして。


抑えて抑えて抑えて抑えたものが

どっかーーーん、と爆発するような。

そういうメリハリある暮らしを好む、「ちょいM」人間。


バカヤロウ
つべこべいわず
肉を食わせろ



私も、この言葉に「激しく共感」。
よって、この一文を
わが陳腐部(・・・部員いるのか?)の部室に掲げたいと思います。


いや~、カルビって、ほんとうにうまいですねっ!
[PR]
by tinpunatabibito | 2007-03-10 00:22 | Comments(4)


土曜の夜は赤ワインとケータイ短歌

本日はラジオ番組の取材で、渋谷のNHKへ。

「土曜の夜はケータイ短歌」って番組。
全国放送でやってます。

番組のパーソナリティは、隔週交替で
先週はあの東野翠れん さんとふかわりょうさん。
翠れんさんは3月末で番組卒業だそうで、
今回は漫画家の魚喃キリコさんに会ってきた。
ほんの昨日、知ったのだけど、なななん、と呼ぶ。


2分の1ページの記事にはま~ったく反映されないとしても、
いちおう、どんな漫画を描く人かは知っておかなきゃ、と
朝、起き立てに笹塚の紀伊国屋で
最新作「straeberry shortcakes」を購入。
取材まであんまり時間もないので、
時間の節約も兼ねて、お風呂で読む。

面白かった。
45分の入浴時間に一気に読んでしまった。


会いたくて会いたくてたまらない人に
取材で会いにいく・・・・・というのもライター冥利に尽きるけど、

たまたま取材で
本来の自分のテリトリーではない人に会い、
すごく好きになってしまうことも楽しい。

私のこれまでの経験でいうと、
前者がキヨシローなら、
後者が翠れんさんであり、YO-KINGだった。


「すいません、私いま歯を治療中で、
口あけてがはは・・・! と笑ってるカットだけ
ちょっと外してもらっていいですか?]

魚喃キリコさんがカメラマンのMくんにいう。
酔っ払って自転車で転び、前歯を2本折ったらしい。

おぉ! なんてロックな人なんだ!

「いや~、私もじつは・・・」
会った瞬間、
ちゃりで転んで前歯を折った話で盛り上がる。

キリコさん、
すっごくいい。
私はたぶん、こういう「さらけだし系」の人が
いつだって好きで、波長も合うんだろうと思った。
写真を全部撮り終えて
収録5分前のスタジオに「ありがとうございました!」
と帰る挨拶をしたら、
バイバイ!・・・って感じで手まで振ってくれた。

たぶん、いつかまた、
会うことがあるかな?
会いたいと思っていれば、きっと。


渋谷でいろいろ所用を済ましてから
自転車で笹塚に帰る。

ぼっさぼさの頭を
「笹塚で30年前からやってる」美容院でカット&カラー。

「お客さん、すごく肩こってたんで
もみ甲斐がありました(笑)」

ありがとう、心やさしき美容師くん。
おかげでちょっとラクになりました。


髪を切られている間、
「明日もアサイチから取材だから今日は早めに寝るとして。
でも、ひさしぶりに赤ワインぐらいは飲みたいなぁ。
あ、でも、前に100均で買ったワインオープナー、
あっという間に壊れちゃったんだ・・・・」
ワイン飲むなら、オープナーないとなぁ・・・と思案していた。


そしたら、駅前の特設売り場で
新潟・三条の刃物市をやっていて。
ちょっと高いけど、一生ワインあけても壊れなさそうな、
(しかもカンタンにあく)オープナーを買えた。

う~ん、つながってる。
すごくささやか、ではあるが。


晩ご飯を食べながら
今日取材した番組の放送を聴く。
ちなみに今週のゲストは、

なんと、なんと。角田光代さん。
私は昨年暮れぐらいあたり、
「角田光代の文庫本はすべて制覇しよう」強化月刊を
2か月ぐらい続けていて。

NHKでキリコさんと打ち合わせしていた角田さんは、
すっごくほわん・・・としたヒトで、

「あ、こりゃ、もてるわ」・・・・と思った。

渋谷のハチ公前に立っていたら、
誰もこのヒトが超売れっ子作家だなんて気付かない。
それぐらい、見た目はフツウでほんわかしてるのに
どっかぶっ飛んでる。

そういうヒト、かなわないなぁと思う。


番組中、今週の短歌のお題「ロック魂」(!)に
合わせて、
「ロック以外の音楽は聴いたことがない.....」という
角田さんのおすすめ曲を。。。。というコーナーがあった。


角田さん、どんな歌聴くのかなぁ・・・と思いつつ、
2杯めの赤ワインをぐびり。

そしたら、
イマワノキヨシローさんの「激しい雨」が流れてきた。

角田さん、もう20年来のキヨシローファンで
「RCサクセションが聴こえる~」のフレーズも思いっきりツボらしい。

ううう・・・・・・ん、
世の中はなぜ、こんなに細々とつながっているんだろう!

そんなこんなの週末。
明日は千葉県の海沿いのステキなおうちに行きます。
切りすぎた髪にいつもの帽子かぶってね。

PS.
最近はどっぷりYO-KINGな日々だけど、
キヨシローは別格霊場・・・・じゃなくて別格です。
この間、ビーパルの自転車特集を書いている最中、
こんなブログを見つけて、万歳三唱。
キヨシローのメカニックをしているFさんのブログ。
よかった、よかった。ほんとよかった(涙)。
[PR]
by tinpunatabibito | 2007-03-03 21:48 | Comments(2)


母の書、そして「日々とポップス」

木曜の夜は、YO-KING NIGHT。
これをゆっくり聴きたくて、必死で締め切りを終えたのだ。
ささやかな、ほんとうにささやかな今の私のシアワセ。


ひきこもりの入稿ウイークも
YO-KINGが歌ってくれるから乗り切れた。
ありがとう、KING。
あなたこそが、私のお大師さまです。
(いかん、遍路特集で頭が南無大師遍照金剛だらけ・・・)。

新しいアルバム「日々とポップス」、
もう、いつカラオケ行っても100点取れるぐらい
聴きこんでる。

今日、ひさしぶりに自転車にのって、
全曲フルボリュームで聴きながら走ったら、
新宿御苑の前あたりで胸が苦しくなった。


ぼくらはいつも考えすぎて しゃべれなくなり ただただ歩く
ぼくらの距離は20cmで 時々肩が当たるとあせる

だけど君が好きさ とても好きさ
泣きたくなるほど 死にたくなるほど好きだ

(ぼくらが過ごした永遠@日々とポップス)


なんでこんな歌がつくれちゃうんでしょう・・・・。
こんな言葉、
もう一生誰かにいってもらえなさそうなジブンが
さらに切なさを誘いますが、
ぽかぽかの春の日差しのなか、
泣きたくなるほど好きな歌を聴きながら走れるだけで
今日はじゅうぶん、満足なのです。

e0095194_4265849.jpg



ちなみに、今日・・・
というか、もう昨日になっちゃったけど、

3月1日はわがハハの誕生日でした。
1年前のブログにも書いたなぁ。
早いですねぇ、1年。

うちのハハが先日送ってきた書道展の写真。

e0095194_443829.jpg


肉親ながら、「うまいじゃ~ん!」と思った。

人の一生は
重荷を背負うて遠き道を行くが如し
急ぐべからず

お母さん、そんなに重荷を背負ってるの?

びっくりして手紙を見たら、
徳川家康の遺訓でした。
そういえば、なんか有名なコトバな気も・・・(笑)。

とりあえず、お母さん、
誕生日おめでとう。
これからもずっと元気で
ときどきモーニングコールをよろしく。


あぁ、もうすぐ5時。
あと10分で、YO-KING NIGHTが終わってしまいます。
じつは修羅場にこっそり 3月24日のライブチケットを
ヤフオクで落としたワタシ、
この春は、それを楽しみに
もうひとがんばり、ふたがんばり。

はやく花見がしたいな~!
[PR]
by tinpunatabibito | 2007-03-02 04:54 | Comments(2)

    

いつかどこかで「陳腐な食堂」開店予定の、51歳キッチン見習いの雑記。
by tinpunatabibito
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧