陳腐な旅人日記


切り替えスイッチ☆

飽きっぽい私には
「5店舗かけもち」の現実は
ヒトが思うほど大変ではなくて。


昼のバイトを終えて、
これから夜のバイト、、、

ってとき、

あんまりギリギリに駆け込むのはいやなので、
けっこう早めに家を出て、
バイト先近くの公園で
20分ほどのんびりします。


ベンチに座って本を読んだり。
ウォークマンで音楽聴いたり。
楽しそうに遊んでる子供たち眺めたり。
トモダチにメールしたり。
アイスクリームとか唐揚げとか食べたり。
月を見ながら好きな人のことぼんやり想ったり、、、、、、


この20分が、私にはとっても大切。

今は1日2~3本だけど私はいまだ喫煙者でして
この公園でバイト前後に空の下で吸う一服は至福。
いろんなことがどーでもよくなるオフタイムな感じなのです。


この公園に私が滞在するのは
夕方4時50分くらいから5時10分くらいまでなんだけど、、、
夕方5時ジャストに
公園の景色はがらっと変わる。


e0095194_23214556.jpg

e0095194_23222199.jpg



そう、公園の木々たちに巻き付けられた
電飾にスイッチが入るのです。


自然の木になんて可哀相・・・・とも少し思うけど
この灯りがともる瞬間、
かけもちアルバイターの私のスイッチも
昼と夜がポンッ! と切り替わるみたいで。


2016年12月は
こんな景色を眺めながら
ずんずん暮れていくんだろうなぁ、って。


名古屋にいて暇~~~なお方がいましたら、
この公園で30分、のんびりお茶しましょ☆
「あ、いたーーーー♪」
って、約束もなく会えるといいね☆
[PR]
# by tinpunatabibito | 2016-12-06 23:29 | Comments(0)


金曜日はまかない決戦♪

「まかないなんて、調理場でささっと作るもんじゃないの~?」


ハハ・トシコ80歳が
(うちの娘はなんでこんなに朝から張り切っているんだろう・・・・)

・・・・・と、不思議そう。


トカラで食堂! ・・・・・の夢を数年前に熱く熱く語って
移住2年半で玉砕して帰ってきた娘
(※おまけに農業の惨敗でハハに借りたお金もまだ返せていない・・・)

としては、いまだ言えないんです。


飲食店で5店舗もかけもちしている娘が、
じつは性懲りもなく
「ちんぷ食堂」(仮名)オープンを夢見ていることを・・・・・・


とりあえず、ハハに借りたお金をきっちり返し、
来年の夏に調理師免許をとってから言えばいいか・・・・

そう思っているから、
私が「ビストロB」のまかない作りに
なんで早朝から真剣モードでいるのか
???・・・・・な様子。


まかないを作ることって、
じつはとっても大切なんです。


ビストロBの場合は、
スタッフひとりあたり500円の食材費に収めれば、
何を作っても自由。


「金曜日のまかないは私に作らせてくださいっ!!」


自分で立候補した以上、
シェフや他のスタッフががっかりする料理は出せない。

日々忙しく働いている彼らが
ほっとしてパワーアップできるようなものを作りたい!

しかも、さりげなく、
「私が未来に開店するお店で出したい料理はこんな感じなんです~」

・・・・・と、シェフたちに伝えるものでなくては☆


うんうん悩んだ結果、
記念すべき「第一回 ちんぷなまかない」は、
こんな感じになりました☆

写真は撮ってません。

「料理は瞬間芸術だと思うから。
僕はどんな店に食べに行っても写真は撮らないし、
自分の店でも撮ったことはないです」

そんなシェフの言葉に
なるほど・・・・と思ったからね。


えっと、まかないの話だったw


前菜・ 根菜のきんぴら
     れんこんのはさみ揚げ ※はさんだのは加賀・永平寺産ぎんなん。
     ポテトサラダ

メイン・ ぶりの西京焼き ※3日前に味噌漬け

汁物・根菜たっぷりの豚汁

飯物・鶏肉と舞茸の土鍋炊き込みごはん

デザート・ガトーショコラ ※プレミアム豆乳クリーム仕立て


・・・・・・・初回から懲りすぎやろ~w



バイト行く前にヘトヘトになりながら
なんとか自分で考えたとおりのメニューを完成させて、
土鍋を載せられるように
ハハ・トシコのママチャリをそーっと漕ぎながら
ビストロBに到着~~~。


「これだけ作るのにどれだけかかったんですか?」
シェフの質問に
「内緒ですw」
と言ったんだけど、
「ちんぷさんの実力からして・・・・・3時間半だな」


うーーーーむ、
ぴったり合ってました☆
さすがシェフ!



「こういう料理食べるの、久しぶりだな~」

シェフが食べるのをドキドキしながら横目で見てた。


「このなかに和食Aでもらってきたまかないも一品含まれてます!
さて、どれでしょう?」

私のクイズにシェフは
「ポテサラでしょ」とずばり正解。

「だって料理の組み立て方がほかとぜんぜん違うし」


う~、シェフからしたら、
私の料理なんて突っ込みどころ満載なんだろうなぁ、、、



「そりゃ調理的にはいろいろあるけど、、、
そういう問題じゃないんです。

この道20年の職人がまったくココロを込めないで作ったまかないより、
僕はちんぷさんが作ったまかないのほうが美味しいと思う」


・・・・・・・・・・・なんて、
ステキな褒め言葉なんでしょう♪


21歳マサル君からは
「このぶりの西京焼きでごはん何杯でもいけます!
実家のごはんが恋しくなった」・・・・・って。



一生の宝物にしようと思います☆


さ~て、今週は・・・・

どんなまかないを作ろうか♪
[PR]
# by tinpunatabibito | 2016-11-28 23:22 | Comments(1)


まかない記念日

「ちんぷさんのブログ、いまどき長すぎで正直全部読むのはしんどくて」
「ならムリに読まなきゃいいじゃん!」
「ほらね、そういう自己満足的なとこもいまどきじゃないっつーか」


・・・・・・・詳細は(酔っ払ってたので忘れましたがw)、
年齢は年上だけど、入社時的には後輩、な元同僚に先日言われました。

ツイッター的な短文、で
何万人のフォロワー?にいいね♪ される、

そーゆーの、べつにどーでもいいんで!www
ブログなんてね~、
ただの自己満足ツールっす☆

(※いまどきコーエツ部付きのブログもないですが・・・・w
酔っ払って書いたブログって、後から読み直すと言葉足らずだったり
余計な言葉が多すぎて、つい校正しちゃう。
「いいね♪」はいらなくても、
「今日の訪問者」が増えてるとそりゃ~うれしいし、
最近はコメントゼロ行進で実は寂しいけれど、
たま~に誰かから予期せぬコメント届くと、もっちろん☆うれしい。
不特定多数の人ではなく、
「君が僕を知ってる」的に誰かに届けばいいな、とは多少思いマス)



トシをとってよかったなぁ、と思うのは、
自分の趣味・主張・生きる方針? みたいなものが
自分なりにわかってきたこと。


山あり谷あり、ハイ&ローなジンセイなもので、
今朝、自転車漕ぎながら思ったことは

「本当にしんどかったこと、辛かったこと、苦しかったこと」、
そーゆー日々を忘れないでいよう!

ってこと。


ヒトは楽しかったことだけ
「一生忘れずにいます♪」なんていいがちだけど、
最近わかったんだ。

あの日、あのとき、あのひとに
こんなことを言われて胸が張り裂けそうに苦しかったこと。
もう一生私が笑う日は来ないだろう、、、なんて
とことん落ちてた日々。

そーゆー日々を時折思い出すことで、

あ~、今は平穏でよかったなぁ、、、

トモダチのことも自分のことも愛おしく思える、

そんなふうに思える今日に感謝♪

・・・・・・・な~んて言えるわけです。



たぶん、ずっと幸せでいた人にはわからない、
「苦しみ」を味わったゆえの「幸せ」ってやつ。


そーゆーのが愛おしいから、
過去を振り返るのはよくないかもしれなくたって、
私は過去をぶんぶん振り返って、
本当に苦しかった日々も
「あの日々があったから今はそこそこハッピー♪」・・・・・・って
けらけら笑えるニンゲンでありたいと思います。



前置き・・・・・・また長くなりすきたので、、、、

「まかない記念日」というタイトルで書きたかったことは
また次回、書くことにします。
(今日は「まかない記念日」ゆえに
早朝から飛ばし続けてヘトヘトなものでw)


明日は和食Cで朝から晩までフルタイム出勤☆

いい仕事するために、、、

おやすみなさい☆

最近はとにかく早寝早起きのイソジさんでした♪
[PR]
# by tinpunatabibito | 2016-11-25 20:58 | Comments(0)


今週のしし座☆

映画『この世界の片隅に』を観てきた。


号泣・・・・はしなかったけど、
人恋しくなる、
普通に生きることがスバラシイと思える、
すごくいい映画。
まだ観てない人は絶対観たほうがいいと思います。
声優デビューの
のん(本名・能年玲奈)もヨカッタ。
彼女を2019年の大河ドラマ(byクドカン)の主役に・・・・って声が
ネットで盛り上がってるそうで、
うんうん、じゃんじゃん盛り上がってくれよ~って思う。
苦しい時期を過ごしたニンゲンは強いからね。
苦しい時期に自分磨きしていた彼女は、
『あまちゃん』の頃より
もっとパワーアップしてて、
大河だってゆるっとこなせるハズ♪


そのあとバイト行って。
今夜は和食C。
お客さんと楽しくお喋りしながら結構飲んで、
最後に生ビールサーバーの洗浄してるつもりが
生ビール大量に無駄に流す・・・・という
信じられないポカをやりました(反省)。
あのポカがなければ、
今夜はわりといい仕事できてたのになぁ、、、
ほんと、情けなか~。


そんなワタシは「しし座の女」。
「めざましテレビ」の星座占いに
毎朝、一喜一憂してる51歳乙女ですがw


石井ゆかりさんの
今週の星模様」のコトバって、
なんだかいつも胸にぐっとくる。


例えば今週の「しし座」。

《言葉は手厳しいのに
手の動きは限りなく優しい人》

います!
私の身近に(いるけどすごく遠いところに)。

その人に認めてもらいたくて
日々、必死で過ごしてる。

ワタシが地味にがんばることで
誰かのチカラがわいてくるならそれはうれしい。
のん、ががんばってることで私もパワーもらったみたいにね。


人はそれぞれ、
いろんな現実を抱えているけれど、
ほんの一瞬でもココロが触れ合った人との縁を
私はもう二度と断ち切りたくないな・・・・って思います。
[PR]
# by tinpunatabibito | 2016-11-22 01:15 | Comments(0)


紅葉トレッキング2016

2016年秋、
ハハと日帰りトレッキングに行ってきた。


場所は石川県の鶴仙渓(かくせんきょう)。
バスツアーで片道3時間の旅。
名古屋駅から1時間半走って
10分のトイレ休憩、
そして再び1時間半走れば、
石川県に行けちゃうんだね~☆


最近、ビストロBのシェフから
「ちんぷさんが来る日は85%雨ですよね~!」
と、「雨女」呼ばわりされてるワタクシ、
ええ、今回も降りましたとも!

ハハが
「ザックが濡れるから」と、
ザックの上からノーズのジャケットを羽織って
まるでおんぶオバケ状態。

「みっともないからやめて!
もう雨止んだし!
そもそも多少の雨じゃザック濡れないし!」

何度懇願してもハハはやめない。

「あんたもしつこいッ!
嫌なら離れて歩けばいいがね」


あまりの頑固さに腹が立ったので
トレッキング開始から
ハハと娘、はなればなれ。
どうせツアーで同じルートを歩くので、
べつに嫌々くっついて歩く必要もないし。
ハハがおんぶオバケをやめないかぎり、
私は絶対近づかないヨッ!


ウォークマンでボブ・ディランを聴きながら
ひとり、のんびり歩きました。

ちょっと前は、
紅葉トレッキングしたり、
焚き火したり、
田舎で旬のおいしいもの食べたり・・・・・
ってのが仕事でもあったわけだけど、
今はアウトドアとは無縁状態。
今月2度めの貴重な休日を
イライラして過ごしたくないので
ハハはハハ、私はワタシ、
好き勝手でいけばいいサ~、
と、自分ひとりの旅を楽しむことにした。


e0095194_19483155.jpg


ウゲッ、
橋のところにハハがいる。
まだひとりで歩きたかったから、
ハハがうんと先に行くまで
紅葉の写真を撮ってるフリして時間かせぎ。

e0095194_19503249.jpg



こおろぎ橋に着いたら、
ハハも上着を脱いでベストの上にザックを背負い、
私に話しかけてきたので、
ま、いっか、と
そこからは一緒に歩いた。

e0095194_19531343.jpg

ハハ、トシコ80歳。
毎朝1時間も散歩してるので超健脚☆
ですが、濡れた山道(というか石畳)は滑るのが怖いようで歩くの遅い。
私は80歳のハハを労わることなく、
「むっちゃ歩くの遅いんですけどッ!?」と容赦ない。
やな娘だね~、まったく。


e0095194_19564687.jpg

大正ロマンを感じさせる重厚なアーチ型の石橋(パンフレット・ママ)
「黒谷橋」を歩くハハ。


私は元祖マンホール女子ですけん、
やっぱ、ここは撮っとく。
e0095194_2020428.jpg



約2時間半の紅葉トレッキングの後は
山中温泉の町並みを散歩。

ツアーの添乗員さんにすすめられた
この季節ならではの「カニ汁」。
1杯300円♪
地元の人たちが雨のなか、
テントの下で炊き出してくれました。
「こんな雨の日だからカニはムリだけどエビをたっぷり入れますね~」
e0095194_2025426.jpg



お昼は「本格手打ちそば まちや」で
大好物のにしんそば。
e0095194_2055393.jpg



最後は「ゆーゆー館」の温泉であったまって
帰路に着いた。


バイト先へのお土産は
「これしかないでしょうッ!」と
加賀名物の「娘娘(にゃあにゃあ)饅頭」。
町じゅうにこの看板があって。
黒糖あんを薄皮でくるんだ蒸し饅頭、
とっても上品でおいしくて。
翌日のバイトで持っていったら、
娘と猫を愛するシェフに大好評でした、とさ☆
[PR]
# by tinpunatabibito | 2016-11-20 20:10 | Comments(0)


(図書館で借りた)『スナフキンの名言集』より。

「どこへ、行くの?」
「そんなこと、わからないよ」
スナフキンが、答えました。
(ムーミン谷の十一月)



理想の男性は
「音楽と孤独と旅を愛するスナフキン」、、、

そんな話をしたとき、

「ちんぷさんこそスナフキンみたいじゃないですか!」


・・・・・・・って言ってくれた編集T野さん、

元気かなぁ。

ちょっこし会いたい。

あのコトバ、けっこう嬉しかったかもw
[PR]
# by tinpunatabibito | 2016-11-15 00:11 | Comments(0)


日々の階段

「次から次に新しいメニューに挑戦するよりも、
その季節が来たら定番の料理を
毎年毎年おなじように作って完成度を上げていくんです。
『そろそろあの料理が食べたいな』って
お客さんが言ってくれるようになればよしっ、て感じで」


ビストロBのシェフには
料理やお店づくりの話など
大切なことを教わっている。

昨日のまかない食べながらの話は
しみじみと
(この考えこそ、私にいちばん足りなかったことだ・・・)
と、胸に刺さった。
日々の雑多な出来事で
記憶が薄れてしまわないように
ブログに書いとこう。


私は料理の本を買うのが大好きで。
最近は節約第一主義だから
まずは図書館で借りて
(この本は家に置いときたいな・・・)と思ったら
アマゾンで中古を探して買う。
買ったときは
「この本の料理をぜんぶ作れるようになるぞっ!」
と鼻息荒くウキウキしてるくせに、
1~2品作ったら満足しちゃって、
結局、どのレシピ本も
「もう本を見なくても作れるくらい完璧♪」な境地には至らない。
結果、私はいつまでも
「得意料理」というものがひとつもない。


「ちんぷさんみたいに新しいものを次々試すのもいいけど、
毎回新しい料理を作っていたら、
いつまでたっても完成度は上がらないでしょ?」

うむ・・・・・まさに図星☆☆☆


いま、いろいろ事情もあって
ビストロA、Bのほかに
和食店3軒のバイトも増えて
1週間で5つの飲食店をかけもちで働いている。


この間バイト行く前に『週刊文春』の
伊集院静サンの悩み相談の連載を立ち読みした。
(じつは外見も含めて伊集院サン好き☆)


《アルバイトをしながらイラストレーターをしています。
最近ようやく本業の仕事が増えてきてありがたいのですが、
『ジブリっぽいイラストで』とか私の作風とはぜんぜん違う依頼も多く、
(だったら私に頼むなよッ!)と複雑な気持ちです。
そういう仕事とどう折り合いをつけていけばいいでしょうか》

そんな相談に伊集院サンは答えてた。

《芸術じゃないんだから、
来た仕事はなんでも引き受けてこなしていけばいい。
僕もそうだけど、才能ないのは“量と時間”。
人の2倍、3倍働けば、なんとかなる》

記憶が曖昧だけどだいたいそんな感じ。


5店舗かけもちの現状に
(このままでいいのだろうか・・・)って迷いも
多少はあったけど、
それを見た瞬間、
「そうそう! 才能ないやつは量と時間!」
と、スッキリした、、、、


それをシェフにざっくり話したら、
「いや~、それは意味が違うんじゃない?
僕は若い頃、先輩に言われましたよ。
お前はアホなんだから、
あれこれやろうとせずに
ひとつのことをとことん極めろって」


シェフは童話『三匹のこぶた』の末っ子のように
レンガを日々コツコツと積み上げて
揺るぎのないものを築こうとしている。
常連さんたちに愛されているお店の
ひとつひとつの料理に物語がある。


今の私がお店を開いたところで、
ワラのおうちのように
一瞬で潰れて消えてしまうのは
本人がいちばん承知しているわけで。


東京オリンピックがはじまるころ、
私のレンガの家も
美しく積み上げていたいな。


そんな気持ちで改めて
もう何度も作ってきたガトーショコラを作った。
相変わらず完成度は・・・・低い。
材料もレシピもお店とほぼ同じなので
味自体はけして悪くないと思うんだけど、
調理工程がひどすぎまして、、、

私の当面の必須課題は
「おいしいお菓子を作る」以前に
「粉やチョコなどを飛び散らかさずに
最後まで美しいキッチンのままお菓子を作る」こと(涙)。
お店でもしょっちゅう、
「こんな散らかった調理場は初めて見た!」
「なんでコックコートがチョコまみれになるんですかッ!?」
・・・・・とまぁ、
シェフに呆れられまくりで、、、
・・・・・まったく、
なんで私の調理はこんなにも
「とっちらかる」んでしょう?


まぁ、でも、とりあえずケーキは焼けたよ。

ついさっきオーブンから出した3台のうち、
2台は懐かしいトモダチに贈ろうっと。

「ちんぷなガトーショコラ」、
欲しいヒトいたら、練習台(毒見役?)で
いつでも送りますよ~w
[PR]
# by tinpunatabibito | 2016-11-14 13:49 | Comments(0)


走りたくなる音楽☆

土曜の朝は
ハハと朝ごはん食べながら、
「サワコの朝」を見てる。

毎回ゲストが
冒頭で「思い出の中で今でも輝いている曲」、
そして、
番組のシメに
「今、心に響く曲」をあげて、
その曲とともに
ゲストの過去と現在の写真とか映像が映し出される。


あのコーナーを見るたび、

絶対に出るわけもないくせにw

(私が出演するときはどの曲を選ぼうか・・・・)
って考えてしまう。
ただのアホですね。



音楽はその日そのときの気分で「NO.1」が変わるので
なんとも難しい問題ではありますが、、、、、


「マラソンするときに聴きたい音楽」

というお題ならば、
今は迷わずコレ↓↓↓




フランスのパンクバンドのBerurier Noir.

ビストロBのシェフが
フランス修業時代に買ったという2枚のCDを
お店で聴いて(おお~♪)となったので、
だいぶ前に借りて
ウォークマンにダウンロード。
最近はフルマラソンに向けての練習中に聴いてる。
あの、「パッパラ、パッパパッパ、パッパラ♪」
というリズムが
走るには最高なんだよね。


過去2回のフルマラソン(「沖縄マラソン」と「石垣島マラソン」)
で42.195kmを走らせてくれた音楽は
主にサンボマスターだった。


マラソン中に聴く音楽って、
普段は暑苦しくて騒々しすぎてめったに聴かない、
でも、聴いた瞬間、駆け出したくなるような、
そんなテンション高め音楽がいい。


大好きなノラ・ジョーンズも
マラソンには絶対不向き、
まったりしすぎて、まず走れない。


そんなわけで今日も
お昼のバイトを終えたあと、
彼らの音楽を聴きながら
近所の川沿いの道を走ってきました。


走ってる最中に見えた夕日がキレイだったなぁ。


トカラではいつも
夕暮れどきに走っていたので、
走り出すと
島のことを思い出す。

島では
水平線に沈む夕日を見ながら走ってた。


先週ようやく映画『君の名は』を観た。
あんなふうに
誰だって
さまざまな時や人たちがぐにゃぐにゃと
入り組んでいるのがジンセイ、、、なのかな?


今は料理店を5店舗かけもちバイトしていて
なかなか走る時間がないけれど、、、


どんなときも
「いま走りたいッ!」衝動を大切に
3月までにきっちり走れるヒトになってやるサ~♪
[PR]
# by tinpunatabibito | 2016-11-06 23:18 | Comments(0)


自転車がッ!

ビストロBは我が家から自転車で10分。
だから晴れた日はいつも
愛車Bのブルーノで通勤してる。
シェフがクルマを停めてる店裏の駐車場に置くのだけど、
「必ず鍵はかけたほうがいいですよ。
前に室外機とかたまたま外に置いといた鍋とかも盗まれて
このへん、けっこう物騒ですから」
前に言われてたので、
いつも青色のぶっといチェーンロックをかけていた。


雨の金曜日。

買い物に出かけたシェフが帰ってくるなり言った。

「ちんぷさん、自転車がないですよ」


「えーッ!?」


やばい盗難かッ!?

ダッシュで外に出た私と一緒にシェフも飛び出した。


ないッ!

自転車が・・・・・・・・ないッ!


とっさに考えたのは、

(あ~、うっかり鍵忘れたっけ?
室外機盗まれたって言ってたし・・・・
どうしよう! 大切な相棒が・・・・)

その数秒後、

(あれ、もしかして出勤前に寄ったコンビニに停めたまま
忘れて歩いてきちゃったかも・・・・・)


そしてさらに数秒後、、、、


「あ! 今日は雨降ってたから
歩いてきたんでしたーーーーーっ!」


自転車盗まれなくてよかったーーーーーー♪


ほんの15秒ほどの間に味わった
極度の緊迫感と、至福の安心感。


ほっとしたら、
一緒に飛び出してくれたときの
シェフの緊張した顔が蘇ってきて、
すっごくおかしくて笑い転げた。

「ちんぷさんが泣きそうな顔で飛び出すから、オレも焦って、
10代の頃バイク盗まれたときの記憶が蘇りましたよ!
あと、店で盗難保険入ってるから、
アルバイトの自転車でも保険降りるかな~、とかw」


人はほんの数秒の間に
いろんなことを考えるもんですね。


「これって、人が見たらただのコントですよね」


そのちんぷな小事件で笑い転げたおかげで
今日のバイトはとても楽しい時間になりました。


もっといっぱい笑おーっと♪
[PR]
# by tinpunatabibito | 2016-10-28 21:41 | Comments(0)


日々の朝ごはん

朝めし2
  ↓
昼めし1.5
  ↓
夕食0
  ↓
風呂上りのお酒+軽いおつまみ


最近はこういう食生活(&比率)。
夜はほぼほぼ(←一回だけ使ってみたかったw)
バイトでうちにいないから、
少なくとも朝だけはしっかりハハと一緒に
おいしいごはんを食べています。

食卓にこれでどやーーーッ! というくらい
たくさんのおかずが並ぶのが私の好みでして。



日々の朝ごはんはこんな感じです。
e0095194_11135947.jpg

e0095194_11142574.jpg

e0095194_11144623.jpg

e0095194_111594.jpg



料理人を目指す以上、
日々の食事も修業の場。
朝ごはんは夜明け前に起きて
煮物、焼き物、揚げ物、サラダ・・・・と
すべて一から手作りしています、、、


・・・・・・・・というのは真っ赤な嘘(笑)。


じつは3つめのアルバイト先は
とってもおいしいお番菜のお店。
毎日朝から職人さんが仕込んだ料理が
ずらーっとカウンターに並びます。
余った料理は翌日お店に出せないので
私たちアルバイトが
まかないとして持って帰れるんです。

詳細は伏せときますが、
どれもこれも
プロの料理はめちゃうまっ♪


毎朝、食べきれないくらいのお番菜が食卓に並んで
「この煮物、びっくりするくらいやわらかいっ!」
「こっちはお母さんの好みだわ~」
などと、ハハと感想を述べ合いながら
おいしく食べています。


おかげさまで・・・・・・・・・

ほんとうにおかげさまで・・・・・・・・


体重が5kgほど増えましたw




ほんとうにおかげさまで、、、、、、、

体脂肪率はまさかの30%超え!

ランナーなのに体脂肪率30%超って、、、、


「朝ごはんならたくさん食べても太らない」なんて
私の考えが間違ってました。


でも、食欲の秋。
定番路線のダイエットはやらないで、
「おいしいものたらふく食べて
食べたぶん、たっぷり働く(&動く)」作戦で、
肥満化を阻止しようっと☆
[PR]
# by tinpunatabibito | 2016-10-07 11:36 | Comments(0)

    

いつかどこかで「陳腐な食堂」開店予定の、51歳キッチン見習いの雑記。
by tinpunatabibito
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧