陳腐な旅人日記


迷い道クネクネ

ジンセイってやつは~~~。

小さな選択の繰り返しですね。


今の悩める問題は、

「ビストロAを辞めるか、辞めないか」の選択。

新しいビルの開業とともに
華々しく(じつはドタバタ)オープンしたお店が
今は哀しいくらいの閑古鳥で、、、

今月の後半からまったくシフトに入れなくなった。

それは私だけじゃなく、
仕事がデキるコもアルバイトはみな、
忙しかった頃の半分も入れない。
その代わりに、
数少ない正社員がブラックバイトなみに酷使されている。
売り上げが落ちたら人件費を削るのは当たり前なので
それは仕方のないことだと重々承知しているし、
今は第3のバイトもしていて
そこそこ忙しくしてはいるけれど、、、


「2020年8月15日に食堂オープン」を
たとえムリめな夢でも掲げた以上、
開店資金も貯めたいし、
なにより現場でたくさん経験を積みたい!


今年1月から働いているビストロAは
いろいろあったけど、
スタッフとも仲良くなって
できればもっと続けたい気持ちもあるけど、
私が働きたかった1号店はなかなか再開できないし、
今の店でもシフトに入れないなら仕方ない。


「来週もシフト入らない状況だったら
思いきって辞めます」

夕方メールしたら、
店長Nさんから
「なかなかシフトに入ってもらえなくてごめんなさい。
来週月曜日は入ってもらう予定です。
よろしくお願いします!」って、、、、、


お店としては
暇な時期にバイトがみな辞めていったら、
いざ忙しくなったとき困る。
だから、そういう対応もほんと、
よ~くわかるんだけど、、、

来週も週一だと、
この1か月、
ビストロAではたった10時間しか働いてないことになる。
そんなんじゃ開店資金なんて一生貯まりません。
これが一過性のことなら私も「待機」する。
でも、これから忙しくなる保障がない状況で、
このままでいいんだろうか?

ささやかでも生まれた小さな縁とか
まだ何もその店で達成できていない不完全燃焼とかを
ばっさり切ってほかを探すべきなのか、

ここはぐっと堪えて
「今はバイト以外にも勉強することは山ほどある!」
と、うちで独学するべきなのか、、、

「○○するべき」って考え方はあまりしないほうがいい気もする。

大切なのは、
「これからしたいこと」に必要なのは、
Aの道なのか、Bの道なのか考えること。


ほ~んと、
他人にしてみたら、
「えっ、そんなこと?」と思われそうな
じつにちっぽけな選択なんだけど、
その小さな選択が未来につながると思うと、
なかなか決められなくて人は迷うわけサ~。


「迷ったらロックな道を行け!」

・・・・・って誰かが言ってたっけ。

うーーーーん、

どっちがロック!?
[PR]
# by tinpunatabibito | 2016-09-27 01:14 | Comments(0)


九州へGO~♪

国の九州観光支援交付金1万5000円が出るため
かなりお得なツアーにハハと参加、
1泊2日で九州を旅してきました。


このツアー、
本来なら2泊3日の工程をぎゅっと濃縮しているので
移動距離がとにかく多い!
まずは新幹線のぞみでJR小倉駅へ。
そこで観光バスに乗り換え、
最初に向かった観光地は、、、

e0095194_9422039.jpg


そう、門司港です。
名古屋ではずっと雨ばかり降っていたので
久しぶりの青空がうれしい♪

右手に見えるのは、、、

e0095194_9434310.jpg


関門海峡♪

日本縦断中、あの海峡を
(ついに本州に入るんだっ)と思いながら
自転車と一緒に渡ったんだなぁ、、、
(そうだ、あのときは旅の相棒アイガモのコータもいた!)
あっというまに10年ひと昔だねぇ。

ツアーでも自由時間はハハとふたり旅。
レトロな町並みの門司港周辺を
のんびり歩きます。

「九州鉄道記念館、行きたい♪」

e0095194_9533166.jpg


行ったらドドーッツと鉄分があふれ出し、、、

e0095194_9543613.jpg

e0095194_9545317.jpg

e0095194_9583620.jpg


本館があることに気づかず、
屋外展示の車両だけ見て帰ってきちゃったけど、
写真の「キハ」(肥後小国←→豊後森のプレートが泣ける~!)を筆頭に
特急にちりん、14系寝台客車「月光」・・・・
あぁ、この列車に乗って旅したい!・・・・とウズウズしまくりでした☆

門司港近くのジャズ喫茶で食べた
門司名物の「焼きカレー」。
e0095194_106412.jpg

最近の流行かと思ったら、
「昔からこのへんでは食べてますよ。
カレーに卵とチーズのせてオーブンで焼くだけですよ」って
気さくなマスターが教えてくれました。
おいしかったから、
今度、カレーを大量につくったときの後半戦でやってみるかね。


お次は由布院♪

4年ほど前に自転車でじっくり回った場所なのに
印象がまるで違ってた!
「ここは軽井沢銀座か清里かッ!?」って感じで
アイスクリーム屋さんや土産物屋さんがいっぱい。

でも、金鱗湖の帰り道にちんぷが吸い寄せられたのは、、、

「やっぱ、芋焼酎でしょう♪」
e0095194_1083164.jpg



ふだんは紙パックのいいちこか黒霧島でも、
旅先でその土地の芋焼酎を飲むのは、
やっぱシアワセ~。
旅の宿と帰りの新幹線でおいしくいただきました。


夕暮れ前にたどり着いたのは別府温泉。
日本の温泉ランキング第4位の温泉で
無類の温泉好きとしては楽しみにしていたのに、、、

なんと!
大浴場なのに湯船が銭湯以下!
しかも!
露天風呂がないッ!!

あまりのしょぼさにがっくりしながら
夕飯前にひとり、湯上り散策。
そしたら、
「おっ! こんな近場に温泉が♪」

徒歩5分圏内で見つけた「かっぱの湯」。
しかもその日は水曜レディースデーで
入浴とサウナが380円で24時間入れる!
こういうのを速攻で見つけちゃうなんて
私の旅勘もまだまだ捨てたもんじゃないぜ♪

うれしくなって
夕食後にハハと一緒に浸かってきました。
温泉で長湯してのぼせた過去があるハハは、
どんないい温泉でもけっして長湯をしない。
私は湯船に出たり入ったりで2時間でも3時間でも
ずっと温泉にいたいニンゲンなので
そこはまったく折り合わないんだけど、
ココは後ろ髪をばさっと切って帰りました。
ふたりして早寝したので、
夜中に目が覚めちゃって、
BSの山歩き番組とかちゅら海水族館の映像を
だらだら寝転がって見てた。


翌朝は、別府の「海地獄」を見てから、一路、、、
高千穂峡へGO~♪

じつは行ったことなかったので
とても楽しみにしてた。
そしたら、遊歩道をのんびり散策する時間もあって
予想以上にヨカッタ。
ここんとこ、街中でインドア生活ばかりなので
一面の緑、水の音、風の音、
そういう「不足してたもの」「切実に求めていたもの」を
けっこう短時間で充電できた。
(旅ってやっぱいいな~、、、)と
脳内でちんぷな感想浮かびまくりでしたw

写真は、
日本百名滝のひとつ、「真名井の滝」。
e0095194_1036359.jpg



ツアーに参加していた40名中30名近くが
添乗員さんに行きの新幹線で勧められた
食堂の料理を予約していたけど、
いくらツアーでも、自由時間くらい自由でいたい!
そんなハハと私は滝を見たあと、
川沿いの食堂のテラス席へ。

小食のハハはざるうどん。
e0095194_10422579.jpg


朝と昼はがっつり派で
B級グルメ研究家のちんぷはコレ↓
e0095194_10432867.jpg

e0095194_10435170.jpg


いや~、満足満足♪


おなかいっぱいで眠くなっても
バス移動だからラクチン☆
うとうと~爆睡~車窓をぼんやり眺める~ときどきハハと喋る~うとうと~爆睡・・・・・・
を繰り返しながら移動するっていいもんです。

私が好きなのは「旅」そのものよりも
「移動」なんだと思う。
あれ?移動も旅に含まれるから
あえていうことじゃないのかな?
とにかく、
「目的地で何をしたいか」が最重要ではなくて、
あまり気合が入ってない、半分OFFみたいな状態で
車窓の雲みたいに
ふわふわ、ときにぐんぐんと
移動し続けることが好きなんです。

それは自転車とかカヌーとか徒歩とか
人力移動ができる状況ならするし、
鉄道とかバスとか
誰かが運転してくれるのりものに揺られていくのも好き。
(鉄道に乗りながらお酒を楽しむ「飲み鉄」度も高いかもw)


そしてついに、、、

今回いちばんのお楽しみ、
「熊本城」へGO~♪

バイト先のシェフとホールのNちゃんが無類の城好きで
「熊本城の写真、絶対に撮ってきてくださいね。
ちんぷさん抜きで(笑)」
「熊本城を撮るときは20mの石垣を下からなめるように撮ってきてください」
・・・・・・と、細かく頼まれていたのでw

高さ20mの石垣、
なめるように撮りましたとも!
「宇土櫓」(うとやぐら」、かっけーーーーー♪♪♪
e0095194_1144514.jpg



うん、恥ずかしいけど、
記念写真ものっけちゃえ☆
(ブログがアルバム代わりなものでw)
e0095194_1172786.jpg



城内で見た「開城当時に植えたと推測される」木。
e0095194_1163941.jpg



崩れた石垣の石にはすべて番号を振って、
いつか再建できる日まで大切に保管しておくそうだ。

シェフとNちゃんに頼まれていたので、
地元のガイドさんが余分に持っていたパンフレットを
「あの、、、友人が城好きで、、、
そのパンフ、余分に2部いただけますか?」と
図々しくお願いしたら、あっさりOK♪
おまけにツアー参加者に配らなかった別のパンフレットもくれました♪
(翌日のバイトでふたりにあげたら大興奮状態でしたw)


「ありがとうございました! また来ます♪」

バスに乗る前にお礼を言うと、

「次にいらっしゃるときはもう少し、
熊本城もよくなっていると思いますよ」ってガイドさん。

美しいもの、歴史に残るものをつくること。

壊れたら捨てればいいじゃん、
新しいものに取り替えればいいじゃん、ではなく、

こわれたら直す、繕う、再建する。

たとえどんなに時間がかかっても

造られた月日とおなじくらい、
もしくはその倍以上かかったとしても、、、

生まれ変わったときは
かかった時間のぶんだけ、
さらに美しいものになっている。


うん、目指すのはそこか!
簡単にごみ箱行きにはならんぞーーー


って、、、
何の話でしたっけ?


帰り道に見たバスの後部座席に
くまもんがいました☆
くまもんと熊本城♪
e0095194_11244829.jpg



新幹線に乗る前に博多駅で長浜ラーメン食べて
芋焼酎のお茶割り飲みながらゆらゆら帰りました。


さ~て、
次はどこ行こう?
[PR]
# by tinpunatabibito | 2016-09-26 11:26 | Comments(0)


トシコの呟き

最近また頻繁に流れてるあのCM、
「バイトするならタウンワーク」とおなじくらい
耳につくあのフレーズ、、、


「髪切りたいよーーーー!」

「切ればいいじゃん」
  (byハハ・トシコ80歳)
[PR]
# by tinpunatabibito | 2016-09-15 09:13 | Comments(0)


また走りたくなったので走ります!

本日思いきってエントリー!

もちろん、フルマラソン42.195kmっす☆


「ぜんぜん走ってないのに走れるの?」

ハハ、大丈夫、走れます。

2回のフルマラソンを完走した経験と自信、

半年あれば、

ちゃんと「走れる」カラダとココロを作ります。

ティファニーを笑顔で受け取る瞬間しか思い浮かばないサ~。

e0095194_0563313.jpg



よっしゃ、エントリーした日から
まずは毎日ウォーキング・・・・と
地下鉄の駅から歩こうと外へ出たら、
うぉーーー、土砂降り!

かばんに入ってた風呂敷かぶって
ブルーハーツ聴きながら帰りました。

雨とブルーハーツがまた合うんだ。

青空も夕暮れも似合うけどね。
[PR]
# by tinpunatabibito | 2016-09-13 00:56 | Comments(0)


『偉人たちの最高の名言に田辺画伯が絵を描いた』より

「チャンスは、
準備ができている者の
もとにやってくる」
パスツール


「専門家たちが口をそろえて
『あなたには才能がない』と
言ったとしても、
その専門家たち全員が
間違っているかも
しれないでしょう?」
    マリリン・モンロー


図書館で借りた本のなかに
勇気がわいてくるコトバと
脱力系ほのぼのイラストとコメントがいっぱい。


本日ささったコトバは・・・・・


「絶望してはいけない。
だが、もし絶望してしまったら、
絶望を抱えたまま、
進み続けるのだ」
   エドマンド・バーク


バークさんはイギリスの政治家・思想家らしい



私も・・・・・

生きているうちに

後世に残る名言を吐こう、と思いますw
[PR]
# by tinpunatabibito | 2016-09-11 00:11 | Comments(0)


過去はすべて幻

カメラとPCの接続悪くて
毎日写真更新、早くも終了~。
やっぱ、ブログは
書きたいときにだらだら書くことにします。



「陳腐さんらしいね」

って、たまに言われるけれど。


最近、なにが「私らしい」のか
まったくわからなくなっている。

去年の私も3年前の私も
ひょっとしたら1か月前の私も
もう随分前の
「そんな人いたかも?」な幻に思える。

この世は諸行無常、
人のココロも日々揺れ動いているし。


何も求めず、
日々淡々と平常心で暮らしたい・・・・

そんなふうに思う私がすでにもう
「私らしく」なくなってる気がする。

e0095194_2358333.jpg

[PR]
# by tinpunatabibito | 2016-09-09 00:01 | Comments(0)


あおいそらとみかづき。

よるのバイトにいく直前に見上げたそら。

まだしろい、みかづきがあおいそらに浮かんでた。

ぎんいろの飛行機がかっこよく飛んでって

一瞬、そらが虹みたいにきらめいた。

あぁ、どこにいてもおんなじ。

好きなものはいつも。

どこにいたって、

どんなときだって、

ずっと好きだから好きなんだ。

e0095194_0142243.jpg

[PR]
# by tinpunatabibito | 2016-09-08 00:14 | Comments(0)


真夏の飛行機雲

「今日の一枚」・・・・といいつつ、
じつは8月14日、
私がまだ50歳だった頃の一枚です。


八ヶ岳のSSさんちに泊まった翌日、
ハハと友人Bと歩いた湿原にて。

前にも書いた気がするけど、
私は「三度のメシより飛行機雲が好き」。
青い空に二重の飛行機雲、
八ヶ岳で会った懐かしいトモたちに
「若い!」と言われてゴキゲンなハハ、トシコの後ろ姿。
2016年夏、
これが唯一の旅でした。

e0095194_019551.jpg


「陳腐な旅人日記」といいながら
ぜんぜん旅してなくてゴメンナサイ。

でも、
ココロんなかでは世界中をぐるぐる回っているんだ。

明日はブルゴーニュあたりでガレット焼いてるはずさ~。
[PR]
# by tinpunatabibito | 2016-09-07 00:20 | Comments(0)


意識改革のとき!

「ちんぷは夏の終わりに何を失ったのか」問題について
その前後の経緯なども踏まえ
詳細な再現レポートをまとめようとすると、
途方もなく長いブログになってしまいそうで。

2016年でおそらくいちばん哀しい出来事で
ドリー以上に忘れんぼうな私の備忘録として
ちゃんと自分の失敗を書かなくちゃ・・・・

とは思うけれど、
反省は自分のココロのなかでしっかり
好きなだけ時間をかけてすることにしときます。
話が長すぎるのは老化の第一歩だからねw


事実だけを書きますと、、、


2016年8月20日を最後に
「ビストロB」は実質上クビになりました。


最初のミスは「パインジュース」。

紙パックだけど、
天然果汁100%でとってもおいしいパインジュース。

カウンターに座った感じのよいカップル、
彼女がこれを注文した。

私はいつものように
グラスに氷を入れて、
紙パックを振って、
注いだジュースを運んだ。


それをひと口飲んだ彼女が、
ちょっと不思議な表情で私に向かってにっこり微笑んだ。

私は「?」と思いつつ、
微笑み返しをして
“感じのいいスタッフ”であろうとした。

私に微笑み返しされた彼女は
ワインを飲んでいた彼氏に
飲みかけのパインジュースを少しあげた。



・・・・・・その直後☆

「ちんぷさん、カウンターに出した飲み物、なに!?」

調理中のシェフが尋ねたので、
私はのんきに
「あっ、パインジュースです♪」と答えた。


「パインジュースがあんなウーロン茶みたいな色してないでしょ。
ちゃんと振った?」

シェフに聞かれてとっさに
「ちゃんと振りましたよ!」と答えてしまった。

ウソをついたつもりはまったくなくて
防衛本能みたいなオーム返し?
実際、「ちゃんと振った」ような気もした。


でも、あとから思えば、
ちゃんと振ってよく混ぜていたら、
「パインジュース」の上澄みを
お客様に提供するという、
シェフにとっては「ありえない」失敗はなかったのだ。


顔を見合わせているカップルに向かって
シェフはただちに
「申し訳ありません。
すぐに新しいものをお持ちします」


そして私は新しいパインジュースを出しながら、
「すみませんでした!」と
カップルに誠心誠意謝ったのだけど、、、


調理が一段落したシェフに
カウンターのカップルが見ている前で
きっちり注意されました。

「陳腐さん、お店をやりたいと思っているのなら、
ここ、ほんとうに大切なことだから言いますよ。
陳腐さんも“このパインジュースおいしいですね~”って飲んだことあって
いつもよく見ているジュースの色がいつもと違う。
そこに気づかずにお客さんに出してしまうのも問題だし、
“なんかいつもと違うな~?”と思って出してしまうのも問題。
飲食店ではありえないミスです。

おまけにカウンター越しにお客さんが
ふたりで顔見合わせてアイコンタクトを送っていたのに、
それでも陳腐さんは気づかなかった。
僕は調理しながら気づいたんですよ?

陳腐さんがしているのはただの作業。
注文がきたからいつもどおりあれこれやってハイ、OK~!て感じで
お客さんに美味しいものやサービスを提供するための
本質的な意識に欠けているんです」


100%このとおりじゃないけど、
だいたい、こんな内容で、
私はもちろん素直に「ごめんなさい」と謝った。



ミスは誰にでもある。

大切なことはミスを引きずらないことだ。
さぁ、気持ちを切り替えて
ミスを挽回するくらいプロフェッショナルな仕事をしよう・・・・・・!


そうココロに誓って満席の店で
私にできる精一杯の奮闘をしたのだけれど、、、


その後も、

あれこれいっぱいいっぱいで

カウンターに(片付け用の)トレイをおきっぱなしにしてしまったり。
                
とどめは、「伝票」。
3~4組が一気に会計のタイミングで慌てたために
伝票A の下に 伝票B があったのにうっかり
伝票Bに伝票Aの金額を複写しちゃて
会計直前に気づいて「あわわ~!」となってしまったこと。

              
何分も前に
「計算できた?」と聞かれ、
「はい!(完璧です・・・!)」と答えたのに。

伝票の前で固まっている私を見て
シェフがほんとうに硬い声で、
「決断します」と呟いた。



もう1か月以上前だっけ。

正社員希望の21歳男子マサルくん(仮名)がビストロBにやってきて。

私が何度も失敗してしまうことも
「マサルは一度失敗したら、次に同じミスは絶対しないです」

私が1時間以上かかってしまう作業も
「マサルはきっちり一時間以内でやりますよ」


仕込み中もまかないを食べているときも
いつもシェフは私に言ってた。

「陳腐さんは話していて面白いから好きだけど、
お店はサークルや部活動じゃない。
僕は経営者として
冷静に決断しなくちゃいけないと思うんです」



あぁ、その「決断」のときなんだ・・・・・・

私に聞こえるように言ったシェフのひとりごとを聞いて
「自分にできることは必死でやったんだから、、、
何を宣告されても現実を受け入れよう、、、」


そう思いつつ、動揺しまくった挙句、
割らなくてもいい状況なのに
お店で初めてワイングラスを割ってしまい、、、(泣)。



お客さんが帰ったあと、シェフが言いました。

「陳腐さんに土曜日のサービスはもう任せられない。
僕はずっと陳腐さんを見ているわけにはいかないけど、
陳腐さんはうっかりミスが多すぎる。
それをフォローしようとして今日は僕も鴨肉を焦がしちゃったし。
そういうミスする人は、
たぶんこの先もミスをし続けるでしょう。
だからごめんなさい。
きついことを言うようだけど、
ビストロBに陳腐さんはいりません。
金曜と日曜の仕込みは今までどおり来てもらってかまわないけど、
土曜の営業は来週からマサルに任せます」




けっきょく、詳細レポートになってしまいました、、、


それを聞いた私のココロまで詳細に書きだしたら
夜明けまでかかりそうなのでもうやめときます。

結果として、

「来週から土曜日がぽっかりあいたら私は確実に落ち込む」ことが
よ~くわかっていたので、
速攻で新しいアルバイトを探しました。
土曜日だけのつもりでいたその店で
ほぼ毎日入ってほしいと言われたので、
8月末より、こんな感じのトリプルワークがはじまってます。

月~木の昼は「ビストロA」のキッチンスタッフ、
月~木、土曜の夜は「新しいバイト先C」のホールスタッフ、
そして、
金曜と日曜の午後(それぞれ約3時間半)は
今までどおり、
「ビストロB」の仕込みのお手伝い。


いろいろ揺れ動いているけれど、
「もう落ち込んでる暇はない!」と、
毎日前へ歩いてますよ~♪


今の私に必要なのは、

「意識改革」。

なにをどう変えたら、
ひとは今より成長できるのでしょうか?

わかってるよ、
そんなのかんたんさ・・・・・
って人がいたらぜひ教えてください。


ずっと書きたくて迷っていたことを
ちゃんと(長すぎるけど)書けたからちょっとスッキリw


で、もっとこまめにブログ更新したいから
今日から「今日の一枚」の
写真ブログをはじめます~!

長々ブログ書きたくても書けない夜だって
「今日の一枚」は毎日必ず更新しますよ♪
(とりあえず、年内限定!)


あ~、
蝶のように軽やかに跳びたい!

e0095194_14433597.jpg













 
[PR]
# by tinpunatabibito | 2016-09-06 14:45 | Comments(0)


大切なものを失った。

さおりんが決勝で敗れた直後、
「取り返しのつかないことをしてしまった」
と号泣したよね。


いまの私はそんな気分。

さおりんほどではないにせよ、
私も精一杯がんばったつもりだけど。



まだまだ甘かったんだなぁ。


たいせつな
たいせつな、
そのひとときがあるから一週間がんばれる


そんな時間を失いました。


久しぶりに泣いたよ。



私には絶対的に欠けている能力
(・・・・・それとも意識?)があって、
どんなに一生懸命やってもどこかに穴をあけちゃって。

スルスルスルスル、、、
たいせつなものが
砂みたいに手のひらから零れ落ちていく。
そんな痛い思いは過去にもいっぱいしてきた。


あれ、が痛みの三ツ星なら、
今度のこれ、もやっぱ三ツ星だなぁ、、、


落ち込んでる私を見て、
19歳のかわいこちゃんが

「陳腐さん、
悩みがあるってことは
生きてるってことですよ。
・・・・テレビドラマの受け売りですけどねw」

って励ましてくれた。



一歩前へ進むために



喉元を過ぎても
この痛みを絶対に忘れないでいよう。



たいせつな
たいせつな時間をくれた人が
どうしてこの決断をしたのか

ずっと考えていよう。


夏のおわりに。
[PR]
# by tinpunatabibito | 2016-08-23 20:32 | Comments(2)

    

いつかどこかで「陳腐な食堂」開店予定の、51歳キッチン見習いの雑記。
by tinpunatabibito
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧