陳腐な旅人日記


初さんま事件簿〜後編〜

なんか間が空きすぎて後編より書きたいことがいろいろあるけど、
ま、とりあえず後編いこう(笑)。


火災報知器が鳴り出す前の我が家は
とても平和だった。

試しに焼いた鮭は
備長炭の香りがついて
いつもの鮭よりうんと美味しくて。

「この七輪、いくらしたの〜?」
「アマゾンで○○○円くらいかな〜?」
「けっこう安いね」
「うん。備長炭のほうが高いくらい」

そんな会話をしながら、
ハハもまんざらではない感じ。


しかし!

ウーーーー!


警報音が鳴り出してしまった‼︎

慌てて、さんまがのった七輪ごとベランダに移したら警報音は止まったけれど。

「だから、うちでこんなの使うのダメなんだよー!」

さっきまでのんびりうちわをパタパタしていたハハが豹変。

「敬老の日はこんなことしんでねー!」

それを聞いて私もムカッ!

敬老の日は一か月ぶりのお休みをもらい、
ハハとハハの弟〔私のおじさん)、いとこを
私の手料理でおもてなしする予定で
とうぜん、
七輪で焼き物もしようと考えていたんだけど、
面倒臭いのが苦手なハハは
娘の先手を打ってダメ出ししてきた!

「みんなも七輪で焼き物したら楽しいかな〜と思って買ったのにー!」
「そんなこと誰も頼んでないッ!」

ムカッ倍増ッ!


「だったら、ちゃんと魚焼けるガスコンロ買ってよっ!」
「あんたが使うまでは壊れたりしないで、ちゃんと使えてたの!」


ムカッマックス‼︎


「煙出てるから、ふすま閉めるよッ!」
「お母さん出てくから閉める必要ない!」


そんなこんなでハハは家出。
私は怒りを収めつつ、
必死で天ぷらを揚げてからバイト先に移動。


いわくアリな初さんまを食べたシェフの、
最初のコメントは

「油が乗ってない」


うーん、それは素材の問題で、
今年のさんまの良し悪しは、
私にはどうしようもないです……


「でも、ちゃんとさんまの味がします」


「さんまの炊き込みご飯にしようか迷ったんです。炊き込みなら、さんまは一尾買えばいいけど、なんかね〜、
一尾丸ごと食べたかったんです」

「そりゃそうですよ。炊き込みご飯もうまいけど、今年最初に食べるさんまが炊き込みなのは、なんか違う」


そーですよねーー!

なんか、気持ちが通じたのがすごくうれしくて。


まかない食べたあと、仕込みしながら、今日のさんまを焼くためにハハと大ゲンカした話をしたら、

「まー、どっちもどっちの痴話喧嘩だけど(笑)。
とりあえず、帰ったらお母さんに謝りなさい」

まだ怒りが消化できてない私は
「えーー、いいですよ。親子はケンカしても、知らないうちに元通りになってるもんだから」
「でも、お母さんと一緒に暮らせる日々が永遠に続くわけじゃないんですから」


それを聞いて思い出したのはチチのこと。

チチが空に旅立ったときに
いろんな悔いがあった。
ハハと喧嘩したままで
万が一ハハが事故とかに遭ったら、
また同じ後悔をすることになってしまう……


だ、か、ら。


当日はムリだったけど、
翌朝ちゃんと謝りました。

「思いっきり怒ってごめん。
お母さんも火に油を注ぐようなこと言うから。
でも、これからはあまり怒らないようにします。いや、やっぱり怒るときはちゃんと怒るけど、後でちゃんと謝るようにします」


んー、なんかへん?


オチがない、ただの長話になっちゃいました。

とりあえず、
敬老の日は、
七輪なしで、いろいろ手料理作って、
ハハの「ありがとう」をいただきましたよ。
ありがとう、は、
やっぱり最強のコトバですね〜。

[PR]
# by tinpunatabibito | 2017-09-24 22:05 | Comments(0)


初さんま事件簿〜前編〜

少し前に我が家のガスコンロの魚焼きグリルが壊れちゃって。

仕方なく、クッキングシートを敷いたフライパンで、朝食の鮭とか焼いていたんだけど。

どうにもこうにもまずい。
なんかパッサパサで。

やっぱ、魚はちゃんと焼きたい。
これから、さんまの季節ですし!

でー、
アマゾンで購入した
さんまが丸ごと焼ける七輪♪
ここは備長炭も買っときましょう♬


昨日のまかない。

☆焼きさんまと大根おろし
☆かぼちゃの直かつおぶし煮
☆季節の野菜天ぷら


いきなりさんまを焼くのはやめとこうと、
「明日の朝ごはんの鮭、七輪で焼いといてもいい? 朝からこんなことできんし」
ハハに了解もらってまずは焼き鮭.
私はまかない作りに手一杯だったから、
徹子の部屋〜やすらぎの郷の鑑賞中のハハに
「ごめん、炭火が消えない程度にうちわでパタパタしてくれる?」と頼んだ。
あまり煙が出ない七輪で、
ハハがバタバタしてくれるおかげで炭もいい感じに赤くなってきた。
この七輪で炭火焼した鮭のはしっこを食べたら、これがうまいのなんの!


では本番のさんまを焼きましょう!
居間から台所に七輪を移し、
ここはハハまかせにしないで自分で焼く。

おー!
4人分のさんまが一気に焼ける!
なかなかいい買い物したかも私♪
e0095194_23231067.jpeg

身が崩れないように慎重に裏返すと、
あら、とってもいい焼き色♬


しかし、鮭と違って、
さんまは油がポタポタ落ちるから、
炭火がどんどん炎上!
ありり、煙もすっごく出てきたやばい!

と、思うよりも早く

ウーーーーー!

火災報知器が鳴り出した!


ちんぷ危機一髪!

続きは続編で!




[PR]
# by tinpunatabibito | 2017-09-16 22:36 | Comments(0)


飲み鉄。

9月から土曜日は
新しいバイト先で朝から晩まで通し。
今朝は9時から15時まで働き、
まかないで満腹になってから休憩。
ドトールでお茶しながら読書☆
そして、16時45分から22時まで
ひたすら働いたよ。


で〜〜〜。

仕事終わりのハイボール。

私は飲み鉄なので、
それが通勤電車でも平気で飲んじゃう。
みんなスマホに夢中だからさ、
女がひとり、通勤電車でハイボール飲んでたって誰も気にもとめないし。
勤務中以外は、いつもほろ酔いでいたい。
ハイボール飲みながらの帰り道は
ただの通勤時間だけど、
ちょっとだけ旅気分になれるんです。
……なんつって(笑)。


バイト仲間と
11月までに5㎏痩せる。
痩せなかったほうが
痩せた人にごちそうするという賭けをしているんですが。
つまみは、
天ぷら手羽先いか、
世界の山ちゃん幻の手羽先風味。
がーん! 485キロカロリー!
e0095194_22511778.jpeg



[PR]
# by tinpunatabibito | 2017-09-09 22:34 | Comments(0)


お米の研ぎ方

新しいバイト先では
毎朝、3升のお米を研いでいる。
まずは、三合ぶんのレードルで10回計る。
気を抜くと「あれ、いま何回だっけ?」と、
自信がなくなってくる。
後で水を入れて炊く人が手の加減で水の量を調節するなら気が楽だけど、
同じように三合のレードルで10回計って水を入れているから、
私がお米の量を間違えたら大変☆
集中、集中……と、
気を引き締めながら、
「イチ、ニー、サン……」
声に出して計ることにしている。

お米を研ぎながら不安になる。

この研ぎ方で間違ってないよね⁈


自信がないときは、
すぐ調べよう!

出ました、スマホ学習(笑)。



なんと、
私の研ぎ方、
間違ってました!

ボウルに水を入れたまま研ぐのは
NGだなんて!
今までずっと
少量だけど水を入れてから研いでた!


早速、今朝からこのやり方でやってみます。

料理二年生、
まだまだわかってないことだらけ。
e0095194_05562704.jpeg
e0095194_05564772.jpeg


[PR]
# by tinpunatabibito | 2017-09-05 05:29 | Comments(0)


ひまわりとコウモリラン

2016年1月から働いていたビストロAを
今日のアルバイトでさよならした。

今日は週に一度のお休みだったシェフのMさんが、開店前にやってきて、
「ちんぷさんには生きてるものを餞別に贈りたかったから」
とてもステキなプレゼントをくれた。
和名ビカクシダ、流通名はコウモリラン。
説明書によると、
「鹿角形の白色綿状の葉を垂れ下げるユニークな姿の着生シダ」らしい。
「ちんぷさんはK町はじまりだったから」
私が働き始めた(今は長期休業中の)お店の近くにある花屋さんに
わざわざ注文してくれていたみたい。

なんてうれしいことだろう。

いっぱい反発したり、
生意気な発言もした私に、
最後にこんな贈り物。

感謝して
大切に育てていきます。


もう数ヶ月くらい会ってないオーナーとは
会えないままでお別れかな……と思っていたら。

なんとなんと。

姉妹店のランチを終えてから、
私が帰る直前に駆けつけてきてくれて。

「ちんぷさんはひまわり好きかなと思って」
花束を手渡ししてくれた。
男の人から花束もらうなんて、
四半世紀ぶりかも(笑)。


お疲れ様、さびしくなるね。

オーナーやMさんの内心はわからない。
でも、こんなふうに言ってもらえて
ココを去ることができてよかった。
一年と8カ月、
ほんとうにいろんな出来事があった。
ステキな人たちと出会い、
そして別れた。
これからも続く縁の人たちもいる。


ココを辞める決断をしたのはジブンだけど、
そこに至るまでの色々は
ジブンが決めたことなんてひとつもない。
人生の流れの中で、
ジブンが決められることなんてそんなにないと思う。
まったく予期しなかったアレがあって、コレがあって、もう大変。
その出来事に直面した私はこう感じて、
だから、コッチに舵をとることにした。

そうやってジブンの中で真剣に考えることや、
どんなに迷っても決断すること。
その繰り返しなんだよねぇ。


「また来たのって言われるくらい、これからはだらだらとワインを飲みにきまーす♪」

うん、その言葉を笑いながら言えてよかった。

みんなが笑いながらワインをだらだら飲める日々がいつか来る。
そう信じて明日も新しい頁をめくるのさ〜🎶
e0095194_23374032.jpeg


[PR]
# by tinpunatabibito | 2017-08-30 22:31 | Comments(0)


はるラーなんで♪

土井先生に高山先生に笠原先生に……
一人料理教室(ようは独学?)でお世話になっているテキスト(つまりレシピ本?)は
いろいろありますが。

まかないで活躍してるダントツ1位は、
この2冊。
e0095194_22061559.jpeg
「ごちそうさまがききたくて。」は
東京でひとり暮らししていた頃からの愛読書。
「いろいろせん切りサラダ」のページに
①2011.11
な〜んてメモもあるから、
たぶん、その頃買ったんだと思う。

「もう一度、ごちそうさまがききたくて。」は
ブックオフ200円のシール付き。
栗原はるみさんの本ではかなりの掘り出し物だから、迷わず買い。

この2冊でたくさんの料理を教わり、
いろんな人から
「おいしい♪」をもらったな〜。


NHK「きょうの料理」も、
はるみさんの回は必ず録画してる。


そうです。私ははるラー♪

オーガニックとかマクロビとか、
体と地球にやさしい料理もいいなと思う。
それが体質や生きる方針として
不可欠な人もいるだろうし。

ただ。
私が作りたい&食べたいのは、
普通のスーパーで買った野菜やお肉やお魚を
普通の調味料で味付けした
当たり前の家庭料理。
和食とか洋食とか中華とか
そういう垣根もいらない、
でも作る人も食べる人も
みーんな、ウキウキ笑顔になっちゃう、
そんなごはんなんです。


先日の「あさイチ」を見て気になってた本、
本日昼バイトと夜バイトの合い間に
迷わず買いました。
やっぱりはるラーなんで♪
e0095194_22295095.jpeg
最近は古本ばかりだったのに
久しぶりで新刊買ったよ。
だってそこは、はるラーだから(笑)。


これからこの本から、
いくつ「ごちそうさま♪」の言葉をきけるのか、
とっても楽しみであります♡


いつか会いたいなぁ。
栗原はるみさん♪





[PR]
# by tinpunatabibito | 2017-08-29 21:25 | Comments(0)


板前コスプレ

新しいバイト先で着替えるたび、
(板前のコスプレしてるみたい)と笑える。
ビストロでは、コックコート着ても上にエプロン着けるし、下はジブンの黒いパンツだから、
あまり違和感ないんだけどね。
この、「前略おふくろ様」みたいな格好が様になる頃には、
包丁づかいも厨房での仕事も、
今よりマシになってるかな。
e0095194_22413188.jpeg

今日は、料理長に頼まれて、
沖縄の島らっきょの皮むきをした。

「島らっきょは栽培して出荷もしてたから、
得意中の得意ですー♪」

と言ってみたものの、
料理長はあんまりピンときてなかった。
たふん、バイトのおばはんがなんかゆーとるな〜、と適当に聞き流してたんだろう。
それでいいのだよ、
都会の希薄な人間関係はね(笑)。

沖縄の島らっきょをむきながら、
このらっきょは、
どんなオバーが、
どんなキモチで収穫したのかな〜、
と、
ジブンの島暮らしと合わせて考える。
「島らっきょに関する作文を書きなさい」
そんな夏休みの宿題を出されたら、
いくらでも書ける気がするよ。
あのとき、泣きながら収穫したこと。
あのとき、冷たい水でひたすら洗ったこと。
フェリーの出航ギリギリに積んだダンボール、
あれやこれや、
まだ生々しく蘇る。


今日は久しぶりに夜バイトがお休みだったから。

こんなの作ってました。

ワインコルク人形。

画像を探すといろいろ可愛いのがありまして。
こんなの楽勝で作れるさ〜、
と、
思うようにはいかないことは
いっぱいあると、改めて気付きました、とさ。


シェフ、
おいしいステーキ焼けました〜⁈
e0095194_22405902.jpeg



[PR]
# by tinpunatabibito | 2017-08-21 18:53 | Comments(0)


明日は完璧にやる!

去年の8月20日は、
大切なものを失った日。

いまだに思い出すと苦しいけれど、
一年がんばってきたから、
明日は完璧に仕事をします。

したい、じゃなくて、します。


大好きなブルーハーツの名曲、
「リンダリンダ」を聴くたび、
闘志がわいてくるんです。

愛じゃなくても恋じゃなくても
君を離しはしない
けして負けない強い力を
僕はひとつだけ持つ


けして負けない強い力。

私にとってそれはなんだろう。


わからないけど、
私は絶対、持ってる、
そう信じて明日を生きよう。


とりゃー!

[PR]
# by tinpunatabibito | 2017-08-19 22:25 | Comments(0)


お花ピアス2つと。

今週のうれしかったこと、2つ。

ひとつは、
誕生日に出勤したビストロAで、
22歳のあやかちゃんが、
「はい、これ〜」
と、いつもの無愛想な感じでくれた
真っ赤なお花ピアス。

陳腐は、去年あたりに
もう何十年もしてなかったピアスを再開してから、というもの、
バイト疲れがたまってきたころに、
3000円前後の可愛いピアスを
とことん吟味して、
ココロがときめく一品に巡り会えたら、
迷わず買って、
ささやかな贅沢をしたぶん
勤労意欲を取り戻す………
そんな、52歳バブル組とは思えないくらい
ちいさなしあわせに満ち足りていたわけですが。

あやかちゃんが、
「ちんぷさんには絶対、赤かな〜と思って」
(※だいぶ前に真っ赤なピアスをしてたら、
あやかちゃんが可愛いと言ってくれたことがあった)

そんなこと考えながら、
プレゼントを選んでくれたキモチがうれしい。


じつは、ビストロAは
8月いっぱいで辞めることにした。
おととしの1月から
いろんなことを乗り越えてきたお店を辞める理由はいろいろあるけれど。
私が自分のワガママで辞める決断をしたことで、あやかちゃんがしんどいことになる。
彼女もそれを愚痴ってた……
というのを人づてに聞いてたから、

そーゆー複雑な心情はおいといて、
とりあえず、私が喜びそうなピアスを選んで、少ないバイト代から買ってくれた、
あやかちゃんのキモチがうれしくて。


2つめは、
本日のバイト先、ビストロBのバイト仲間で、
21歳のナホちゃんが
「3日遅れになっちゃいましたけど……」
って、いつめのナホスマイルとともにくれた
これまた可愛いお花ピアス。
うれしい手紙と一緒にいただきました。

うーーー♪

どっちのお花ピアスもプライスレス♪
しょっちゅう片耳だけなくしてしまう粗忽な陳腐ですが、
あやかちゃんのお花ピアスと、
ナホちゃんのお花ピアス。
どっちもなくしたくない宝物☆
e0095194_21352543.jpeg



そしてそして。

写真は
ビストロAの店長Nさんからいただいた
フランスのランチョンマット?
「フランスでは壁に飾ったりもするよ」と
教えてくれたから、
陳腐な部屋の壁に早速飾ってる。

手前のワインは、
ビストロBのシェフが
「ちんぷさん、これ☆
少し遅れましたが、
おいしいワイン探しときました♪」

そう言いながら手渡してくれた赤ワイン。


去年の誕生日にもらった白ワインは、
お盆に行った八ヶ岳ですぐ飲んじゃったけど、
ボトルは捨てられなくて
八ヶ岳から持ち帰って
今も陳腐な部屋にある。

お盆休みで浮かれたあと、
休み明けにミスを連発し、
「陳腐さんに夜の営業はもう任せられない」とシェフに宣告されてから、
なんとか一年。
これからもビストロBで働きたいから、
改めて気を引き締めていこう。
このうれしすぎる赤ワインは、
ほんとうに
このワインをあけたいね〜♪って
大切な日にあけましょうね。

e0095194_21501271.jpeg

[PR]
# by tinpunatabibito | 2017-08-18 21:02 | Comments(2)


スマホ学習☆

せっかくスマホにしたんだから、
通勤時間や昼バイトと夜バイトの合間に
ぼけーと、ネットサーフィンしてないで、
日々のバイトの予習復習をしながら
ブログに書くことで
52歳のうすら頭に叩き込むことにした。

第一回の本日は、、、

ビストロAで新しくなった季節のスープ、
「ガスパチョ」。

トマトの冷製スープ…、
それくらい私でも知ってる(笑)。

ウィキペディアでは、

《スペイン料理とポルトガル料理の冷製スープであり、スペインのスープでは極めて有名なもののひとつ。暑さの厳しい地方や夏に好まれる。
発祥はスペインのアンダルシア地方……》
と、ある。

ミキサーに野菜とパンとオイル、ビネガーを入れるだけでできるのか〜☆


まだ仕込みを手伝う機会がないので、
今度、一般的なレシピ探して作ってみるか。

まだまだ勉強したいけど、
夜バイトの時間なので、また次回〜!

写真は、
キッチンでも履いてる
ビルケンシュトックの弟ブランド?
タタミの靴。
合皮だから、汚れてもすぐ拭けていいのだよ。
e0095194_15585223.jpeg

[PR]
# by tinpunatabibito | 2017-08-16 08:46 | Comments(0)

    

いつかどこかで「陳腐な食堂」開店予定の、51歳キッチン見習いの雑記。
by tinpunatabibito
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧